ニュースとか医療雑学

病院の受付時間を延長したけど収益は変わらない。仕事時間が増えるだけ。

患者数の削減を食い止めるために病院の受付時間を延長したら良いのではないか。と言うアホみたいな本当の話が会議で議論されて、結果的に夕方診療がスタートしました。 受付時間が夜間まで延長。 最初、経営会議だか理事会で受付時間延長の話が出ていると聞いた時に「これはまずいな」と感じました。そもそもの議論は...
2020.11.29
医療事務の働き方

医療事務のエクセル。まわりの能力が低くてびっくりした話。基本的なPCスキルはあった方が良いよね。

医療事務のエクセル能力が低くてびっくりした話です。 医療事務に限らず多くの医療機関で働く人の多くは全体的にパソコンスキルが低いです。全員がパソコンスキルが低いとは言いませんが高い事務員はとても少ないでしょう。 業務でエクセルを使うことは結構ありますね。事務系の仕事をしている人はエクセルやワードの...
2020.11.28
C第2部 在宅診療

在宅自己注射指導管理料(フォルテオ)が返戻だったよ。

なんと。在宅自己注射指導管理料(フォルテオ)が返戻でした。返戻はときどきビックリするようなものがありますよね。 査定もですけれど。 まぁ、査定でも返戻でも、病院側に非があるような「こちらが仕方ないな」「こっちのミスだな」と言うものだったら問題ないのですが。 今回はそんなフォルテオや在宅自己注射...
2020.11.26
E第4部 画像診断

MRIに必要なレセプト病名と査定返戻について。初診時は特に注意!

MRIが査定になりました。 かなしい。 MRIに限らずCTやレントゲンなど画像撮影は査定へ返戻が多くなる傾向がありますよね? これは医学的判断というグレーな理由が多用できるからだと考えています。 病院としてはMRIの査定や返戻は点数も高いのでできることなら避けたいですね。査定率などにも大きく...
2020.11.25
C第2部 在宅診療

エンブレルの算定方法。院内で実施した時と在宅自己注射指導管理料の違い。リウマチ科の医師変更!

リウマチ科の医師が交代になりました。 新しい医師が着任すると医療事務は病院内のルール(電子カルテなどの入力方法・外来診療の流れなど)を説明する必要があります。 医師が変わると診療内容も変更になります。 処方する薬剤もパターンが変更になるので医事会計システムのマスタを修正したりする必要もあります...
2020.11.24
医療事務の働き方

カルテを一つ一つ確認してレセプトを作成しなきゃいけないってホント?

先輩や上司からカルテをひとつひとつ確認してレセプト点検をしなさい!と言われたことがあるのはぼくだけではないでしょう。 ぼくの長いこと医療事務としてレセプト点検をしてきたので先輩や上司の言いたいことはわかるんですけどね。 まぁ決まり文句みたいなものです。 個人的には「レセプト点検なんて気合いをい...
2020.11.23
医療事務についてアレコレ

【上司が降職】医療事務の人事異動。各々に適したポジションが良いですね

医事課の人事が発表されました。タイトルにもある通り上司が降職です。降職ってなかなかあることじゃないのでびっくりしました。降職にはもちろん理由があります。今日はそんな降職について考えることがありましたので書いてみたいと思います。
2020.11.19
ニュースとか医療雑学

大手医療法人の一覧。民間系の病院グループをまとめました。

医療機関はビジネスモデルが病院経営になります。 この病院経営というのは診療報酬が主たる収入源になります。査定や返戻が無いように医療事務は必死にレセプト点検をしますね。 そして病院は人件費率がとても高いです。典型的な労働集約型のビジネスです。医師や看護師が施設基準などで必要数が定められております。 と...
2020.11.18
医療事務の働き方

公務員の仕事方法が生産性のカケラも無かったので反面教師にする。

病院で働いていると役所と連携をする機会があります。 保険証などの基本的なところから、消防などの防災関連や食中毒や結核など保健所関係など多岐に渡ります。 全部の公務員が悪いなんて思いませんが、先日やりとりした件はとても非効率的なものでしたのでここに書いておきます。 個人的にはムダだなー。 仕事...
2020.11.17
医療事務の働き方

医療事務の将来性。多くの仕事は不要になるのでどうするか考えよう。

医療事務の将来性。現在の医療事務について将来は不要になると考えています。労力コストに対し利益が伴っていません。インターネットがますます発展して人工知能も進化し人は減っていきます。いままでと同じようにやるなんて無理です。このまま何も考えないで仕事をしているとダメですよ。気がついたら出来る仕事ありませんって話です。
2020.11.16