医療事務的コラム

【新人教育でイライラ】それでも上司は人前でバカにしてはいけない!

新人教育をしながらイライラしている人は多いですね。 いつまでたっても思い通りに成長しない新人に対する焦りや不安もあるし、自分の仕事が計画通りに進まず溜まっていくからというのもあります。 ぼくも新人教育担当を長いこと行ってきたのでイライラして怒ったりする気持ちもわかります。それでも新人はし...
医療事務の働き方

病院の6S活動で大事なポイント。患者さん視点が大事。掲示物は曲がっていない?

病院の中では様々な活動が行われています。6S活動の委員会や行事やイベントの委員会、診療に関する感染、褥瘡、栄養の委員会などがあります。サービス向上委員会なんてのもあります。 病院によって違いはありますがどんな病院でも多くの委員会や活動が行われています。そんな中で6Sや5Sなどと呼ばれる整理整頓...
2018.12.13
医科診療点数(レセプト)

オンライン診療料が新設。現状では医療機関のメリットが少ないですね

2018年診療報酬改定に伴い個人的に超期待していたオンライン診療料も通則や疑義解釈がだいぶ出揃ってきました。 まず最初の感想としてはオンライン診療の適切な実施に関する指針が長すぎる!こんなの読むだけで疲れる。と言うことです。この指針が読みたい人は読んでみるといいですw 新設された項目なの...
2018.12.13
E 第4部 画像診断

時間外緊急院内画像診断加算と他の医療機関で撮影したフィルム等についての診断料

時間外緊急院内画像診断加算は時間外(休日や夜間)診療時間帯に緊急でレントゲンなどの画像診断を実施した時に110点を算定できるものです。 最近の病院はレセプトコンピューター(医事コン)で自動的に加算を行ってくれるのであまり気にしないでも算定が可能です。 ぼくの働いている病院でも時間外診療の...
2018.12.13
ニュースとか医療雑学

【在宅医療とは】在宅4部門の種類や役割についてまとめてみました

在宅医療についてあまり知りませんでした。「在宅」は今回の診療報酬改定でも大きなポイントでしたね。病院側から考える在宅部門の役割は「居宅介護支援事業所」「地域包括支援センター」「在宅診療(在宅医療)」「訪問看護ステーション」があります。
2018.12.12
K 第10部 手術

K920輸血の1回目と2回目について。保存血液輸血の算定方法。

後輩から保存的輸血が1回目なのに800点になる理由がわからないので教えてください。と質問がありました。僕も最初のころに疑問を感じた部分でしたので同じだと思い嬉しくなりました。 診療点数早見表は読解するのに少々癖があります。なので慣れていないと何が書いてあるのかさっぱりわかりませんね。 今...
2018.12.11
D 第3部 検査

ヘリコバクター ピロリ菌検査で内視鏡なし!?保険適応はどうなる?

レセプト点検を行っていたところ、内視鏡等の検査を行わずヘリコバクター・ピロリ感染症の検査を実施している患者さんがいました。 しかもその日は、初診(新患)を算定した患者さんです。そんな時には算定していいのでしょうか? ヘリコバクター ピロリ感染症の保険請求にはルールが定められています。必要...
2018.12.10
D 第3部 検査

超音波内視鏡(EUS)がスタートしました。レセプト算定などについて。

超音波内視鏡検査(EUS)がスタートしました。超音波内視鏡検査とは名前の通り超音波検査と内視鏡検査が同時に実施できます。 基本的には通常の内視鏡検査と同じですが、内視鏡カメラの先端に超音波機器が装備されているため、より近い場所から超音波検査が可能になります。 今まで内視鏡検査の多くは大腸...
2018.12.10
D 第3部 検査

D007-20ケトン体分画が査定!糖尿病性ケトーシスと糖尿病性ケトアシドーシス。

糖尿病の患者さんに実施する検査でD007-20ケトン体分画というものがあります。これが査定になりました。くやしい。 内容としてはヘモグロビンA1cとケトン体分画を同日算定した場合にケトン体分画の査定になるようです。 社会保険支払基金の審査医師の変更があったのでしょうか。もしくはコンピュー...
2018.12.09
K 第10部 手術

アテロームの処理。皮膚、皮下腫瘍摘出術と皮膚切開術の違いについて

手術の術式ってなんでこんなに種類があるんでしょうね? 同じ手術で同じように算定したのに患者さんによって査定や返戻になる事もあります。毎月のように社会保険支払基金から依頼される「手術記録」と「術後のX-P」と「症状詳記」は正直よくわかりません。 今日は皮膚、皮下腫瘍摘出術と皮膚切開術の違い...
2018.12.09