消費税が10%になることを見越して病院内文書や通知を作成しています。

10月1日には消費税が10%になることがほぼ決定しています。

病院で働く事務員であれば

「10%は嫌だよね」

とか

「軽減税率とか意味わかんないわー」

と言いたい気持ちを抑えて病院のことも考えてみましょう。

患者さんに渡す入院案内や診断書の料金表など、多く書類が消費税8%の表記になっているはずです。

これらの書類など細かい部分に目を向けてみることが大事ですね。

病院の収入である診療報酬は消費税は関係ありませんので、初診料や検査料は増税で対応する必要はありません。

どんな方向に転がっても問題がないように今からできることを動き出しています。

今日はそんな院内文書や書類などを見直しておきましょう。という話です。

病院の診療報酬と消費税の関係性。病院は消費税を支払っているが受け取っていない

基本的なところなので簡単に書いておきますが、病院は「手術の材料」や「食事の材料」の購入時には消費税を含めた金額を支払っています。

エアコンやエレベーター、車椅子やテーブルが故障した時の修理代にも消費税は含まれていますね。

病院が何かを購入したりサービスを受けるときには消費税を支払っています。

しかし、患者さんが支払う医療費の中には消費税は含まれていません。どれだけ入院をしても検査をたくさんしても診療報酬の中には消費税という概念はありません。

つまり病院はモノを仕入れたりする時は消費税を支払うのに、サービスを提供した時には消費税を受け取っていないのです。

支払うだけ支払ってその分を受け取れないなんて損をしているように感じますね。

保険診療は非課税

詳しくは厚労省のHPに書いてあります。

消費税と診療報酬について
消費税と診療報酬についてについて紹介しています。

これを調整するために診療報酬改定があります。

患者さんから直接消費税を回収できない(しない)かわりに診療報酬を改定して医療機関に不利にならないように調整しています。

ほんの
ほんの

医療保険だけでなく介護保険も似たような仕組みとなっています。

診療報酬はどのようになるかわからないけど消費税が10%の対応が可能なものもあります

消費税10%のタイミングで診療報酬がどのようになるのか正確なことはわかりません。(大筋では決まっているでしょうが)

しかし、10%に変更するタイミングで対応可能なものも多々あります。

病院内で使用されている文書の中には8%の金額で記載されているものもたくさんあります。

  • 入院案内の中に書かれているオムツ代やパジャマ代
  • 個室など有料室の料金表
  • 書類案内に書かれている診断書の料金
  • 簡単な持ち帰り可能な材料関係
  • 診察券の再発行料金

などなど。

消費税が記載されている案内文書は思っているよりも多いです。

ほんの
ほんの

これらは今からでもチェックをして修正をしておくことが可能ですね。

上司は細かいところまで気が回らないので現場のスタッフからチェックしよう

病院によって消費税8%の表記になっている文書や案内などの種類は違います。

上司や経営陣は施設基準の届け出や消費税10%の影響による収支試算など多くの問題を抱えてピリピリしています。

多くの場合は細かいところまで気が回らない上司がほとんどでしょう。

そんな時に「仕事は上司や病院から与えられるもの」「言われたことだけをやればいいんでしょ」と受け身の姿勢のスタッフばかりだと10月1日を迎えても古い文書のままだったなんてこともあり得ます。

スタッフレベルで「モレは無いかな?」「あの書類は大丈夫?」と協力して行けるようなチームだと良いんですけどね。

ほんの
ほんの

まぁ、そのような良いチームを作るのも上司の仕事でもあるのですけどね。

本日のまとめ

あまり難しい話ではなく自発的にスタッフが動いてくれると良いチームになりますね。という話です。

細かい上司でもモレはあるものです。しっかりと現場から確認をすることで10月1日に良いスタートが出来ると良いですね。

病院の診断書が高い!そして遅い。その理由について。
病院の診断書が高いくて遅い理由について書いています。診断書などの医療文書の料金は病院によって大きな違いがあります。病院の診断書の料金は適正なのか調べてみました。そして診断書の完成に時間が必要なのかも説明がつくように書いてみました。これで遅いと言われるなら仕方ない。
病院の領収書は再発行できない?紛失時の医療費控除の対応策について
9月くらいから徐々に増えてくる問い合わせで病院の領収書を再発行して欲しいというのもがあります。確定申告の医療費控除に使うためです。 入院した患者さんや年間を通じて来院している患者さんには多いです。問い合わせのピークは12月をすぎてから2月くらいですね。高齢者にも多いです。 医療事務なら誰...
病院の6S活動で大事なポイント。患者さん視点が大事。掲示物は曲がっていない?
病院の中では様々な活動が行われています。6S活動の委員会や行事やイベントの委員会、診療に関する感染、褥瘡、栄養の委員会などがあります。サービス向上委員会なんてのもあります。 病院によって違いはありますがどんな病院でも多くの委員会や活動が行われています。そんな中で6Sや5Sなどと呼ばれる整理整頓...