【医療事務の採用基準】職場に近い人を採用したいという採用論。

医療事務の転職

4月ですね。出会いと別れの季節です。期待にあふれた新入職員も多いことでしょうね。無理をしていでやってくれると嬉しいですね。

ぼくは採用担当なので求人を出して面接をすると言う採用活動を多く行なっています。今日はタイトルにもある通り病院が採用活動をする上での採用論を書いておきたいと思います。

採用基準の考え方です。どんな人を採用したい?って考えた時の話です。全部の病院が当てはまるわけじゃないけど、こんな考え方の病院は多いんじゃないでしょうか。

職場に近い人は絶対に有利ですね。

今は医療法人働いていますが、これまでに「教育部」→「管理部(人事総務)」→「総務部人事課」と人の採用や人事に関する言わば「人に多くかかわる」仕事を多く行なってきました。

医療法人で働く事務員としては採用の経験は多い方だと思います。自分自身も転職経験ありますので、採用する立場も採用される立場も理解しているつもりです。

採用担当の立場となった今では病院という場所は職場に近い人を優先的に採用しているということがわかりました

これは今までの一般企業と大きく異なる点です。一般企業の時は近さについては判断材料の一部にすぎませんでしたが、医療法人ではそのウエイトが多くなりました。

なので、男性でも女性でも地元の病院には採用されるチャンスが多くあります。

未経験でも採用してくれる病院で頑張れば数年後には自分の希望している病院へ転職することは容易でしょう。

面接なんかで、人の気持ちはわからない。

上司や人事部が採用した新人を教育担当者として指導及び教育を行ってきましたが、今では自分で選んだ採用した人が入職してきますので「人選が悪い」とは言い辛いです。

どんな職場だって、「良い人材」を採用したいに決まっています。

良い人材とは、職場を盛り上げてくれたり業績を伸ばしてくれたりします。簡単に言えば仕事も出来て人間的にも魅力的な人ですね。さらに低賃金で長時間働いてくれて文句ひとつ言わないなら最高でしょう。

でも、そんな人いません。良い人材にはそれなりのコストがかかります。採用コストも人件費コストも。ハローワークや自社HPや張り紙で良い人材が簡単に採用できる事はまずありません。

今の病院は医事課の採用にコストをかける事はなかなかできません。病院は医師や看護師や薬剤師が慢性的に不足ていますのでこっちにコストがかかっています。

なので、医事課の募集は小規模でひっそりと行われています。

出身校や前職なんかで能力はわからない。

みんな面接マニュアル的な本を読んでくるので面接してもつまんないですよね。

こっちは優等生なんか採用したくないんですよ。仕事は教える事できますが、バカとプライドはなかなか教育できません。

ある程度の選別作業は必要ですが、あみだくじでも、抽選でも、先着順でも良いと思っています。今回採用した人は職場から近い人を採用しました。

最終段階で3名の候補者がいたのですが、

  • Aさん24歳は自転車通勤(15分)。
  • Bさん30歳は電車通勤(50分)。
  • Cさん28歳はバス+電車(70分)。

書類選考と面接ではCさんがリードしていたのですが通勤時間が70分ですからね。

能力が同じなら、若くてコストが安い方を採用する。

これは、通勤手当もあります。若ければ若いほど人件費も安くてすみます。なので年取ってからの未経験への転職は厳しくなります。自転車通勤は大きなメリットだったのは間違いありません。

AさんとCさんは人件費(年齢的な基本給)と通勤手当で50000円以上差がありました。50000円あればアルバイトが雇えますからね。

Cさんが一番リードしていましたが、総合的な判断でAさんを採用することになりました。

企業が選ぶポイントとして「経験」が重視されることは間違いありません。なのでどうしても医療事務で働きたいと考えるのであればアルバイトでも派遣でもして経験をすることが大事だと考えています。

でも未経験者の採用で、基本的なマナーなどに大差がないのであれば若くてコストが安い方を採用するのは当然となります。

その人の未来までは短い面接で見極めることは難しいですからね。

本日のまとめ

どうしたら採用されますか?みたいな質問が多く寄せられてきているので書いてみました。

未経験から医療事務になりたいのであれば最初は採用されやすい病院を検討することも大事でしょうね。

雇う側からすれば通勤にかかるコストも支払っているんですよね。

大都市などで駅近の病院であれば通勤費も必要と考えますが、郊外にある病院であればできるだけ近い人を採用したいと考えることもあります。

医療事務の面接をする立場としての意見。採用担当になりました。
採用担当になりました。前職でも採用担当の経験はありましたが、細かい部分では違いがあります。しかし人間を観察するという行為はとても似ています。 どこのどんな会社でも「2対6対2」の法則で活躍する人・しない人・その大勢となっていました。 ...