ニュースとか医療雑学

マイナンバーカードに保険証機能が付与される。2021年3月からスタートです医療事務で注意しておきたいこと。

マイナンバーカードを何に使用しているのかわからない人も多いのではないでしょうか。そもそも通知書のままにどっかにいったよ。なんて人もいるでしょう。 入職者に提出書類を説明するときに雇用保険被保険者証やマイナンバーカードは紛失割合がとても高いです。そんなマイナンバーカードに保険証機能が付与されます。 ...
2020.04.20
D第3部 検査

超音波検査(エコー)の複数回実施の算定方法についての解説。レセプトのポイント。

レセプト点検をしていると超音波検査(エコー)を複数回実施していることがあります。 医療事務ならあるあるですが検査など複数回実施は悩むポイントです。なぜなら同じ検査を複数回実施することはレセプトの査定や返戻になる可能性があるからです。 ほんの 査定や返戻は嫌ですから。 今日はそんな...
2020.04.19
ニュースとか医療雑学

厚労省から新型コロナウイルス感染症患者 (中等症・重症患者)への 診療報酬における対応が発表されたよ。今後の動向。

詳しくは厚労省サイトを確認するようにして欲しいのですが、中央社会保険医療協議会 総会(第455回)で決定され、本日2020年4月18日より新型コロナウイルス感染症に対応する医療機関に向けて診療報酬を引き上げました。 中央社会保険医療協議会 総会(第455回) 議事次第() 具体的には重...
ニュースとか医療雑学

病院事務や医療事務に求められる個人情報保護の知識について。セミナーに行ってきました。

個人情報保護法について詳しく知っている病院事務や医療事務は少ないでしょう。 ぼく自身も「個人情報が大事なもの」で取扱いに注意するのは知っています。しかし、どんな情報をどのようにして保護するべきなのか知りませんでした。 言葉を知っているのに内容については知らない個人情報保護。 そんな個人情報保護...
2020.04.17
J第9部 処置

ステリーテープ(ステリストリップ)材料の算定不可です。創傷処理?創傷処置?

ステリーテープ(ステリストリップ)は算定できるのか?という質問がありましたので書いてみたいと思います。 処置、手術で使用するテープや包帯関係の材料は保険請求できるものと出来ないものがあります。種類も多いのでどうしたらいいのか悩みますね。 僕もまだまだわからないことたくさんあります。 その度に外...
2020.04.15
K第10部 手術

自動縫合器加算の算定ができる手術名一覧。Kコード付き。個数別!!査定になるポイントを徹底解説。

外科系手術を行う病院であれば自動縫合器加算は多く算定している項目ですね。ぼくの働いている病院でも多く算定しています。 この自動縫合器加算は点数も2500点と大きいです。 レセプト点検で見誤ってしまい2500点が査定になるとインパクトがあります。査定はイヤですよね。 確実に確認して算定やレセプト...
2020.04.14
医療事務についてアレコレ

【医療事務の昇給額】平均はどのくらいか調べたよ。給料の話。

医療事務の昇給額はどのくらい?みんなの給料は上がりましたか。多い人も少ない人もいるでしょう。 5月や6月の給料で年度末の昇給分が反映される人が多いでしょう。ぼくもしっかりと昇給します。毎年しっかりと昇給するのは医療事務のいいところですね。 昇給額は多ければ多いほどうれしいです。 給料10万円ア...
2020.04.13
F第5部 投薬

退院時処方のレセプト算定方法について。退院先が在宅なら可能ですね。

退院時処方についてまとめました。 入院している患者さんが退院時に持って帰る退院時処方は退院先が在宅であれば算定が可能です。まずこれが結論です。 逆に言えば退院先が在宅ではない場合は算定ができないということになります。 ほんの そもそも在宅とは? 在宅などと曖昧な言葉を使うので難...
2020.04.12
医療事務についてアレコレ

【医療事務の採用基準】職場に近い人を採用したいという採用論。

医療事務としてレセプト点検を行うだけでなく採用担当として面接や教育を担当しています。 医療事務は離職率が高い職種の一つなので多くの求人を出して面接をします。それなりに多くの採用活動を行なってきました。 その中でぼくの働いている病院の採用基準について書いておきます。病院として採用をするにあたり職場...
2020.04.11
医療事務についてアレコレ

祝!決算賞与が支給。病院で働いていてよかった!!

4月1日ですね。新年度のスタートです。 心機一転気持ちを入れ替えて頑張りたいと思います。ぼくは新入職員の対応でバタバタとしたスタートとなりました。 会社員として働く中で嬉しいのはボーナスですよね。最早ボーナスのために働いていると言っても過言ではありません。 ボーナスにはいくつかの種類があります...
2020.04.10