一般病棟入院基本料で算定できる加算のまとめ。47項目すべて!

医科診療点数(レセプト)

一般病棟入院基本料では出来高病棟なので算定できる項目が多くあります。毎日を慌ただしく過ごしているだけじゃ知識も増えていきません。反省。

やっと落ち着いてきましたので今日はそんな一般病棟入院基本料で算定できる入院基本料等加算についてまとめてみましたので書いておきたいと思います。

一般病棟は算定できる入院基本料等加算の項目が多いので覚えるのが大変ですね

地域包括ケア病棟などの包括病棟は算定できる入院基本料等加算の項目が多くないので比較的ラクでしたが一般病棟は多いです。

条件がいろいろありますので全部を算定することはありませんが、算定できる可能性がある項目が47もあります。多いよなぁ。

こんなに細分化して加算なんかをつけるから診療報酬が難しくなるんですね。まぁいまさら極端に削減することも難しいのでしょう。

なので頑張って覚えるしかありません。

一般病棟で算定できる入院基本料等加算について

それで今日の本題です。一般病棟で算定できる入院基本料等加算は以下の47になります。診療点数早見表を確認するのであれば65ページです。

  • イ 総合入院体制加算
  • ロ 地域医療支援病院入院診療加算
  • ハ 臨床研修病院入院診療加算
  • ニ 救急医療管理加算
  • ホ 超急性期脳卒中加算
  • ヘ 妊産婦緊急搬送入院加算
  • ト 在宅患者緊急入院診療加算
  • チ 診療録管理体制加算
  • リ 医師事務作業補助体制加算
  • ヌ 急性期看護補助体制加算(7対1入院基本料又は10対1入院基本料を算定するものに限る。)
  • ル 看護職員夜間配置加算(7対1入院基本料又は10対1入院基本料を算定するものに限る。)
  • ヲ 乳幼児加算・幼児加算
  • ワ 難病等特別入院診療加算
  • カ 超重症児(者)入院診療加算・準超重症児(者)入院診療加算
  • ヨ 看護配置加算
  • タ 看護補助加算
  • レ 地域加算
  • ソ 離島加算
  • ツ 療養環境加算
  • ネ HIV感染者療養環境特別加算
  • ナ 二類感染症患者療養環境特別加算
  • ラ 重症者等療養環境特別加算
  • ム 小児療養環境特別加算
  • ウ 無菌治療室管理加算
  • ヰ 放射線治療病室管理加算
  • ノ 緩和ケア診療加算
  • オ 精神科リエゾンチーム加算
  • ク 強度行動障害入院医療管理加算
  • ヤ 重度アルコール依存症入院医療管理加算
  • マ 摂食障害入院医療管理加算
  • ケ がん拠点病院加算
  • フ 栄養サポートチーム加算
  • コ 医療安全対策加算
  • エ 感染防止対策加算
  • テ 患者サポート体制充実加算
  • ア 褥瘡ハイリスク患者ケア加算
  • サ ハイリスク妊娠管理加算
  • キ ハイリスク分娩管理加算
  • ユ 総合評価加算
  • メ 呼吸ケアチーム加算
  • ミ 後発医薬品使用体制加算
  • シ 病棟薬剤業務実施加算1
  • ヱ データ提出加算
  • ヒ 入退院支援加算(1のイ、2のイ及び3に限る。)
  • モ 認知症ケア加算
  • セ 精神疾患診療体制加算
  • ス 薬剤総合評価調整加算

多いですね…。

退院支援加算を2018年診療報酬改定で名称変更になったので退院支援加算と変更しました。

自分の働いている病院ではどのくらいの加算をとっている?

いきなり全部を知ることはできませんが、自分の働いている病院ではどのくらいの加算を算定しているか調べてみました。

僕の働いている病院では16個の入院基本料等加算を算定しています。だぶん。でも、読み解いていくと算定できそうな項目がありました。

施設基準の関係などで算定していない項目があるのはもったいないですからね。

加算をとるために大きな労力が必要なのであればいろいろと考える必要がありますが届け出をしていないだけって可能性もあります。

本日のまとめ

入院基本料等加算は数が多いので大変ですがひとつひとつ確認して算定していきたいと思います。

全部を知る必要はありませんが自分の働いている病院で算定している項目くらいは知っておいて損はないでしょう。

覚えておいたことは他の入院料を算定している病棟でも通用しますからね。とりあえずひとつひとつ焦らないでやっていくだけです。