【仕事のアウトプット】どのレベルで結果を出すのか考えよう。

この記事は約5分で読めます。

みなさん仕事で成果を出していますか?

大事なのは、

ほんの
ほんの

どれだけ頑張ったかではなく、どれだけ結果つながったのか。

なんですよね。

  1. レセプト点検で10時間残業して頑張った人が1000点の査定
  2. レセプト点検で残業をしないで帰ってた人が500点の査定

この場合は2番の人が評価されるべきですね。残業代というコストも発生させず、査定という減点が少ないのですから。

で今日は仕事のアウトプットには大きな差があるよなー。

と新人教育をしていて感じていたところベンチャー支援家KのVoicyでとてもわかりやすい説明がありましたので紹介しておきます。

仕事のアウトプットにはランクがある話(2019年8月5日放送)/ Voicy - 今日を彩るボイスメディア
ベンチャーニュースで言いたい放題! ベンチャー支援家兼投資家。 Voicy社長に頼まれ、匿名だからこそベンチャーニュースに辛口で切り込むコンテンツを提供します。 世の中に価値を生む、武士道のある事業が好き。 ベンチャーニュースのキャッチアップから裏話まで! コメント欄でリスナーと語るコミュニティ番組 秘密結社K...

仕事のアウトプットには8ランクあります。

SS、S、A、B、C、D、E、F。

Fランクは失敗。Failure。このランクはダメだよ。と言われるので問題外。

世の中の大半に人はDランクかEランクとなります。ここはグサッときた部分です。

思っているよりも相当低い部分にいるのが経営者の考え方なんだなと感じました。

やっぱ、経営者とか仕事のできる人はそもそもの考え方が違うんだよなぁ。

それではいってみましょう!

ボイシー内ではカレーに例えて話していましたが、医事ラボらしく医療事務で考えてみたいと思います。

Fランク

不合格。Failure。ここは論外。

ちゃんと仕事をしましょう。

Eランク

世の中の人が考える普通。世の中の大半に人はこの部分になります

言われたことを言われた通りにするだけの人。全体の7割になります。

受付に立っていてと言われたら何も考えず受付に立っている人。先輩や上司から受付対応をしてと言われたから受付で患者さん対応をしているだけ。

Dランク

どうしたらいいですか。とHowを聞いてから行動する人。最低限やり方を聞いてから行動するので最低限のニーズには答えてくれる人です。

患者さんの流れを早くするのか、困っている患者さんに対応するのか、新人の補佐をするのか。など言われたことに対してどうしたらいいのか聞いてくる。

これでDランクです。

世の中の大半がDランク以下になります。人事考課でB評価になる人はこの部分です

Cランク

目的を認識している。

受付に立つことでやるべきことを把握している。混雑していたら対応をする。困っていたら助ける。

ニーズを満たしてベルトなアウトプットを満たす人ですね。

Bランク

「なぜ」必要なのかイメージできる。知り得ない回答を出せる。

受付に立つのはなんでかな?混雑しているから?それなら自分がマンパワーで解決するよりも他の人が適任かもしれない。

上司や先輩が考えていた答えよりも上の答えを提供できる。

Aランク

行動パターンを把握している。頼まれる前からニーズを満たしてくれる。

そろそろ混雑する時間ですよね。混雑して大渋滞になる前に適切に処理すれば少しは緩和できるよ。

タスクのニーズから探してくれる人。

世の中の仕事ができるよね。って人がこのあたりになります。自分の頭で考えて最適な答えを自分で出すことができる人。

Sランク

Aランクでアウトプットのレベルとしては十分なのですがさらに上の領域があります。

Sランクとは任される人。上司や先輩よりもその部分においては仕事のできる人。受付混雑してくる対応は任せるわ。

新人の教育スケジュールは任せるから一人前に育ててくれよな。って感じです。

今までのアウトプットの積み重ねがあり信頼を得られている状態です。

SSランク

常時任されている人。社長の影武者。優秀なブレーン。

今日の受付混雑しているから任せるわ。今回の新人補佐は任せるね。といった1回や部分的に任されるところから常時になっている人。

受付まわりのことなら任せる。入ってくる新人の教育は全部頼むわ。といった感じです。

難しいのは結果的にはEランクと同じになることもある。

給料を上げたいのであればAランクのアウトプットを続けてSランクやSSランクになることです。

また単発の仕事の依頼に対して自分の仕事はどのアウトプットランクであるのか考えて行動することです。

上司や先輩が「会議の資料プリントしてくれる?」と依頼された時に何も考えずプリントをするEランクなのか、サイズやカラーやホチキスを把握しているCランクなのか、会議あるから印刷しとこう。人数は6人だよなとあらかじめ行動するAランク。みたいな感じです。

ほんの
ほんの

ここで難しいのは最終的な結果はEランクと同じになることも多々あるということです。

メチャクチャ考えて行動しても、言われた通りに動いた時と同じような結果になることは多々あります。受付に立つこともコピーを取ることも。

ならばEランクでいいんじゃない。と考える人が多いこともわかります。

本日のまとめ。

仕事のアウトプットにはFランクからSSランクまであるという話でした。

そして世の中の大半はEランクかDランクに該当します。SSランクまであることを考えると最低限の合格ラインであるEランクでも低レベルだとわかりますね。

そして職場で文句や不平不満を言う人は大抵Dランク以下の人です。

上のレベルで働いている人は事実がたくさんあることを知っている人なので基本的に謙虚になります。SSランクが多くなってくると部分的には上司や先輩を操縦できるようになります。

人事評価とはDランク以下の人の生産性を高めて奮起させるためのものです。大手外食チェーンなどはとても優れているでしょう。バイトリーダーとか意味不明なはずなのに時給がみんなより30円高いからといって働かされているのです。

自分が仕事をするならどのランクでアウトプットをしていくのか、そして上司や先輩がどのレベルのアウトプットを求めているのか把握しておくといいですね。

ぼくは自主的にBランクを狙ってやっています。

でも前の病院のように120%の能力を使って病院を良くしていこう。とは考えることはありません。

イメージとしては75%くらい。5段階評価で4くらい。中位グループの上位くらい。

医療事務の目標について。無理に上を目指す必要は無いですね。心境の変化。
医療事務として、と言うよりは自分の心境の変化かもしれません。ぼくは30歳前くらいで医療事務に転職をして5年ちょっとの経験を積んで次の病院に転職しました。現在の病院に転職するタイミングで今後の人生における「会社」と「自分」の関係性などを考えていたのですが、このタイミングで整理ができた気がするので文...

これが10年後どのようになるかはわかりません。

ただ自分で意識的にBランクのアウトプットなんだ。とわかっているのは強みだと考えています。そしてどうしたらAランクのアウトプットなのかもわかるようにしています。

今日は仕事のアウトプットについてわかりやすいボイシーがあったので紹介も兼ねてブログに書いてみました。

移動中など聞いています。

ボイシーが楽しい!!運転中によく聞いています。音声効果は思っている以上にいいですよ。細切れ時間の有効活用方法。
仕事で運転する時にボイシーを聞いています。ぼくの仕事は運転手ではないので長距離を運転することはありませんので時間にして30分くらいが多いです。今まではスマホで音楽を再生したり、その時に流れているラジオを聞いて時間をつぶしていました。しかし運