インフルエンザ検査では鼻腔・咽頭拭い液採取を必ず算定しましょう!

D 第3部 検査

これから冬になるにつれて増えてくるのがインフルエンザの患者さんです。

内科系の病院やクリニックなら熱や咳などと高熱の症状があればインフルエンザの検査を実施するでしょう。

そんなとき忘れがちなのが鼻腔・咽頭拭い液採取です。これはインフルエンザの検査など鼻腔や咽頭を拭ったときに算定できる手技料のようなものです。

1回につき5点が算定できます。少ないような気もしますが多くを行う病院にとっては塵も積もれば山となるですね。

健診でのインフルエンザワクチン接種も忙しくなります。僕はインフルエンザの予防接種を毎年やっています。それなのに毎年インフルエンザになります…。

今日はインフルエンザ検査のおさらいをしておきましょう。

インフルエンザ検査で鼻腔・咽頭拭い液採取(5点)が算定できます。

2016年の診療報酬改定でひっそりと追加された鼻腔・咽頭拭い液採取。もうだいぶ昔のような気がしますね。

今回2018年の診療報酬改定で変更はありませんでした。

これはインフルエンザの検査で算定できますので忘れずに算定しておきましょう。5点ですが確実に算定しましょう。ちりも積もれば山となります。

医事会計システムで計算有力時に対策できるなら自動設定にしておけば算定漏れなどは算定漏れは防げます。

鼻腔・咽頭拭い液採取についてもう少し詳しく勉強しておきましょう。診療点数早見表を確認です。区分は「検査」の項目になります。Dコードは「D419-6」になります。

D419 その他の検体採取

6 鼻腔・咽頭拭い液採取 5点

どんなときに算定できるのかというと

D012感染症免疫学的検査

  • A群β溶連菌迅速試験定性
  • インフルエンザ抗原定性
  • RSウイルス抗原定性
  • マイコプラズマ抗原定性(免疫クロマト法)
  • アデノウイルス抗原定性(糞便を除く)

などがあります。詳しくは過去にも書いてあります。

鼻腔・咽頭拭い液採取を複数回実施。月2回算定は?病名はどうする?
2016年の診療報酬改定で新設された鼻腔・咽頭拭い液採取について勉強しました。新設された項目だけあって色々と情報が揃っていない状態でしたね。今日は鼻腔・咽頭拭い液採取について書いておきたいと思います。

医療事務として知っておきたい算定の注意事項

鼻腔・咽頭拭い液採取は難しい算定方法ではありませんのでそんなに注意する部分はありません。そんな中で注意しておきたいのは以下の通りです。

  • 1日1回に限り算定できる
  • 手術にあたり実施した場合は算定できない。

これくらいです。

特にインフルエンザ疑いの患者さんは最初は陰性になることも多いです。

午前中に検査して陰性だったけど午後に再来して同じ検査をしたら陽性になることも多くあります。そんな時は1日につき1回の算定になりますので午後に実施した時には算定できませんので要注意ですね。

特に医事会計システムで自動算定にしてあるとそのまま気がつかないで算定してしまうこともあります。

少なくともレセプト点検ソフトでは同日2回の算定をしていた場合にはエラーメッセージが出るように設定しておけば査定や返礼は防げます。

時間外緊急院内検査加算とインフルエンザ検査。算定できず。
時間外緊急院内検査加算とは時間外に受診した患者さんに対して検体検査を行った場合に200点を算定できる加算です。 診療時間外に検査をしたんだから特別に多くの点数を算定していいよ。ってことです。なので時間外に検体検査を行った場合には必ず算...

本日のまとめ。

ぼくは毎年ちゃんとインフルエンザ予防接種を行っているのにインフルエンザになります。これで4年くらい連続でなっています。

2月はレセプト点検の時期にインフルエンザになった時はみんなに迷惑をかけました。今年こそはかからないように手洗いうがいをしっかりと行います。

また、病院受付のマスク問題についてはいろいろな意見がありますが、ぼくは病院受付ではマスクを着用するべきだと考えています。

医療従事者の端くれとして医療事務は感染拡大を防ぐ必要もあります。無頓着にマスクを着用しないのはおすすめできません。

接遇よりは感染防止です。レセプト期間に休んだぼくが言うんだから間違いない。

【病院でマスクは禁止】医療事務や受付スタッフの場合はどうするの?
病院でマスクをする医師や看護師は多いですね。これは患者さんの顔を見ないようにしているものではなくて、感染予防の観点からマスクを着用している人がほとんどです。 11月くらいからは寒い日が続くとインフルエンザやノロウイルスの患者さんも増え...
ほんの
ほんの

レセプト点検を代わりに全部やってくれた後輩にはジュースとお菓子を買ってご機嫌を取りました。

インフルエンザになんかなるもんじゃないですね。

 

2018年診療報酬改定の参考書
診療点数早見表2018年4月版

2018年4月診療報酬改定の点数・基準・通知・事務連絡等を完全収載。
医療事務研究員ほんのオススメの算定本になります
医療事務必須の算定本。今なら2年間使用できますね。

医科診療報酬点数表 平成30年4月版

●平成30年4月改定に対応した速報版としての役割はそのままに,書籍の構成を見直し『医科点数表の実務書』に特化した内容としています。3月末の発刊予定なので,医療機関等でいち早くそして長く使用できる医科点数表です。

D 第3部 検査
フォローする
医事ラボ