医療事務も相当ブラックなんで入る病院は考えた方がいいかもね。

医療事務の転職

研修などに行くと他の病院の人と話す機会もあります。情報交換。そんな時は他院の医療事務文化というものに驚くことが多々あります。

インターネットで検索してみても医療事務のブラック労働環境については多くに記事があります。

もう少しで平成も終わると言うのに、まだまだ「レセプト点検残業」をしている病院も多いです。かわいい女の子が10時くらいに帰りますって言ってました。電通じゃん。それ。って感じです。

ぼくもそれなりに残業していると思っていますが、それでも月にすれば20時間はいきません。それでも多いと思っているんですけどね。

なので今日はそんな医療事務も病院によっては相当ブラックなので注意しましょうって話です。

電通なら給料はいいのかもしれませんが医療事務ですよ。

帰宅時間が10時になる理由はたくさんあるのでしょう。日付が変わる前には帰ります。なんて言っているファンキーな人もいました。長時間残業をしないコツはひとつしかありませんからね。

早く帰ることです。

電通のような大手企業なら年収も多いでしょう。エリートにしかわからない世界があるんでしょう。出世競争。もちろん僕にはわかりません。

中には早く帰ってもやることがないから残業代を稼ぐなんて言っているパンクな人もいました。みんな何かしらおかしくなっているのかもしれません。

だけどね、医療事務の仕事で10時に帰宅するなんて本当にやめた方がいいです。

レセプト点検はそんなにしなくてもいい。

レセプト点検の時期はどうしても残業が多くなります。なんてかいてある記事もたくさんあるし情報交換しても多く聞く言葉です。

残業時間にかかる人件費コストを考えてみましょう。

時間外の単価は2,000円/hで考えましょう。そんなにもらってないって?時給分だけじゃないんです。社会保険料の会社分もありますし光熱費も必要です。あれこれ増えるので実際は2,000円じゃ足りないでしょう。

5時から10時まで5時間の残業をしたら会社は10,000円が必要です。人件費が6,000円、光熱費が1,000円、社会保険料が1,000円って具合です。

外来で10,000円分の査定を防ぐのには1000点分のミスを発見しなければいけません。外来で1,000点のミスを発見することって多くはないです。

いや、1000点のミスを多く発見して修正している!って人もいるかもしれませんが、そんなに1,000点のミスが多発しているなら、そもそもの算定方法を考えないといけません。

この辺については残業なし継続中!最速のレセプト点検方法を書いておく。という記事に書いてあります。

残業なし継続中!最速のレセプト点検方法を書いておく。
今回は医療事務員最大の見せ所「レセプト点検」について書きます。レセプト点検は残業が多くて大変と言われています。ぼくも医療事務に転職した最初の頃は残業多かったです。月に40時間。レセプト残業をしないぼくが最速のレセプト点検について書いておきます。

それでも査定率は低いですよ。

査定率も気になったので聞いてみました。

一番ではなかったですがトップクラスで低い数字を出していました。0.1%切ってますからね。ちなみに全国平均は社保0.9%・国保0.6%です。

参考資料:審査支払機関の査定率等の比較 (都道府県別)福祉医療HPから抜粋

仕組みを考えて作ってみる仕事も面白いですよ。

5時に帰ってプライベート充実している医事課と10時まで残業して疲れている医事課の査定率が同じならプライベートが充実している方がよくないですか。

関連記事:自分の働いている病院の査定率知ってる?査定率減少の為に報告資料を作りました。

これからも早く帰れるように考えて考えて仕事をしていきます。

本日のまとめ。医療事務も相当ブラックなんで入る病院は考えた方がいいかもね。

医療事務でまとめて考えてしまうと相当ブラックな環境で苦しんでいる人も多くいると言わざるを得ません。本当はそんな職場をみんなやめてしまえば経営者も変わるし賃金も上がるんですけどね。

医療事務はまだまだ人気職種なので低賃金でもブラックでも募集をかければ人は集まってしまうんです。そしてこんなはずじゃなかったと言って退職してしまいます。離職率アップ。悪い噂は広まる。

なので応募する時はしっかりと情報を集めて問題がないか確認してから行動したいですよね。ぼくだけじゃなく他にも医療事務について発信している人は多くいますので相談してみるのも一つの手ですね。

時代が時代なので変わってきている病院も多くあります。医療事務だってちゃんと休めるし給料もあります。しっかり見極めていきましょう。