病院の会計業務を担当したよ。病院経理を経験したら新しい発見がありました。

この記事は約5分で読めます。

病院の事務と言っても多くの職種があります。

  • 医事課
  • 総務課
  • 経理(財務)課
  • システム(IT)課
  • 電算課
  • 労務課
  • 人事課
  • 環境管理(設備、用度)課
  • 広報(営業)課
  • 地域連携(相談)課

などがあります。病院によって多少のいい違いはありますがこんな感じでしょう。規模が大きくなれば細分化されます。

医事課と言うのは、外来や入院の患者さんの受付や案内業務とか、診療費の計算とかが主な仕事です。

そんな中で業務ローテーションの一環で新しい職種を経験しました。それは会計担当です。会計担当とは、病院の収支を管理する部署になります。

日々の入金から年間の決算業務を行ったります。経理や財務と呼ばれている病院もあるでしょう。医事課や総務課とは毛並みが違う職場ですね。

医療事務でも経理や会計の知識があると業務に生かすことができる。

ぼくの働いている病院では業務ローテーションの一環で多くの仕事を担当します。

総合職なので医事課に配属されても経理や総務を担当します。人によってはシステムだったり地域連携と違います。

全部の部署を試すことはできませんが自分の適性が医療事務以外にもあるかもしれません。基本的には若手のうちにいくつかの部署をまわってみて戦力として育てていく感じです。

勤続年数が上がれば社内公募でローテーションを希望を出すことも可能です。

毎日行う業務 日次決算・日計表の作成について。最初の1ヶ月。

病院の入ってくるお金は様々な種類があります。

診療費・健康診断・有料室代・文書料などの直接病院のお金になるものの他に、入院時のパジャマなどのレンタル用品のお金等もあります。

診療費に関しては、患者の自己負担分以外にも保険者からも入金があります。

そして現金だけでなく、クレジットカードやデビットカードもあります。最近では電子マネーで支払う患者さんも増えてきました。

そのさまざまなお金を集計して、実際に手元に入金された金額とシステムの入金金額の差異が無いように確認するのが日々の仕事となります。

本来であれば、システムで管理している金額と入金された金額は何もしなければ一致します。でもこれがなかなか一致しないのです。

理由はいくつかあるのですが、自分の働いている病院では診療費を計算する医事課のシステムと、お会計をするレジシステムがリンクしていいない為です。

何が問題かと言うと

  • 医事課のシステムでは請求書を発行した時点で現金入金扱いとなる
  • クレジットや電子マネーで支払っていても現金入金となっている
  • 追加分の診療費等の未収分の診療費は入金されても未収のまま。
  • 外部委託している入院のレンタル品も現金は入ってくる

このような事を翌日に手作業で修正する作業が出てきます。

次は月次決算をやってみます。月次決算とレセプト点検のダブルパンチ

日次決算・日計表の作成をとりあえず出来るようなると月次決算を担当します。1カ月の数字を纏めたりする月次決算です

ほんの
ほんの

とても大変!!経理の人すごい!

  • クレジットカード等の月遅れで入金される処理
  • 介護保険分の月会計で発生した収入の処理
  • 入院患者さんの保証金の処理
  • 入院患者さんのレンタル代の処理
  • 職員(医療費控除)の診療費の処理

その他にもいろいろありましたがよく覚えてません(笑)

新しい担当になった時は企画書を通すチャンスですね。新しい仕事は多くの疑問点が出てくるものです。現状の報告や問題点をまとめて改善案を出すと生産性は大きくあがります。

それだけであいつは頑張っているな。となります。

会計担当になって2つの企画書を出しました。

  1. 会計ソフトに入力するまでのフローの改善
  2. 医事課システムとレジシステムのリンクについて

どっちも採用されるかはわかりませんが出しました。

半年毎には中間決算を行います。3月末が決算であれば9月が半期の締めですね。

日次、月次、四半期(クォーター)、半期、年間とあります。

現金主義会計と発生主義会計。発見した問題点。早速、修正していきます。

理解できないながらも進めていくうちに問題点がありました。

教えてくれた先輩には悪かったですが質問攻めです。だってわからないのですから。

上記のようにいろんな金額を合算して月次決算としてまとめます。その中で現金主義会計と発生主義会計がごちゃ混ぜになっているので計算が非常に面倒です。

税理士だか会計士と顧問契約をしているらしいのですがどうやって決算書作っているのかわかりませんが日商簿記2級程度の素人目線でも不思議な月次決算方法でした。

現金主義会計と発生主義会計については以下が詳しいです。

会計の発生主義と現金主義の違い。発生主義がよく用いられる理由【シリーズ: 経理のはなし19 初心者向け】 | 【NOC】誰も知らない教えてくれないアウトソーシングBPO
会計処理の方法としての「発生主義」と「現金主義」をご存知でしょうか。今回は、2つの会計処理の違いと、なぜ発生主義が一般的な会計処理として用いられているのかを具体例を用いながら解説します。

決算業務で発見。病院は多くの未収金があります。

基本的には戦力になりません。しかし黙って見学していたわけではありません。出来ることを出来る限り実施していました。その中で病院の未収金の多さにびっくりしました。

医療費は1割負担から3割負担ですので、患者さんから未収金でも7割から9割は回収できます。なので未収金の回収には疎いのかな。

具体的な金額は書けませんがとても大きな金額です。未収金については以下の記事もあります。

医業未収金が大変な事になっている。最早、国単位で考える時ですね。
ほんの今日は医業未収金について書いてみたいと思います。医業未収金とは、病院で回収できるハズのお金が入ってこない!困った。という状態です。病院は診療を行いその対価としてお金をいただきます。患者さんは病気やケガのため治療を受けてお金を支払います。まぁ、普通の流れでしょう。ギ...
病院の未収金を回収するため弁護士や役所と何度も話をしました。成年後見人市区町村申立について
今日は病院の未収金を回収するためにあれこれ行動した話です。病院の未収金(医業未収金)は規模が大きくなるにつれて金額も大きくなっています。患者さんが増えればそれだけ支払いができない人も増えます。救急外来があるような病院では外国人や無保険者、旅行者など未収金を回収できないで苦労しています。ぼくが働...
ほんの
ほんの

未収金を回収する方法。または、未収金を発生させない方法を発明したらすごいことになりますね!

あまり有効性があるかわかりませんが、

  • クレジットカードは未収金の発生がないので全部をクレジットにする
  • 未収金が発生する原因の時間外診療の預り金をなくす
  • 一部預り金を絶対に清算したい金額に設定する

いま思いついたので適当ですが何か手を打たないといけませんね。他の病院の事例も含めちょっと勉強してみます

本日のまとめ。

経理側の意見と医事課側の意見があります。どちらの意見も正しいと思いますが最終的には経営陣が判断する必要があります。

それが経営陣や上司の仕事ですからね。

医事課からの要望としては

  • 医事課として決算に関する業務が多い
  • 10年以上前のやり方をしている
  • 医事課システムと連携されない
  • システム内容を経理へエクセル提出している
  • 経理に不要な数字まで提出している

他にも細かい点はありますが、すりあわせていい方法が見つかるといいですね。

業務ローテーションは無用に過ごすと意味のないものになります。積極的に考えていくと面白い発見は日々あるので楽しいですね。