姉が熱中症で救急搬送!!ポカリスエットなど水分補給と空調の管理は大事ですね。

この記事は約3分で読めます。

毎年、夏になると熱中症や脱水症による救急搬送の回数が増えます。

比較的症状の軽い人から入院が必要になるケースもあります。

熱中症や脱水症は高齢者が多いですが若い人も注意は必要です。特に建物の中でも熱中症になる人もいます。体調管理は大事です。

涼しい部屋で水分補給も忘れずにしてくださいね。

熱中症や脱水症で救急搬送されるのはやっぱり高齢者が多い。

ぼくの働いている病院の地域に限らず日本全体で少子高齢化が進んでいますので必然的に人口分布は高齢者が多くなります。

そして高齢者は自分の体調の変化に鈍感になるので気がついたら熱中症となり救急搬送されることも多々あります。

こればっかりは仕方ない部分もありますが、自宅でも冷房を入れたり水分補給を行ったり未然に防ぐような努力も必要です。

例年、熱中症に関するニュースが取り上げられていますね。「水分補給をしましょう」とか「冷房の効いた部屋で休みましょう」などです。

冷房を嫌って、熱中症になるのは本末転倒ですよ。

家族や親族や近所の人が熱中症や脱水症にならないように適切にフォローしましょう。ぼくたち若い世代が現在の正しいと言われる知識を正しく教えましょう。

親だけでなく親族でもエアコン嫌いな人が少なくありません。

ぼくの母親は

冷房入れると体がダルくなるわ。

なんてよく言います。

また

くま
くま

エアコンは地球環境によくない

なんて言う人もいるでしょう。

様々な理由で冷房を敬遠する人がいます。

「冷房で体がダルくなる」のと「熱中症になって救急車で搬送される」のだったら冷房を入れるべきです。

救急車呼んで走ったらそれだけで地球環境にも影響するでしょう。

水分補給が大事です。水だけでなく塩分(ナトリウム)も一緒に補給して下さい

大塚製薬のHPに熱中症に関する内容が書いてありました。

www.otsuka.co.jp

一般的に、人は1日約2.5Lを体内から失います
(尿:約1,500ml、 不感蒸泄※:約900ml、便:約100ml)。

夏場は汗をかく分、意識して水分の摂取を心がける必要があります。 ※ 呼気や皮膚から失われる水分 水分補給として一度に大量の水を摂取すると、かえって体内の電解質バランスを崩して体調不良を引き起こしてしまいます。

飲む量は、か いた汗の量を目安にし、汗で失われる塩分(ナトリウム)もきちんと補給しましょう。

このサイトをじっくり読みましたが、

ほんの
ほんの

ポカリを飲みましょうって書いてあるような気がします。

だって大塚製薬のですからHPですからねw

ちなみにぼくはポカリ派ですが妻はアクエリアスが好みのようです。

水分補給をしましょう。

本日のまとめ。姉が熱中症で救急搬送される!!

タイトルにもある通り姉が熱中症で救急搬送されました。

状況としては、1階のリビングは冷房をつけていたそうですが2階は暑い状態でした。2階で少しの間、洗濯物をしまって(畳んで)いたら痙攣を起こしており夫が発見したそうです。

虚弱体質でもなくどちらかと言えば体力のある30代で自宅にいたのに熱中症になります

救急搬送先の病院で点滴を行い安静にして帰ってきたようです。

ほんの
ほんの

ぼくの働いている病院に搬送されませんでした…。

少しの時間でも注意が必要なんだと身内が熱中症になって改めて感じました。

皆さんも注意してください。

救急車の算定はこちら

夜間休日救急搬送医学管理料が600点に増点で平日夜間もOKです。算定方法やレセプトの注意点などのまとめ。
夜間休日救急搬送医学管理料は2018年度の診療報酬改定で大きく増点された項目です。算定要件も緩くなったので病院にとっては数少ない嬉しい改定にの一つです。B001-2-6夜間休日救急搬送医学管理料は600点が算定できます。大きな点数になりますので確実に算定していきたいですね。今日はそんな夜間休...

熱中症についてはこちら

https://ijilab.com/2019/07/07/4662/