夜間休日救急搬送医学管理料が600点に増点で平日夜間もOKです。

救急車とぼく B 第1部 医学管理等

今月のレセプト点検で知らない人がいました。これは大きく増点されましたし算定要件も緩くなったので、病院にとっては嬉しい改定になった数少ないものです。

B001-2-6夜間休日救急搬送医学管理料が600点に増点です。今日はこの管理料について書いておこうと思います。

2018年の診療報酬改定では救急搬送看護体制加算200点が新設されましたので追記してあります。

B001-2-6夜間休日救急搬送医学管理料について

これは、すごく簡単に書くと「時間外に救急車に乗ってきた初診の患者さんには点数をあげる」って事です。ポイントとしては「救急車で来院」「初診」「時間外」です。

細かく解説していきます。

救急車で来院について

これは言葉の通り救急車で来院することが算定要件となっています。

つまり、自家用車やタクシーに乗って自力で来院した患者さんには算定できません。(0点)

病院としては、どうせ夜間に来院するなら救急車で来てくれた方が高い点数を算定できます。(600点)

※自分の働いている病院では無いですが、救急用のヘリコプターもOKです。

初診に患者さんについて

これは初診を算定出来ればいいので新患でなくてもOKという事になります。

1年前に風邪で来院した人なら今回はカルテはありますが「初診」なので600点が算定できます。

時間外について

ここは今回2016年の診療報酬改定で要件緩和された部分です。

以下の時間に救急車で来院した初診の患者さんの場合は算定できます。

  • 平日 夕方18時~翌朝8時
  • 土曜 正午12時~
  • 日祝 終日24時間

※以前は平日の夜間は算定できませんでした。

診療点数早見表も確認しておきましょう。

B001-2-6 夜間休日救急搬送医学管理料 600点

1 別に厚生労働大臣が定める施設基準を満たす保険医療機関において、当該保険医療機関が表示する診療時間以外の時間(土曜日以外の日(休日を除く。)にあっては、夜間に限る。)、休日又は深夜において、救急用の自動車等により緊急に搬送された患者に対して必要な医学管理を行った場合に、区分番号A000に 掲げる初診料を算定する初診の日に限り算定する。

2 急性薬毒物中毒(アルコール中毒を除く。)と診断された患者又は過去6月以内に精神科受診の既往がある患者に対して必要な医学管理を行った場合には、精神科疾患患者等受入加算として、400点を所定点数に加算する。

追記。救急搬送看護体制加算が新設されましたね。【2018年診療報酬改定】

高齢化社会に対応するために重症者の救急車を多く受け入れている病院に対し加算を取れるようにしてきました。算定ルールはちょっとぼくの働いている病院では厳しい感じです。

算定のルールは

  • 救急車の搬送患者数が年間200件以上であること
  • 重症救急患者の受け入れに対応する専任の看護師を配置すること

となっています。

専任の看護師はB1ー2ー5院内トリアージ実施料を算定する専任の看護師と兼ねることができますので、これを算定している病院であればそのまま算定できることになります。

また施設基準の届け出も必要になります。

本日のまとめ

2016年の診療報酬改定で200点から600点へ大幅に増点されました。

外来で600点の算定は大きいので漏れの無いようにしておきたいですね。救急車で来院した場合は平日昼間でも算定していいのではないかと思っていますが今回の改定でも救急診療に対する評価があったので良かったと考えます。

厚労省のHPへのリンクです → 中央社会保険医療協議会総会審議会資料 |厚生労働省

2018年でも救急車に関する加算を出してきました。

これは次の診療報酬改定でもなんか加算か増点があるかもしれませんね。