初診料と再診料の一連の行為とは。3パターンあります。

初診料と再診料の一連の行為 医科診療点数(レセプト)

基本診療料の中にある初診と再診について一連の行為というものが3つあります。

この場合は初診料も再診料も算定することはできません。査定対象。

その3つというのが基本診療料の中の通則「初再診料の通則」内に書かれています。診療点数早見表にも書いてあるので確認しましょう。

初診料と再診料の一連の行為は以下の3パターンになります。

2 初診又は再診が行われた同一日であるか否かにかかわらず、当該初診又は再診に附随する一連の行為とみなされる次に掲げる場合には、これらに要する費用は当該初診料又は再診料若しくは外来診療料に含まれ、別に再診料又は外来診療料は算定できない。

ア 初診時又は再診時に行った検査、画像診断の結果のみを聞きに来た場合
イ 往診等の後に薬剤のみを取りに来た場合
ウ 初診又は再診の際検査、画像診断、手術等の必要を認めたが、一旦帰宅し、後刻又は後日検査、画像診断、手術等を受けに来た場合

この3つになります。

この場合は初診料も再診料も算定することはできません

ここは大事なポイントです。初診料も再診料も多くの加算があったりして混乱してしまいますが通則に書いてある部分なので大前提の部分です。

ほんの
ほんの

もう少し詳しく書いておきます。

初診時又は再診時に行った検査、画像診断の結果のみを聞きに来た場合

これはそのままなので難しく無いですね。

レセプトでは確認のしようが無いので再診料を算定している病院も多いかもしれませんね。ぼくも個人的に受診しても大体の場合は再診料が算定されます。

例:以下のような場合は結果のみを聞きに来たので再診料の算定はできません。

ほんの
ほんの

転倒して腕が痛いです。骨折していますか?

レントゲンを撮りましょう。結果は明日来てください。

翌日

ほんの
ほんの

骨折していますか?

大丈夫ですよ。骨折はしていません。あとは安静にしていてください。

往診等の後に薬剤のみを取りに来た場合

往診などの後に薬剤を取りに来た場合も再診料は算定できません。

院内処方の病院も減っているのでなかなかシチュエーションを想像し難いかもしれませんね。

ぼくもこのパターンには出会ったことがありませんが書いてある通りです。わざわざ処方を取りにくることもあまり無いので、あったとしても受付で対応できることがほとんどです。

初診又は再診の際検査、画像診断、手術等の必要を認めたが、一旦帰宅し、後刻又は後日検査、画像診断、手術等を受けに来た場合

ぼくはこのパターンで査定になったことがありますw

再診料を算定して査定です。

これは難しいです。診察して検査、画像診断、手術等の必要を認めたが一旦帰宅し(帰宅させないで)後刻又は後日検査、画像診断、手術等を受けに来た場合。

つまり以下のような時は査定になります。

  • 1日目:再診料
  • 2日目:再診料+検査

この場合の判断はどうなっているのでしょうか。審査期間に問い合わせましたが具体的には医学的判断となるので明確な答えはありませんでした。

査定にならない場合もあるので難しい部分なんですよね。

また後日の検査については外来管理加算についても関係してくるので余計に難しい判断になります。

外来管理加算の算定できない項目一覧。今月の査定。
外来管理加算は診療報酬の中でも基本的な項目の一つです。しかし基本であるが故に多くのルールがあります。外来管理「加算」なので再診料にかかる加算になります。初診料では算定できません。その他にも処置や手術を算定していたら算定ができません。なので、医療事務を始めたばかりの頃はよく混乱していました。...

本日のまとめ

あまり査定にならない部分かもしれませんが、気をぬくとたまーに査定になります。

そんな初診と再診の一連の行為になります。

初診料や再診料については基本的な部分なのですが意外と忘れてしまうポイントでもありますのでしっかりと復習をしていきましょう。

特に電子カルテの病院ではこのあたりの項目は自動で入力されてしまうのであまり考えることなくそのままスルーしてしまうことも多いですね。

ぼくも電子カルテになって外来会計時に考えて算定することが減りました。なんとなくあっているだろうと信じてしまっている自分がいます。

薬価の計算を手作業で計算していた時代があるように、今後電子カルテの精度がもっと向上してくれば初診再診での一連の行為などについて考える必要もなくなるのかもしれません。

そうなる未来が早く来ると良いですね。

初診料の考え方。いつから初診になるの?再診じゃない?算定方法について
初診料の考え方はとっても難しいですね。どのくらいの受診間隔で初診料から再診料に変わるのでしょうか?実は診療点数早見表にも明確なルールが定められていないので判断が難しいポイントです。医療事務で初診料や再診料は基本中の基本です。診療点数早見表でも基本診療料と言う項目に書かれている内容です。つ...