診療点数早見表2018年4月版が発売!医療事務必須の算定本ですね。

ニュースとか医療雑学

医療事務に限らず病院で働く人なら必ず一度は目にしたことがある診療点数早見表の最新版がとうとう発売になります!!

今年は診療報酬改定があったので購入する人も多いでしょうね。

ぼくは自宅用に一つ確保してあります。病院が1冊購入してくれるので仕事用もあります。

医療事務として働いていくのであれば診療点数早見表は必須の本になります。勉強会などに参加する時も持参してください。なんてこともあるでしょう。

約5000円と高いのですがぼくは個人用を持つべきだと考えています。2年間使用できるものなので一月あたり200円です。これを高いと見るか安いと考えるかは人それぞれですけどね。

個人用に持つと自宅でも勉強できるし仕事の復習もできます。

なので今日はそんな診療点数早見表について書いておきたいと思います。

診療点数早見表2018年4月版について

これがないと始まりませんね。

医療事務なら必須の診療点数早見表になります。

これを2年間使い潰せばそれなりの医療事務になるでしょう。働いている病院で1番の知識になることは間違いないでしょう。

大部分の上司も先輩もそんなに読み込んでいませんからね。

以下アマゾンより

2018年4月診療報酬改定の点数・基準・通知・事務連絡等を完全収載!!

★2018年4月より診療報酬が全面的に改定されます。

★2018年4月改定による最新点数,施設基準,通知,事務連絡Q&A,材料価格,療養担当規則,介護給付調整,明細書記載要領──までを完全収載。オリジナル解説・算定例・Q&A・図表・診療報酬一覧表等も収載し,さらに改定内容が一目でわかるよう変更部分に全てマーキング。該当ページ明示により施設基準とのリンクもスムースです! !

★全国多数の医療機関・公的機関・審査機関・専門学校等で使用され,圧倒的支持を獲得。様々な工夫を凝らし,「正確に」「速く」「便利に」「わかりやすく」を最大限に実現した最高機能の点数表です!

本書の8つの特長

1.フルカラーの機能的レイアウト。色ごとに機能分類し見やすく整理
2.関連規定をすべて収載。この1冊で保険請求は完璧にカバー
3.2018年4月改定による変更部分にマーキング
4.多数のオリジナル解説・算定例・Q&Aで,わかりやすさ抜群
5.頁当たりの情報量が多く高密度のため,一覧性・速覧性が抜群
6.詳細かつ緻密な索引機能で,自在にスピーディに検索が可能
7.点数・要件を的確にまとめた便利な「診療報酬一覧表」収載
8.発刊後に大幅な改定告示・通知が出た場合,『追補』を無料送付

医療事務なら必須でしょう。

この診療点数早見表 2018年4月版を持たずして何を持つんでしょうか。

それくらい医療事務には必須の本になります。来年の2019年版は買わなくてもいいのですが今回の2018年版は診療報酬改定が盛り込まれた大事なものです。

個人的には持つ必要はない。なんて考え方もありますがぼくは勉強する意味でも個人的に持ったほうがいい派です。医療事務としてメシを食っていくのに5000円の投資が高いとは思いません。

ちゃんと使用すれば2年間で5000円は安いと考えています。

まぁぼくは毎年買っているので1年間で5000円になりますがw

そして、数年前から電子版を期待していますが発売される様子はありません。

本日のまとめ

社会保険支払基金も国保連合も使用しているので結局は診療点数に携わっている人は全員必須なんでしょうね。これだけで発売元の医学通信社はそれなりの発行部数になるでしょうね。

ぼくの働いている病院でも20冊くらいは購入しています。大きな病院になればもっと多くの部数を用意するでしょうね。

とにかく!!

診療点数早見表 2018年4月版は次の診療報酬改定まで2年間も使用できるものです。今回の診療報酬改定は2025年問題に向けた大事なものでした。介護報酬との同時改定でしたし。

そんなキーポイントになる改定が総まとめされている診療点数早見表は自分用を用意して勉強するのもいいんではないでしょうか?