採用担当の考え

医療事務の転職

【医療事務の採用基準】職場に近い人を採用したいという採用論。

4月ですね。出会いと別れの季節です。期待にあふれた新入職員も多いことでしょうね。無理をしていでやってくれると嬉しいですね。 ぼくは採用担当なので求人を出して面接をすると言う採用活動を多く行なっています。今日はタイトルにもある通り病院が...
医療事務の転職

医療事務を仕事にするという事。採用活動を行ったまとめ。

半年をかけて医療事務の採用活動を行ってきました。とりあえず目標人員の確保も完了したのでひと区切りです。今回、医療事務の採用活動を行っていろいろなことを感じました。 そしていろいろと考えさせられました。どうして医療事務に転職したいの?な...
医療事務の転職

医療事務の面接官として実感している3つのこと。

面接ラッシュも落ち着いてきました。無事に規定の採用人数に達しましたのでとりあえず安心です。今後は入職者が一人前になるまで教育期間がありますので教育担当として頑張りどころです。 もう少し面接は続きます。人件費に余裕があるので良い人材であ...
医療事務の転職

医療事務の面接をする立場としての意見。採用担当になりました。

採用担当になりました。前職でも採用担当の経験はありましたが、細かい部分では違いがあります。しかし人間を観察するという行為はとても似ています。 どこのどんな会社でも「2対6対2」の法則で活躍する人・しない人・その大勢となっていました。 ...