【40代からの医療事務】未経験でも転職は可能?年齢制限はある?

40歳で医療事務に転職 医療事務の転職

40歳を過ぎてから未経験の医療事務に転職できるのでしょうか。40代の医療事務です。

「何をはじめるにも遅すぎることはない。何かをスタートしようと思った時が人生において一番若い。」というのがぼくの考え方です。

40代の男性といったらそれなりにおっさんですからね。40代になって未経験なのに医療事務に転職したいと思う気持ちは大切にしてあげたいです。

なので今日はそんな40代からの相談に対してぼくなりの考えをまとめてみました。

40代の未経験で医療事務に転職した人もいます。

まず回答。40代で未経験でも医療事務に転職することは可能です。

しかし年齢的な問題があるのも事実です。

頑張っているだけじゃ転職は成功しないしメシは食えません。

相談内容はざっくりと書くと以下の通りです。

  • 40歳を過ぎている男性で未経験の医療事務に転職したほうがいいか?
  • もしくは現在の経験を活かせる仕事をした方がいいか?

いろいろありましたが集約すると上記2点になります。

ほんの
ほんの

ぼくの回答としては難しいかもしれないけど無理じゃないので頑張ってください。となります。

40歳を過ぎてから「未経験」で医療事務に転職した人も実際にいます。

新卒から20年くらい勤めていた会社辞めて転職してきました。全くの異業種&異職種からの転職です。

転職した理由について詳細は知りませんが「リーマンショックにおける売り上げ激減に伴うもの」らしいです。これは僕が前職を退職した理由と似ています。

近隣病院でも40代の未経験医療事務を採用する病院はありましたので希少ではありますがゼロじゃないです。医療事務をやりたいのであれば今からでも諦める必要はどこにもないです。

関連記事:30歳男性医療事務員の給料・年収

関連記事:医療事務の年間休日について調べました。少ない休みは当たり前なの?

迷っているくらいなら進むべき。応募したって合格するかわかりません。

40代になれば仕事だけではなく家族のことも考えないといけません。給料は大丈夫なの?休日は?福利厚生は?なんて具合です。

でも考えているだけじゃ何も解決はしませんからね。とりあえず応募して面接して待遇を確認してからでも遅くはありません。

希望する条件で希望する病院に就職できる保証はありません。募集していたら応募して面接で色々と話を聞いてからでも遅くはないです。

ぼくが現在の病院で働き続けている理由は面接した他院より条件が良いから。逆に言えば、自分の条件にマッチした場所があればいつでも5回目の転職をする準備はできています。

未経験だと足切りされる可能性は大きいですが応募はしていいと考えています。

関連記事
医療事務未経験でも経験者募集の求人に応募してもいいの?
医療事務の求人を見てみると経験者を募集していることが多いですよね。実際にぼくが働いている病院でも採用活動を行うときは経験3年以上。みたいな感じで求人を出しています。 そうすると医療事務未経験の人は医療事務としてのキャリアをスタートさせ...

これから医療事務をスタートするデメリット

未経験で転職をするのだからもちろんデメリットはあります。医療事務に限りませんが、40代で異業種&異職種に転職するだけなら難しい事ではありません。

でも転職して活躍する事はそれなりに難しいです

40歳のおっさんが「すいません。わかりません。」「未経験です。」と言うのはどんな職場でも良いものではありません。特に医療事務は女性が多いです。

仕事のできない40歳のおっさんには冷たい視線が飛んで来るでしょう。

人間は年をとれば体力も気力も衰えてきます。これは紛れもない事実です。

採用担当として考えれば40歳と25歳の未経験なら25歳を選択します。実力が同じなら若い方を採用しますからね。

実力が無いんだから、毎日の晩酌や趣味の時間を最低1年は我慢して医療事務に捧げるくらいの気持ちがないと結局は自分が後悔します。

大事なのは覚悟。やると決めれば全ては動き出す。

「40歳を過ぎて昇給昇格のレースから落ちてしまった。」とか「組織や上司の不満ばかりを言っている自分が嫌だ」みたいな人は転職してみてもいいんじゃ無いでしょうか。

そのまま会社に残っていても出世もできず昇給もしません。場合によっては窓際族になってリストラ対象?それならば行動した方が会社も自分も社会も幸せになります。

成果の残せない場所でダラダラと不平不満を言って生産性の低い仕事をやっているくらいなら、自分の出来る範囲の仕事をちゃんとやった方がいいです。

40歳過ぎてから本当はプロ野球選手になりたかった。と言って練習しても無理ですけど、野球が大好きで、野球の事を考えたり調べたりすることは睡眠時間を削ってでも苦にならないなら、プロ野球に関わる仕事をするのはそんなに難しい事ではないです。

メリットは社会人経験や人生経験が豊富なところ。

ここまで書いた通り、40代の未経験で医療事務に転職するのはあまりメリットがないですね。そして多くの病院では40代の男性医療事務を求めていません。

しかし完全に希望がないかと言うとそうでもないんですよね。

求人を出している時点で求めている人材は若い女の子が対象であることがほとんどです。受付に立ってレセプト点検をして電話対応をしてくれる人を求めているので。

しかし求人を出すまでもないが有能な職員はどこの職場でも欲しいです。課長や部長候補は別枠で採用することも多いです。

つまり、若手と同じ仕事をして勝ち目がないですが、今までの経験を生かして何ができるかをしっかりアピールすれば可能性はあります。

未経験で頑張ります。では採用されません。強みを生かしてゴリゴリアピールしましょう。

本日のまとめ。転職はできないわけじゃないがそれなりの覚悟は必要です。年齢制限はない。

「異動に不服があり」とか「上司のパワハラ」とか「かなりハードな職場」とかメールには書いてありましたが、どんな職場でも同じ可能性はあります。

医療事務だからと言って問題が解決するわけではありません。

梅木さん的に言えば「栽培マン」ですし、イケハヤさん的に言えば「まだ就職で消耗しているの?」です。ちきりんさん的に言えば「マーケット感覚を身につけよう」です。

ちきりん本で考えると、40歳で異業種&異職種は価値がゼロなんです。それを乗り越える気持ちがあれば、後は自分の気持ち次第です。やりたければやれば良い。諦めるなら他を探せばいいだけ。

医療事務に限らず、うまくいくと良いですね。

関連記事:医療事務未経験で合格する面接方法。採用面接官がこっそり教えます。