採用担当としての考え 

医療事務の転職についてアレコレ

【医療事務の採用基準】職場に近い人を採用したいという採用論。

採用担当なので求人を出して面接をしています。それなりに多くの採用活動を多く行なってきました。 今日はタイトルにもある通り病院が採用活動をする上での採用論を書いておきたいと思います。 採用基準の考え方です。どんな人を採用したい?って考えた時の話です。全部の病院が当てはまるわけじゃないけど、こんな考...
2019.07.09
医療事務の転職についてアレコレ

医療事務を仕事にするという事。採用活動を行ったまとめ。

ぼくは長いこと採用担当をしています。多くの医療従事者と面接をする中で感じたポイントをまとめておきます。 医療事務の採用はたくさん行ってきました。現在の職場ではそんなに出入りが多いわけではないので採用面接の回数は減りましたがその分他の職種の採用も行っています。 看護師やリハビリ、介護士などの面接ま...
2019.06.06
医療事務の転職についてアレコレ

医療事務の面接官として実感している3つのこと。

面接ラッシュも落ち着いてきました。 無事に規定の採用人数に達しましたのでとりあえず安心です。今後は入職者が一人前になるまで教育期間がありますので教育担当として頑張りどころです。 もう少し面接は続きます。人件費に余裕があるので良い人材であれば積極的に採用していこうというスタンスらしいです。 今日...
2019.05.08
医療事務の転職についてアレコレ

35歳から医療事務に転職することについて。攻略法を考えてみる。

今日は35歳から医療事務に転職することについてツイッターのDMから質問がありましたので回答してみたいと思います。 35歳から医療事務。どうなんでしょうね。 最初にハッキリさせておきたいのは医療事務としてどのポジションまで行くのか考えておくべきです。 レセプトバリバリのキャリア積んで課長や部長な...
医療事務の転職についてアレコレ

医療事務の面接をする立場としての意見。採用担当になりました。

採用担当になりました。前職でも採用担当の経験はありましたが、細かい部分では違いがあります。しかし人間を観察するという行為はとても似ています。 どこのどんな会社でも「2対6対2」の法則で活躍する人・しない人・その大勢となっていました。 なので今日は「どんな人間が企業として活躍しているか」に...
2018.05.23