2018年診療報酬改定対応

E 第4部 画像診断

時間外緊急院内画像診断加算と他の医療機関で撮影したフィルム等についての診断料

時間外緊急院内画像診断加算についてはあまり書くことはありません。 これは時間外(休日や夜間)にレントゲンなどの画像診断を実施した時に110点を算定できるものです。 僕の働いている病院のレセコン(医事コン)では時間外(休日や夜間)...
D 第3部 検査

内視鏡写真診断70点は再診時には算定できない!初診時に算定可能です。

またまた社会保険支払基金のオリジナル査定にやられました。(2018年の診療報酬改定で正式に明文化されました。) 今回は他医療機関から紹介状と一緒に持参した内視鏡写真の診断料70点が査定になりました。 この患者さんは僕が働いている...
K 第10部 手術

K920輸血の1回目と2回目について。保存血液輸血の算定方法。

後輩から保存的輸血が1回目なのに800点になる理由がわからないので教えてください。と困った顔で言ってきました。 僕も最初のころに疑問だったので同じ道を通っていると思いビックリしました。 診療点数早見表の書き方は少々癖があります。...
G 第6部 注射

精密持続点滴注射加算を算定したよ。緩徐に注入するってなんだ?対象薬剤について

病棟業務もだいぶ慣れてきました。今日はよくわからないまま算定していた精密持続点滴注射加算について勉強しました。病棟では点滴で加療している患者さんが多いです。 点滴のコスト伝票にはどんな方法でその薬剤を使用したかなんて書いていません。な...
F 第5部 投薬

特定疾患処方管理加算の算定について

今月の査定分析をしていると特定疾患処方管理加算に関する査定があり外来レセプト担当者から質問がありました。 特定疾患に関する処方箋料は2つの加算があるので混乱してしまったみたいです。 なので今日は特定疾患処方管理加算について書いて...
F 第5部 投薬

一般名処方加算の算定について。先発医薬品のない後発医薬品。

一般名処方加算の算定は簡単なようですが奥深いですよね。 ぼくは一般名処方加算を算定にするにあたり「先発医薬品のない後発医薬品」なんて書いてあってもよくわかりませんでした。そもそも一般名処方ってなんなのさ!って感じ。 今日はそんな...
医科診療点数(レセプト)

【2018診療報酬改定】後発医薬品使用体制加算を算定したよ。

僕の働いている病院ではまだ後発医薬品使用体制加算(入院初日)の算定をしていないんですよ。 僕のざっくりとした算出だと算定可能だと思ったのでなんで算定していないのか確認をしました。 今日は後発医薬品使用体制加算(入院初日)を算定す...
医科診療点数(レセプト)

【入院期間の計算】入院の初回と再入院の考え方。多くは初回だよね?

入院担当をしていると困るのが入院期間の計算についてですよね。急性期病棟であれば再入院してくるような患者さんは多くないかもしれませんが地域包括ケア病棟などでは再入院してくる患者さんも多くいます。 入院期間の計算における「初回」という言葉...
医科診療点数(レセプト)

【入院中に他院受診】入院料は減算か自費。レセプトの記載はどうする

医療事務をやっていて困ることの一つに入院中に他院へ受診をする患者さんがいることがあげられます。 現在の診療報酬では患者さんは入院しているのだから他の病院に行く必要はないよね?入院している病院に医師がいるでしょ。他の病院に行くのであれば...
D 第3部 検査

尿中一般検査と尿沈渣(鏡検法)。染色標本加算などについてのまとめ

医療事務あるあるだと勝手に思っているのですが、スクリーニング的な検査にもかかわらず病名が必要な検査っていくつかありますよね? 基本的にはスクリーニング検査については病名は不要だと考えているんですけど。スクリーニング検査の中でも病名がも...
J 第9部 処置

ギプスの半肢とは?上肢・下肢の範囲について。四肢とは?

診療費を計算をする時にギプスの考え方が担当者によって違うのは病院として問題ですね。Aさんは半肢と考えていたのに、Bさんは一肢になる。 なんてことが無いように医事課として共通認識をもっておくことは大事です。 そしてギプスは大きさに...
D 第3部 検査

心臓超音波検査(心エコー)と心電図の同日併算定について

心臓超音波検査(心エコー)と心電図について書いておきます。 医療事務の勉強をしたことがある人の中には心臓超音波検査(心エコー)と心電図の同日併算定はNGだと思っている人がいます。 確かに心臓超音波検査(心エコー)の通則の中に心電...
第1章 基本診療料

A245データ提出加算を算定したよ。地域包括ケア病棟での話。

今日は地域包括ケア病棟入院料で追加で算定できるA245データ提出加算について書いてみたいと思います。データ提出加算って簡単なようで意外と奥が深いんですよ。 A245データ提出加算は地域包括ケア病棟入院料と併算定が可能です。 地域包括ケア...
医科診療点数(レセプト)

短期滞在手術等基本料3を地域包括ケア病棟で算定したよ。対象手術について。

短期滞在手術等基本料3を算定するにあたりいろいろと勉強しました。 どこの病棟でも算定していいの?普通に出来高で算定したほうがいいんじゃないの?など感じたこともありますので今日は短期滞在手術等基本料3について書いてみたいと思います。 ...
E 第4部 画像診断

大腸CT撮影検査(3D-CT)の算定要件。保険適用はどうなるの?

大腸検査に新しい方法が可能になりました。大腸CT撮影です。3DCTなんて言われています。新機種が導入されました。大腸CT撮影検査(3D-CT)可能にな最新機種です。 新しい機会が導入されるってことは新しい算定方法がはじまるってことです...
医科診療点数(レセプト)

地域包括ケア病棟の除外薬剤。別に算定可能な薬剤一覧はこれだ!

地域包括ケア病棟ではどれだけ投薬をしても入院料に含まれるので患者さんの負担はありません。 例えば骨折して地域包括ケア病棟入院中に処方される湿布などの痛み止めなどはもちろんのこと、入院中に花粉症の薬を処方しても入院料に含まれます。 ...
医科診療点数(レセプト)

地域包括ケア病棟で60日を超えた時は特別入院基本料になります。

地域包括ケア病棟入院料の算定する上限は60日になります。なので患者さんが入院してから退院するまでの上限60日の間に退院先をはっきりさせておく必要があります。 しかし、中には退院先が決まらなかったり退院直前に病気が再発してしまったりと様...
K 第10部 手術

K070ガングリオン摘出術でN000病理組織標本作製(T-M)は査定です。

K070ガングリオン摘出術でN000病理組織標本作製(T-M)を算定すると査定対象です。これはもう医学的に判断すればどうしようもない事実になります。くやしいけど。 今日はそんなガングリオン摘出術で病理組織標本作製(T-M)を算定すると...
E 第4部 画像診断

レントゲン撮影(X線・X-P)のレセプト病名。査定が意外と多い。

レントゲン撮影(X線・X-P)って基本ですけど意外と奥が深いです。 ぼくは医療事務なのでレセプトを通して病院の利益に貢献する必要がありますが、レントゲン撮影(X線・X-P)は思っている以上に査定が多くないですか?ぼくの働いている病院だ...
D 第3部 検査

胃カメラの算定とレセプト病名等のまとめ。EF上部消化管内視鏡検査

胃カメラの検査については手技だけでなく薬剤だったり加算があるので算定が難しい項目の一つですね。EF上部消化管内視鏡検査と胃カメラ検査は同じことです。 EF上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)については外来診療でも多く実施するので算定する回...