病院職員が熱中症で労災認定。バックオフィスも28度以下にしてもいいと思う。

医療機関とは熱中症になった患者さんを受け入れて適切な治療を行う場所です。その医療機関で働く職員が熱中症になり、しかも労災認定までされたそうです。

病院のエントランスや待合室などは患者さんがいるため適切な温度にコントロールされていますが、バックオフィスと言われる職員専用エリアはとても暑いことがあります。

地震後から節電を呼びかけるようになり事務所の設定温度を28度にしている病院も多いと思います。この28度については「意味がない」とか「根拠がない」なんて言われていますね。

これは正しく解釈するのであれば室温を28度にしましょう。ということです。

エアコンの設定温度を28度にする。ということではありません。

  • ○:室温を28度にする
  • ×:エアコンの設定温度を28度にする

今日の結論としては、しっかりと温度コントロールをして熱中症対策をしましょう。エアコンの設定温度は28度以下にしても良いはずですね。という話です。

病院職員が熱中症になって労災認定されるのはやめよう。

ほんの
ほんの

今日言いたいのはここだけ!しっかりと温度コントロールと水分補給をして熱中症対策をしましょう。

病院に限らずバックオフィスはエアコンの設定温度を高めにしているところは多いです。しかも親機で病院全体をコントロールされており個別に温度を低くできないこともあります。

朝の男子更衣室なんてヒドイ環境です。駅から歩いて汗をかいた男が着替えるのにロッカー室はとても狭いので人口密度が高くなります。

28度のエアコンでは男たちの汗と湿気は対処できません。温度計を見たら余裕で32度!湿度の80%!!

廊下に出たら涼しく感じますw

事務所も暑いけど食堂(厨房)やカルテ庫も注意した方がいいのかもしれません。

病院によってデットスペースは違いますが、ぼくの働いている病院なら物品や材料を保管してある倉庫やカルテ庫は注意するべきポイントです。

あと地味に食堂も暑いです。厨房で働いているスタッフもとても暑そうです。

日常的に人がいない場所なのにエアコンをつけておく必要はありませんが、倉庫整理などを15分する。みたいな短時間でも熱中症にはなります。

短時間だからといって油断しないで注意しましょう。

大事なのはエアコンの温度ではなく室温が28度ということ。

ぼくの働いている病院の男子更衣室ではありませんが、エアコンの設定温度は28度でも28度以上の室温である可能性は十分にあります。

必ず温度計を確認して28度以上になっていないかを確認しましょう。誰かが熱中症になってからでは遅いですからね。

エアコンが壊れている。なんて最悪のパターンも想定しないといけません。夏場や冬場はエアコン業者さんの繁忙期です。修理依頼をしてもきてくれるまでに時間が必要です。

岐阜の藤掛病院の事件もありました。

患者の体温、エアコン故障後も把握 岐阜の病院5人死亡:朝日新聞デジタル
 岐阜市の「Y&M 藤掛第一病院」で高齢の入院患者5人が相次いで死亡した問題で、病院側がエアコンの故障後も患者の体温などを検査し、把握できる状態にあったことがわかった。亡くなった5人のうち4人は司法解…

ぼくも記事を書いています。

404 NOT FOUND | 医事ラボ
男性医療事務「ほんの」が日々感じたことをブログに綴っています。

本日のまとめ。熱中症の疑いがあるときはとにかく水分補給と休憩をしましょう

環境省の熱中症マニュアルは一読の価値があると思います。担当者であれば暇なときに読んでもいいかもしれません。

環境省熱中症予防情報サイト 熱中症環境保健マニュアル

熱中症の症状が発生したときは水分補給と休息を最優先でかけましょう。

仕事中の熱中症は「労働災害」 労災申請で治療費と給与補償を獲得する方法(今野晴貴) - Yahoo!ニュース
続く酷暑の中、心配されるのは「働いている人の熱中症」。実は、仕事中に発生した熱中症は「労働災害」に当たり、労災保険によって治療費や休業中の給与の補償を受けることができる。制度の仕組みを解説していこう。