K721内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術におけるD414内視鏡下生検法(1臓器につき)について

D 第3部 検査

今月の査定情報です。査定の一覧を分析をしているとK721内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術におけるD414内視鏡下生検法310点の査定がありました。

計算時に間違えており、レセプト点検でも発見できないというダメダメな査定でした。計算担当者が勘違いをしていたので一緒に勉強しました。

なので今日はK721内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術におけるD414内視鏡下生検法(1臓器につき)について書いてみたいと思います

K721内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術におけるD414内視鏡下生検法(1臓器につき)は算定できません。

まずは結論から書いておきます。K721内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術におけるD414内視鏡下生検法(1臓器につき)は算定できませんね。これは内視鏡下生検法の書いてある第2章 特掲診療料 > 第3部 検査 > 第4節 診断穿刺・検体採取料 > 診断穿刺・検体採取料の通則書いてあります。診療点数早見表を確認しましょう。

1 手術に当たって診断穿刺又は検体採取を行った場合は算定しない。

なのでK721内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術は手術の項目になるのでD414内視鏡下生検法(1臓器につき)310点は算定できません。

N000病理組織標本作成は算定できるので混乱しないよう要注意。

病理組織標本作成は手術の項目であっても算定が可能になります。

あー難しい!!

内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術は手術なのでD414内視鏡下生検法(1臓器につき)310点は算定できませんがN000病理組織標本作成は算定が可能です。

これは最大3臓器までになります。また、大腸の場合は上行結腸から下行結腸までは1種類とみなしますのであわせて注意しておきましょう。

病理組織標本作成は1臓器につき860点と高得点なのでミスの無いようにしっかりと算定していきたいですね。

ちゃんと診療点数早見表を読んでいれば間違いはなかった。

そうなんです。診療点数早見表を読まないからミスが発生します。

確かにあんな分厚い本を読みこむのは大変ですけど、それが医療事務の仕事ですからね。頑張りましょう。大事なのは同じミスを繰り返さない事です。

間違えて査定になったものは仕方ありません。大事なのはこのミスで自分の能力に気がついて勉強をし続ける事です。

生検の査定310点なんて教育代と考えれば安いものです。数年後に戦力になってくれたら嬉しいですね。

あわせて読みたい大腸内視鏡関連記事

【査定】粘膜点墨法加算と内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術について
査定の確認を行っていたら粘膜点墨法加算の査定がありました。 なんと!インジゴカルミンを使用して粘膜点墨法加算を算定しているのにも関わらず、ポリペク(K721内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術)算定していました。 うん。まぁこれは査...
大腸内視鏡検査の体験談。食事や睡眠導入剤など大腸カメラについて
大腸内視鏡検査の体験談です。まさか自分が大腸内視鏡検査・大腸カメラを行う日がくるなんて思ってもいませんでした。 大腸内視鏡検査のレセプトはたくさん点検してきましたし、たくさんの患者さんへ大腸内視鏡検査の説明をしてきました。 でも...

診療報酬改定2018年ではどのような変更があった?

K721内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術におけるD414内視鏡下生検法(1臓器につき)については今回の2018年診療報酬改定では大きな変更点はありませんでした。

内視鏡については超音波内視鏡が明文化されて超音波内視鏡加算300点などなりましたが、それ以外に点数や文言などの追加や変更はありませんでした。

超音波内視鏡(EUS)がスタートしました。レセプト算定などについて。
ぼくの働いている病院では4月から超音波内視鏡検査がスタートしました。 今まで内視鏡検査の多くは大腸と胃に対して行っていましたので、超音波内視鏡なんてまったく知利ませんでした。 新しい機械が導入されるのに知らないことがあるのは不安...

つまり昨年までに覚えた算定方法で算定して問題ないってことになります。