2020年診療報酬改定。これまでの議論の整理が出ました。ちょっと厳しい。手詰まり感があります。

診療報酬改定の話医療事務的コラム
この記事は約4分で読めます。

1月10日に中医協総会の資料がアップされました。

中央社会保険医療協議会総会(第444回)議事次第

そこでこれまでの診療報酬改定の議論が整理されました。これでだいぶ方向性は掴めますね。

その中でめちゃくちゃ無理ゲー感がある内容がありました。

  • 医療従事者の負担軽減、医師等の働き方改革の推進
  • 患者・国民にとって身近であって、安心・安全で質の高い医療の実現

です。

全部読むのは大変ですからまとめておきます。

それではいってみましょう!!

2020年1月10日、中医協総会によりこれまでの議論が整理されました。

2020年診療報酬改定に向けて様々な情報が出ている中、中医協総会が開催されこれまでのポイントをまとめてくれました。

日々、ウォッチしている人にとっては目新しい情報はありませんでしたが、「次の診療報酬改定はどんな感じ?」「情報収集できていないよ!ピンチ!!」なんて人にはありがたい情報ですね。

そのか中で4つのポイントにまとめられていました。

令和2年度診療報酬改定に係るこれまでの議論の整理(案)

  1. 医療従事者の負担軽減、医師等の働き方改革の推進
  2. 患者・国民にとって身近であって、安心・安全で質の高い医療の実現
  3. 医療機能の分化・強化、連携と地域包括ケアシステムの推進
  4. 効率化・適正化を通じた制度の安定性・持続可能性の向上

詳しくは厚労省ホームページからPDFをどうぞ。

※容量が大きいのでスマホの通信制限には気をつけてください。

https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000584055.pdf

大事なキーワードは前回から大きな変更はなし。

基本的には2018年診療報酬改定からの継続となります。

  • 働き方改革
  • ICTの活用
  • かかりつけ医
  • アウトカムの評価
  • 地域包括ケアシステム
  • 在宅医療
  • 後発品

などなど。どれも聞いたことのあるキーワードが並んでいました。

2025年問題を解決するために動いているのでこれは規定路線ですね。

めちゃくちゃ厳しいぞ!手詰まり感がある働き方改革と質の高い医療。

厳しいな。ちょっと無理ゲー感が出ているなと感じたのは、医師等の働き方改革の推進しつつ質の高い医療の実現という部分です。

しかもマイナス改定。少子高齢化。ですからね。

この相反する難題を解決する方法として掲げられている内容では乏しいのではないかと。

働き方の改革を推進するには労働時間削減が必要です。でもそのために必要な人員の確保は限界に達しています。むしろ少子高齢化の波が出ています。

ではテクノロジーなどコンピューターの力を使って解決しよう!としてもマイナス改定で予算が足りない。数年前の微妙な電子カルテを使っている病院も多い。

それで質の高い医療を提供しましょう。なんて具合ですからね。

ぼくみたいな庶民派の病院事務が考えても「やばいんじゃない?」ゴールまでの道筋が見えないとなります。

本日のまとめ。明るい未来は描けない。それでも2020年診療報酬改定はやってくる

現段階でわかっていることをまとめると2020年診療報酬改定はマイナス改定です。大事なキーワードは前回2018年診療報酬改定から変更はなし。

マイナス改定は0.45%です!!!!!!!!

働き方改革を推進させたい意向ですがちょっと厳しい。手詰まり感がある。というのが今日のまとめになり感想になります。

個人的にはもっと大きな変更にした方がいいと考えていますが、日本全国の医療機関や日本国民を考える必要もありますから難しいのでしょう。

もう時間はありませんが少しでもいい方向に議論が進むと良いですね。

財務省が診療報酬の引き下げについて発言したよ。何を言っているの?厚労省は怒った方がいいけど喜んでいるのかもね
財務省がメチャクチャな事を言いましたね。これらのニュースをまとめると財務省:財源が不足しているからマイナス改定にして財務省:21年の介護報酬にもつながってくるよ医師会:ふざけたこと言ってるんじゃない反対となっています。この問題は消費増税を決めた財務省が診療報酬は下げてくれな...
【消費税増税に伴う診療報酬改定】2019年10月1日から開始です。変更ポイントのまとめ。
2019年10月1日に消費税が10%にアップによる診療報酬改定が行われます。改定率は本体:0.41%引き上げ薬価:0.51%引き下げ医療材料:0.03%引き上げ診療報酬全体では0.07%マイナス改定となりました。ちなみに介護は +0.39%です。具体的にはまだまだ不透明ですが、ブロ...