内視鏡写真診断70点は再診時には算定できない!初診時に算定可能です。

D 第3部 検査

またまた社会保険支払基金のオリジナル査定にやられました。(2018年の診療報酬改定で正式に明文化されました。)

他医療機関から紹介状と一緒に持参した内視鏡写真の診断料70点が査定になりました。という話です。

この患者さんは僕が働いている病院がかかりつけなので当然再診料を算定しました。そうしたら見事に査定になりました。

今日はそんな内視鏡写真診断70点は再診時には算定できない!って話です。

内視鏡写真診断70点は再診時には算定できない

最初に結論から書いておきます。

内視鏡写真診断70点は再診時には算定できません!!

内視鏡写真診断70点は初診時にのみ算定可能です!!

これにつきます。以上。

診療点数早見表にはこう書いてある。

念のため確認しておきましょう。検査の項目の中にある内視鏡の通則の部分になります。

3 当該保険医療機関以外の医療機関で撮影した内視鏡写真について診断を行った場合は、1回につき70点とする。

ここだけ読んでいると初再診については書かれていません。

しかし通則の後にある注釈が追記になりました。

2018年診療報酬改定で初診時のみと記載がされました。

今までは社会保険支払基金オリジナルの査定だったものがやっと明文化されました。

(3)「通則3」の当該保険医療機関以外の医療機関で撮影した内視鏡写真について診断を行なった場合の点数は、A000に掲げる初診料を算定した日に限り、算定できる。

このように初診を算定した時だけ算定が可能になります。

CTMRIの写真診断と同じになりましたね。

今までの問題点は診療点数早見表には書いていない事。

診療点数早見表には書いていないのに社会保険支払基金オリジナルの査定ルールがあります。これって大きな問題だと思っているんですけどあまり取り上げられないです。

社会保険支払基金や国保連合会には独自の査定ルールが多々ありますね。北海道ではOKなのに沖縄ではNGみたいなことがあります。

また診療点数早見表には書いていないのに社会保険支払基金や国保連合会では認めていないなんてこともあります。

今回の事例も医療事務必須の診療点数早見表に2018年診療報酬改定でやっと記載されました。

もちろん査定があったので社会保険支払基金に問い合わせをしました。

納得ができなかったので社会保険支払基金に電話です。

そしたら、ますます納得ができない解答がありました!!

「そうなんですよ。どこにも書いていません。神奈川県では初診時のみの算定としています」

??????????

はぁ?ってなりました。

しかし、社会保険支払基金さまがおっしゃるので従うことにしました。70点ですし。

本日のまとめ

こんなことがあると診療点数早見表を読む意味がありませんよね。

どこにも書いていない部分での査定になるんですから。

社会保険支払基金や国保連合会などの審査機関のやりたい放題です。

いまだによくわからない「医学的判断」と同じです。

なので他都道府県ではわかりませんが、内視鏡写真診断70点は再診時には算定できない!初診時に算定可能でしたので注意してくださいね。

2018年の診療報酬改定でやっと記載されましたので少しは意味不明な査定が減ると良いですね。

内視鏡写真診断70点は再診時には算定できません!!

内視鏡写真診断70点は初診時にのみ算定可能です!!

ヘリコバクター ピロリ菌検査で内視鏡なし!?保険適応はどうなる?
レセプト点検を行っていたところ、内視鏡等の検査を行わずヘリコバクター・ピロリ感染症の検査を実施している患者さんがいました。 しかもその日は、初診(新患)を算定した患者さんです。そんな時には算定していいのでしょうか? ヘリコバクター ピロリ感染症の保険請求にはルールが定められています。必要...