第2章 特掲診療料

D第3部 検査

【結核のレセプト】公費負担制度で患者負担は5%!算定の注意事項。

結核のレセプトは難しいですよね。公費負担を計算はちょっと大変です。 ぼくの働いている病院でも結核の患者さんは結核公費の医療証を持っているので呼吸器専門医の受診になります。他院からの紹介で受診に来る患者さんも少なくありません。 結核のレセプトや算定方法が難しいのは公費負担できるものに限りがあるから...
2019.11.14
D第3部 検査

D023-10【MAC核酸検出】が査定!!レセプト注意事項や適応病名について

D023微生物核酸同定・定量検査の10マイコバクテリウム・アビウム及びイントラセルラー(MAC)核酸検出(421点)が査定でした。(以下、MAC核酸検出) このMAC核酸検出の検査にはいろいろ難しい条件が重なりますね。他の病院ではどうやって算定しているんでしょうか。 検査結果が出るのに1ヶ月くら...
2019.11.10
K第10部 手術

手術の途中で中絶した時の算定は?まさかの中断。レセプト記載にも要注意

手術を行うとき途中で中絶・中止する可能性があります。 医師が説明をしてから手術をおこなうので途中で中絶・中止するなんて考えていませんでした。 しかし医師だって人間です。そして患者さんも人間です。手術中に想定外の出来事がある可能性もゼロではありません。 医療事務経験5年目にしてはじめて手術途中で...
2019.11.06
D第3部 検査

ノロウイルス検査の費用は自費なの?算定要件には注意しましょう。

医療事務をやっていると通年で注意しなければならないのがノロウイルスですよね。そしてこのノロウイルス検査は保険が使えないので自費になる人も多いです。 病院で自費!なんて言われるといったいどのくらいの金額が必要なのか不安になりますよね。ぼくだったらドキドキして検査しません。なんて言ってしまいそうです。...
2019.10.29
G第6部 注射

医療事務や病院職員のインフルエンザ予防接種が始まりますね。個人的には必須だと考えています。

ぼくの働いている病院では職員のインフルエンザ予防接種の費用は個人負担無しで接種が可能となっています。病院によっては全額自己負担もあれば一部補助の場合もあるでしょう。 一般企業でも会社負担で予防接種が可能でしたので多くの会社で実施していることと思います。 インフルエンザの予防接種については医学的な...
G第6部 注射

注射のiv、im、DIV、IVHなど意味。略称まとめ!カルテの読み方。

ぼくの働いている病院は紙カルテの使用しています。なので医師の書いてある内容を読解する必要が多くあります。 カルテって読解するの難しいですよね。医師はいろいろな略称で書いていますので知らない人が見たら暗号だらけに見えるかもしれません。 今日はそんな略称の中でも注射の読み方についてまとめて見たいと思...
2019.10.24
E第4部 画像診断

PETCTやPETMRIの保険算定できる適応病名とレセプトの注意事項

PETCTやPETMRIは保険算定するためにルールが決められている画像診断になります。適応病名やレセプトでの注意するべきポイントがあります。 ちなみに保険算定が認められるようになったのは平成22年の診療報酬改定からです。なのでぼくが医療事務をスタートさせた時にはすでに保険算定が可能でした。 そん...
2019.10.18
D第3部 検査

時間外緊急院内検査加算とインフルエンザ検査。算定できず。

時間外緊急院内検査加算とは時間外に受診した患者さんに対して検体検査を行った場合に200点を算定できる加算です。 診療時間外に検査をしたのだから特別に多くの点数を算定していいよ。ってことです。 ほんの なので、時間外に検体検査を行った場合には必ず算定するようにしましょう。 でも一つ...
2019.10.09
B第1部 医学管理等

薬剤管理指導料は週1回間隔。病棟薬剤業務実施加算との違いは?

入院中の患者さんに算定可能な「薬剤管理指導料」と「病棟薬剤業務実施加算」は同じような算定項目なので間違えやすいですよね。どちらも薬剤の管理をしたことに対する点数になり、かつ週1回の間隔で算定することができます。 しかし、算定をするためのルールが微妙に違うので算定日がズレていきます。これが混乱のポイ...
2019.10.08
H第7部 リハビリテーション

介護保険で通所リハビリ。医療保険でJ118介達牽引。算定できる?

リハビリには算定用件がたくさんありレセプト点検も難しいですよね。 今日はタイトルにあるように介護保険での通所リハビリ(OT)と医療保険でのJ118 介達牽引についてです。 同じようなリハビリを医療保険と介護保険で利用できるのでしょうか?同部位疾患に対しての算定は可能でしょうか? まず大前提!介護保険...
2019.10.05