【査定情報】創傷処置における皮膚欠損用創傷被覆材。

J 第9部 処置

なんか、よくわらない査定がありました。今月の査定なんですけどね、皮膚欠損用創傷被覆材(ハイドロサイト)が査定にありました。

創傷処置&皮膚欠損用創傷被覆材(ハイドロサイト)で病名も「挫創」でしたので、査定になる理由はありません。さっそく、支払基金に確認しましたのでご報告です。

創傷処理では算定できませんね。

カルトスタットやデュオアクティブ皮膚欠損用創傷被覆材の算定について
カルトスタットやデュオアクティブなどの皮膚欠損用創傷被覆材には算定するためのルールが定められていますね。多い間違いは創傷処理などの手術を算定しているとき一緒に算定してしまうことが多いです。 あとは面積が小さくなる査定なんかもあります。...

創傷処置&皮膚欠損用創傷被覆材(ハイドロサイト)で病名「挫創」だど査定になる?

過去には「挫滅創」の病名でも査定になりました。

今月は皮膚欠損用創傷被覆材が狙われているのでしょうかね。理由も確認したのですが社会保険支払基金の担当者も歯切れが悪い。

いろいろ言っていましたが要約すると、創傷処置で皮膚欠損用創傷被覆材を使用するのに「挫創や挫滅創」だと医学的に不要だそうです。

絆創膏でも貼っておけ!

もう、そうゆう事ですね…。

創傷処置くらいなら皮膚欠損用創傷被覆材を使用しないでバンドエイドでも貼っておきなさいと言われているような気分です。

実際に突っこんだら回答できませんでした

結局は支払基金のポイント稼ぎだったのではないかと思っている

支払基金だって営利目的で事業をしているのだから、査定のノルマとかあるんだと思います。実際は知りませんが…。

まぁ普通に考えたらありますよね。

それで今回の創傷処置&皮膚欠損用創傷被覆材についてはどう考えても、査定件数のノルマを達成するために無理やりに査定したとしか考えられません。

結局、再請求してください。と言っていました。

再請求してもいいですけど「1点」ですからねぇ。再請求の用紙記載して封筒用意して発送するという手間を考えたら無意味です。このへんも支払基金の頭の良さを感じます。

ちなみに、「創傷処置」で算定しないのであれば「創傷処理」で算定できるのでしょうか?

いえ、できませんね。皮膚欠損用創傷被覆材は手術時(診療区分50)には算定できません。

ウ 皮膚欠損用創傷被覆材は、以下の場合には算定できない。

  1. 手術縫合創に対して使用した場合
  2. 真皮に至る創傷用を真皮に至る創傷又は熱傷以外に使用した場合
  3. 皮下組織に至る創傷用・標準型又は皮下組織に至る創傷用・異形型を皮下組織に至る創傷又は熱傷以外に使用した場合
  4. 筋・骨に至る創傷用を筋・骨に至る創傷又は熱傷以外に使用した場合

 

 

2018年診療報酬改定の参考書
診療点数早見表2018年4月版

2018年4月診療報酬改定の点数・基準・通知・事務連絡等を完全収載。
医療事務研究員ほんのオススメの算定本になります
医療事務必須の算定本。今なら2年間使用できますね。

医科診療報酬点数表 平成30年4月版

●平成30年4月改定に対応した速報版としての役割はそのままに,書籍の構成を見直し『医科点数表の実務書』に特化した内容としています。3月末の発刊予定なので,医療機関等でいち早くそして長く使用できる医科点数表です。

J 第9部 処置
フォローする
医事ラボ