ijilab

医科診療点数(レセプト)

急性期患者支援病床初期加算と在宅患者支援病床初期加算の算定について。

地域包括ケア病棟入院料の数少ない加算項目の中に急性期患者支援病床初期加算と在宅患者支援病床初期加算があります。 急性期患者支援病床初期加算と在宅患者支援病床初期加算は簡単に書いておくと自宅等や急性期病棟から地域包括ケア病棟に入院してき...
医療事務の働き方

医療事務の経験年数。6年間少しの努力を継続して大きな差になりますね

医療事務の経験年数が6年以上の人が対象の外部研修に参加しています。名目としては入社後5年目以降の人に対し「今後の核となる人材」「次世代リーダーの役割」「リーダーとしての意識改革」みたいなたいそうな言葉が並んでいます。 最初に結論を書い...
医科診療点数(レセプト)

妊婦加算の算定はいつから可能?妊娠加算なんて言われていますね。

妊婦加算を算定していますか。2018年(平成30年)診療報酬改定でスタートした新制度ですがイマイチ評判は良くないみたいですね。 妊婦さんは通常の患者さんより診察も処方の注意が必要なことから報酬を高く設定した改定です。 この背景は...
ニュースとか医療雑学

セルフメディケーション税制の説明を病院受付でもできた方がいいですね

セルフメディケーション節税は平成29年からスタートした税制です。医療費に関する節税としては医療費控除が有名ですね。セルフメディケーション節税と言うくらいなので節税になるものでなんですけどイマイチ理解していない医療事務も多いのですね。 ...
医療事務の転職

【実録】医療事務から医療事務へ転職した僕がやったことを書いておく

医療事務から医療事務に転職する人はそれなりに多いハズなんですけど情報はあまり多くないです。なのでみんな不安になりながら転職活動をしているのが現状ではないでしょうか。 そもそも他の病院も同じでしょう?自分の実力で転職して大丈夫?などの不...
医療事務の働き方

誰にでも出来ることを高いレベルでやれば信頼度に差がついてきますね

職場の中で同じようなことを言っているにも関わらず好意的に受け止めてもらえる人もいれば否定的受け止められる人もいます。誰でも体験している事でしょう。 これは普段の仕事から積み重ねてきた信頼度の差になります。 どこの誰だかわからない...
医療事務の働き方

【医療事務の電話対応】苦手意識の人もいるのでマニュアル作成です。

医療事務の仕事で電話対応は切っても切れない重要な仕事です。効率化だとか生産性だとか言ってもまだまだ電話は重要な連絡手段でありコミュニケーションツールであります。 患者さんも高齢者が多いのでインターネットで検索をすることが難しい人も多い...
医療事務的コラム

自分の方が早いけど部下を信じて仕事を任せる。丸投げはダメですね。

部下や後輩に仕事を任せることはとても難しいです。いくら完璧に教育したと考えていてもわからないことはたくさんあります。全部を完璧に覚えるなんて無理です。 でも、仕事で全部を手取り足取り教えていては成長になりません。 自分でやった方...
ニュースとか医療雑学

国保の医療費委任払い。患者さんの負担額とレセプト記載方法について

国保(国民健康保険)を利用しているの患者さんの医療費で委任払いの申請が多くなっています。 委任払いとは限度額適応認定証を発行した時と同じように病院窓口で自己負担限度額までの支払いにする制度です。 急な入院や手術になって手続きをす...
医科診療点数(レセプト)

電話再診における外来管理加算は算定できませんね。点数はどうなる?

電話再診を算定している病院はどのくらいあるんでしょうか?ぼくの働いている病院は算定していませんでしたが昨今の高齢化社会に対応する患者満足度向上のため電話再診を算定することにしました。 個人的にはオンライン診療料を算定したかったのですが...
医科診療点数(レセプト)

老健(介護老人保健施設)から受診。算定できる項目についてまとめ

老健(介護老人保健施設)に入所している患者さんが外来受診をするときの算定項目についてです。老健(介護老人保健施設)は介護保険を使用しているので病院での医療保険と併用は基本的にはできません。 医療事務の現場でも老健(介護老人保健施設)入...
ニュースとか医療雑学

病院職員のインフルエンザ予防接種。医療事務の受付も必須だと思う。

病院職員のインフルエンザ予防接種は個人負担無しで接種が可能です。通常の会社で働いていた時も会社負担で予防接種を受けることができたので多くの会社で実施しているのでしょうね。 このインフルエンザの予防接種についてはいろいろと疑義もあります...
医療事務の働き方

今までと同じ。他院でもやっている。なんて言い出したら思考停止ですね

ぼくは普段から多くの発言をします。不明点はわからないと言いますし、問題点は修正したほうがいいと言います。 会議などで発言をすると高確率で「今まではこうやってきた」とか「今までと同じように」なんて諸先輩方からの反論があります。 そ...
D 第3部 検査

【結核のレセプト】公費負担制度で患者負担は5%!算定の注意事項。

結核のレセプトは難しいですよね。公費負担を計算をするときもちょっと大変です。 ぼくの働いている病院でも結核の患者さんはいます。結核公費の医療証を持っている患者さんは呼吸器専門医の受診になります。他院からの紹介で受診に来る患者さんも少な...
医療事務の転職

みんな転職だ!!転職しても活躍できる人のポイントをまとめてみた。

医療事務の転職が流行っていますね。もちろんぼくの個人的な意見です。 ツイッターでも医療事務のことや仕事のことなんかをつぶやいているので、DMなんかでも相談を受けたりします。基本的には返事をするようにしています。 そんな中ぼくも個...
医療事務の働き方

【医療事務の連休】9月はシルバーウィークがあるので勉強します。

医療事務には連休を取得するチャンスが少ない人もいますね。病院のシフトなどでバラバラになってしまう人もいます。 幸いなことにぼくは土日祝が休みなのでしっかりと休みがあります。 9月はシルバーウィークと言われる年もあるくらい祝日が多...
医療事務の働き方

急性期病棟が忙しい理由とその対応策について。算定方法も考えました。

急性期病棟は病院の稼ぎ頭です。そのためとても忙しいです。急性期病棟は2018年診療報酬改定からもわかる通り入院日数の短縮が求められています。 患者さんの入れ替わりが多ければ手術や検査の件数も必然的に増えていきます。また、ベットコントロ...
ニュースとか医療雑学

増点のレセプト返戻がありました。珍しい!悲しいような嬉しいような。

医療事務で避けたいのはレセプトの査定や返戻です。査定や返礼にならないようにしっかりとレセプト点検などを行って対策をします。 今月の返戻を確認していると珍しい返戻がありました。 なんと!!返戻なのに増点なのです。 返戻は社会...
医療事務の転職

医療事務の人間関係。いじめ、イビリ、意地悪など最悪な職場環境の話

医療事務の人間関係って複雑なものが多いですよね。インターネットの検索結果でも多く出てきます。実際に職場の人間関係で退職する人を多く見てきました。 ぼくは医療事務に転職するまでは典型的な男性職場で働いてきました。女性職場は医療事務がはじ...
医療事務的コラム

新人は教えてもらって当たり前?まだ無理です。っていつまで言う?

新人は教えてもらって当たり前なんでしょうか。もちろん最初はわからないことだらけなので手取り足取り教育してもらいます。 しかし、いつまでたっても教えてもらえるのは当たり前なんでしょうか。どのタイミングで自立するのがいいのでしょうか。 ...