上司に年収よりも大切なことがあると言われた話。給料より大事なものはある?

医療事務の転職についてアレコレ
この記事は約4分で読めます。

上司との面談で何度か給料が低い!給料上げろ!!みたいなことを言っています。A評価なのに様々な要因で大幅な収入アップにはなりませんでした。くやしい。

と言うかおかしくない?

その時に「年収より大切なことがある」「給料より大事なものがある」みたいな話をたくさんされました。あまのじゃくなので年収を抑えたい為の言い訳に聞こえていました。

仕事をする上で「やりがい」とか「人生の意味」なんかを求めると間違った方向に進む可能性がありますので、ぼくなりの考えを書いておきたいと思います。

労働の対価として賃金を得ている。それ以上を提供する必要はないし、求める必要もありません。

中小企業やベンチャー企業にはお金がありません。

どう考えても大手企業のように潤滑な資金はありません。

それでも会社経営をしていかないといけませんので従業員の満足度を向上させるために様々な手段を考えます。ITベンチャーに勤めていたので知っています。

人間として成長するために始業時間に掃除(暗黙の義務化)をしたり、たくさんの経営者の本(自己啓発本)を読まされたり、研修に行かされたりしました。

もちろん全てが悪い事だとは思いません。

そのフィールドで輝ける人はいます。経営者の近くで働きたい!人間として成長したい!と言う人はその場所で勝負するのは悪い事ではありません。(できるかどうかは別問題)

ここまで書けばわかる通り、ぼくは違いました

創業者の理念を朝礼で唱和すると「ここは宗教か?」なんて思っていましたし、

始業時間前に集合して必要以上の掃除をしたりすることは「なんでこんなことしているんだろう?」と考えてしまい、

逆に人間としての悪い部分が出てきそうになりました。

自分の価値観を無視する必要はありません。

ぼくはやる事はやりたい人間です。成長もするために行動を続けます。

でも「仕事に全て」みたいな人間になるのは違うんですよ。1日8時間以上を仕事に使うのは間違っていると考えます。それ以外の時間は自分の人生のために使いたい。

簡単に言えばメリハリですね。

なので、労働をしているので対価=賃金を求めるのが当然です。

労働のパフォーマンスが高い人にはそれなりの賃金が必要なんです。

それを「年収より大切なことがある」「給料より大事なものがある」「ここで成長している」みたいな話をされても信じることはできません。

当然、仕事人間が「最高」って思う人もいる訳です。自分の価値観を大事にしましょう。

誰よりも高パフォーマンスをして評価されるのに上がらない賃金

これが問題なんです。

会社も上司もぼくのことは評価している。A評価も取っている。仕事の裁量や決定権も多くなっている。だけど上がらない賃金

上司より多くの仕事を抱えて結果も出しているのに早く入職したからという理由だけで役職について僕より多い給料なのか理解できません。

すげー頑張って結果も出しているぼくと、適当にやっている後輩の昇給額がほとんど変わらない賃金体系、ボーナスでA評価でも10%アップくらいしかならないんですよ。

それならば無理して汗をかいて必死なって仕事をする必要なんてどこにもないんじゃないか。なんて考える自分もいます。

30歳男性医療事務員の給料・年収
男性医療事務としてそれなりに長いことやってきました。ぼくは一般企業からの転職組です。やっぱり医療事務と言えば気になるのは給料や年収に関する部分ですよね。夢だ希望だなんて言ってもご飯を食べていく必要がありますからね。家族もいますし、ペットも飼ってます。生活して行かなくてはいけません。ネット...

つまり転職を考えている僕がいる。

過去には何度か転職オファーもありました。ありがたい。

しかしその時は今の職場が自分に適していると考えていましたのでお断りをしてきました。

しかし3年連続でA評価にも関わらず大幅な昇給も昇格もない環境にはモチベーションが保てなくなってきました。

つまり転職を考えている僕がいます。

年収400万なんだからいいじゃないか。みたいな考えもありますがこのブログやツイッターには書けないような重要な仕事も多く担っているわけですよ。

別に500万円欲しいと言っているわけじゃなく、仕事内容に伴う給料を支払うべきだと言っているだけです。B評価の後輩との差が少ない。

上司なら僕より決定権を持って上司の仕事をしてほしい。

転職したよ →【実録】医療事務から医療事務へ転職した僕がやったことを書いておく

本日のまとめ

ぼくの人生なんだから楽しいように生きたいだけなんですよね。

余計な怒りとか嫉妬とか妬みとかを抱えて毎日を過ごしたくない。

楽しいことが多くていつも笑顔でいられるような環境が一番だと思うのです。もうちょっと考えてみる必要はありますが楽しい方向に行きたいですね。