B第1部 医学管理等

外来栄養食事指導料のレセプト病名。対象疾患や特別食などの算定要件についてのまとめ

外来栄養食事指導料の算定についてまとめてみました。 ぼくの働いている病院でも外来栄養食事指導料の算定をしています。 2020年診療報酬改定で外来栄養食事指導料は大きな変化がありました。2016年の改定では算定が容易になりましたが今回もクリニックなどで算定が可能になったり間口が広がりました。 医...
2020.05.28
ニュースとか医療雑学

【病院の防災訓練】消防訓練や避難訓練との違いは?シナリオは必要?

病院の防災訓練を行いました。 防災訓練は毎回レセプト点検などのある月初の忙しい時期に行います。これは月初に運営会議など重要な会議があるので「役職者が本部にいるため」という内部事情があります…。 病院では消防法により年2回消防訓練を実施することが義務付けられています。災害発生時に現場で混乱しないよ...
2020.05.27
C第2部 在宅診療

在宅自己注射指導管理料を同月内に他院で算定していたら。

今月の査定情報を確認していたら「C101在宅自己注射指導管理料」がありました。 在宅自己注射指導管理料は高点数なので査定があると大きいです。くやしい!! 在宅自己注射指導管理料とは言葉の通り自分で注射を行っている患者さんに対する指導をすることで得られる算定になります。 なので患者さんの中には自...
2020.05.26
K第10部 手術

創傷処理における麻酔(キシロカイン等)は必須ですね。レセプト情報。

今日は創傷処理における麻酔の必要性について書いておきます。 そもそも創傷処理とは、切・刺・割創又は挫創に対して切除、結紮又は縫合(ステープラーによる縫合を含む。)を行う場合のことを言います。 結構幅が広い算定方法になり外科で多く算定する項目です。 今月のレセプト点検はいかがでしたか?ぼくはいろ...
2020.05.25
L第11部 麻酔

4日目以降の算定はレセプト査定。硬膜外麻酔後における局所麻酔剤の持続的注入。

手術を行う患者さんは手術後も手術部の疼痛管理として硬膜外麻酔を実施することが多くあります。急性期病棟など手術を多く算定する病院は多く算定しているでしょう。 そんな中、硬膜外麻酔後における局所麻酔剤の持続的注入の査定がありました。 調べてみると他の病院(都道府県)でも同じような査定があるみたいです...
2020.05.24
医科診療点数(レセプト)

救急医療管理加算のコメントなどレセプト記載方法について。査定対策

今回は救急医療管理加算について書いてみましょう。 救急医療管理加算とは救急車で搬送された患者さんに対して特に救急な対応した場合を評価した加算になります。 救急車で病院に来るくらいなので重症な場合はそれだけ大変だろう。ならば急な患者さん対応したら点数はあげよう。 ということです。 この救急医療管理...
2020.05.23
医療事務についてアレコレ

医療事務未経験で合格する面接方法。採用面接官がこっそり教えます。

採用担当として100人以上と面接をしてきました。書類選考だけなら3倍の履歴書や職務経歴書を見てきました。その中には、医療事務で未経験可の募集はとても少なくなります。採用面接官の経験をもとに医療事務未経験だけど合格する面接方法を書いておきます。
2020.05.22
医療事務についてアレコレ

医療事務の面接で「何か質問はありますか」と聞かれたら確認したいこと

医療事務の面接にかかわらず多くの採用面接では最後の方に面接官から「何か質問はありますか」的な、 なんでも聞いていいんだぜ!さぁ聞いたらいい。カモン!! みたいな時間があります。 その時にしっかりと質問してくる人はやっぱり面接官としての印象は良くなりますね。 しかし中には(緊張し...
2020.05.21
医療事務の働き方

医事課の業務マニュアル?それ本当に意味ありますか。目的を考えよう。

上司の指示で様々なマニュアルを整備する計画がスタートしました。 病院に限らずどんな職場でもマニュアルがあります。職務マニュアルを読めばどんな仕事もできるようになるのが理想です。 マニュアルがなければ各スタッフが好き勝手に作業をしてしまい会社や組織が機能不全になります。 でもね、そのマニュアルっ...
2020.05.20
医療事務的コラム

病院の未収金を回収するため弁護士や役所と何度も話をしました。成年後見人市区町村申立について

今日は病院の未収金を回収するために行動した話です。 病院の未収金(医業未収金)は規模が大きくなるにつれて金額も大きくなっています。患者さんが増えればそれだけ支払いができない人も増えます。 救急外来があるような病院では外国人や無保険者、旅行者など未収金を回収できないで苦労しています。 ぼくが働いている...
2020.05.19