E 第4部 画像診断

PETCTやPETMRIの保険算定できる適応病名とレセプトの注意事項

PETCTやPETMRIは保険算定するためにルールが決められている画像診断になります。適応病名やレセプトでの注意するべきポイントがあります。 ちなみに保険算定が認められるようになったのは平成22年の診療報酬改定からです。なのでぼくが医...
ニュースとか医療雑学

年間3900円(月325円)でお得なアマゾンプライムのメリットとデメリット。

アマゾンプライムというサービスをご存知でしょうか?僕はかれこれ4年以上利用しています。最初は配送が早く届くだけのサービスだったのに今やあれもこれもお得すぎるサービスになっています。 とにかくこれだけの事が出来て月額325円は破格過ぎる...
ニュースとか医療雑学

病院の受付時間を延長したけど収益は変わらない。仕事時間が増えるだけ。

患者数の削減を食い止めるために病院の受付時間を延長したら良いのではないか。と言うアホみたいな話があって結果的に夕方診療がスタートしました。受付時間が夜間まで延長。 最初、経営会議だか理事会で受付時間延長の話が出ていると聞いた時に「これ...
医科診療点数(レセプト)

オンライン診療料の見直しがスタート!算定している病院が少ないって事ですね。

面白いニュースがありました。ツイッターで先日つぶやいたオンライン診療料の見直しについてです。ニュースではオンライン診療拡大へ!なんて書いてありましたがこれは語弊ですね。 オンライン診療料を算定している病院はほとんどありませんから。 ...
L 第11部 麻酔

全身麻酔の算定方法。レセプトで注意したい「L008マスク又は気管内挿管による閉鎖循環式全身麻酔」

全身麻酔の算定は思っている以上に難しいですよね。細かい部分が多いので本当はもっと多くの点数を算定できた!とか、病名の見落としで査定になってしまった!!なんてことも多いです。 全身麻酔の正式名称は「マスク又は気管内挿管による閉鎖循環式全...
I 第8部 精神科専門療法

精神科を標榜していないけど算定可能な精神科専門療法の3項目について

精神科専門療法は精神科と名前が付いているくらいなので基本的には精神科を標榜している病院でしか算定する事は出来ません。 診療報酬の区分は第8部になります。コードは「I」アイになります。 しかし3つだけは精神科を標榜していなくても算...
J 第9部 処置

皮膚科軟膏処置(J053)の査定が多いのでレセプト点検と病名に要注意ですね。

皮膚科軟膏処置の算定はしていますか。処置の区分は創傷処置をはじめ医学的判断を多用できるので査定が多いですね。皮膚科軟膏処置もなかなか査定の多い処置の項目ではないでしょうか。 なので今日はそんな皮膚科軟膏処置について査定対策方法を書いて...
ニュースとか医療雑学

診療単価アップをするために必要なこと。医療事務でも医業利益に貢献できる?

ぼくやみんなが毎月決まった日に給料日としてお金が入ってくるのは病院が安定した経営を行なっている結果、従業員にお金を払うことができているからですよね。お金がなかったら従業員に給与を支払うこともできません。 あたりまえですね。倒産していく...
医療事務の働き方

病院の忘年会シーズンですね。男性医療事務は参加する方がいいと思う。

そろそろ忘年会のシーズンですね。ぼくが働いている病院でも忘年会が実施されます。医事課の忘年会もあれば病院全体の忘年会もあります。12月はそのほかにも子供関係・自治会・習い事・友人。などなど多くの忘年会があります。 それに加えて年末年始...
D 第3部 検査

D007-20ケトン体分画が査定!糖尿病性ケトーシスと糖尿病性ケトアシドーシス。

糖尿病の患者さんに実施する検査でD007-20ケトン体分画というものがあります。これが査定になりました。くやしい。 内容としてはヘモグロビンA1cとケトン体分画を同日算定した場合にケトン体分画の査定になるようです。 社会保険支払...
医療事務の転職

30代男性の中堅医療事務が使用した転職サイトについて。

30代となり今後の医療事務人生についていろいろと考えることも増えてきました。ぼくはそれなりに多くの転職をしているので転職サイトなどはずっと登録をしていて良い求人がないかを常にチェックしているタイプの人間です。 そして医療事務としてもそ...
ニュースとか医療雑学

利用者減少中。病院の社員食堂についてメリットとデメリット。

仕事をする上で楽しみはお昼の食事時間だけじゃないですか?それ以外は早く帰りたいなーとかみんな考えていますよね。 毎日病院の売店やコンビニのパンやお弁当でも良いですが、できることなら美味しいランチを食べて楽しみたいのが人情ってものです。...
医療事務の働き方

医療事務は病院の基盤を支える大事な仕事です。

医療事務や病院事務の外部研修に参加しています。そんな中で講師の方が言ったセリフがあります。 「医療事務や病院事務は病院の基盤を支える大事な仕事です。その大事な部分を皆さんが支えていかなくてはいけません。しっかり算定方法を学んでより良い...
医療事務的コラム

【中止】医療事務資格の参考書問題をDM質問はやめた方がいいですね

ブログやツイッターの露出が多くなると多くの質問や問い合わせがあります。以前は連絡先にメールアドレスも記載していましたが、ぼくには扱いきれないような重い悩みなども入ってくるようになりツイッターのDMのみにしました。 2000文字の悩み相...
医科診療点数(レセプト)

急性期患者支援病床初期加算と在宅患者支援病床初期加算の算定について。

地域包括ケア病棟入院料の数少ない加算項目の中に急性期患者支援病床初期加算と在宅患者支援病床初期加算があります。 急性期患者支援病床初期加算と在宅患者支援病床初期加算は簡単に書いておくと自宅等や急性期病棟から地域包括ケア病棟に入院してき...
医療事務の働き方

医療事務の経験年数。6年間少しの努力を継続して大きな差になりますね

医療事務の経験年数が6年以上の人が対象の外部研修に参加しています。名目としては入社後5年目以降の人に対し「今後の核となる人材」「次世代リーダーの役割」「リーダーとしての意識改革」みたいなたいそうな言葉が並んでいます。 最初に結論を書い...
医科診療点数(レセプト)

妊婦加算の算定はいつから可能?妊娠加算なんて言われていますね。

妊婦加算を算定していますか。2018年(平成30年)診療報酬改定でスタートした新制度ですがイマイチ評判は良くないみたいですね。 妊婦さんは通常の患者さんより診察も処方の注意が必要なことから報酬を高く設定した改定です。 この背景は...
ニュースとか医療雑学

セルフメディケーション税制の説明を病院受付でもできた方がいいですね

セルフメディケーション節税は平成29年からスタートした税制です。医療費に関する節税としては医療費控除が有名ですね。セルフメディケーション節税と言うくらいなので節税になるものでなんですけどイマイチ理解していない医療事務も多いのですね。 ...
医療事務の転職

【実録】医療事務から医療事務へ転職した僕がやったことを書いておく

医療事務から医療事務に転職する人はそれなりに多いハズなんですけど情報はあまり多くないです。なのでみんな不安になりながら転職活動をしているのが現状ではないでしょうか。 そもそも他の病院も同じでしょう?自分の実力で転職して大丈夫?などの不...
医療事務の働き方

誰にでも出来ることを高いレベルでやれば信頼度に差がついてきますね

職場の中で同じようなことを言っているにも関わらず好意的に受け止めてもらえる人もいれば否定的受け止められる人もいます。誰でも体験している事でしょう。 これは普段の仕事から積み重ねてきた信頼度の差になります。 どこの誰だかわからない...