【他医療機関撮影の写真診断】内視鏡写真診断70点は再診時には算定できませんね。初診時にのみ算定可能。

D 第3部 検査

今日は他の病院で撮影した写真を自分の病院で確認診察した時【他医療機関撮影の写真診断】の算定方法について書いておきます。

そもそも他医療機関撮影の写真診断については2種類のパターンが考えられます。

  1. レントゲン写真診断
  2. 内視鏡写真診断

ですね。

ほんの
ほんの

今日はその中でも内視鏡写真診断についてです。

最初に結論から書いておくと、

  1. レントゲン写真診断 →初診以外でも算定可能
  2. 内視鏡写真診断   →初診時に限り算定可能
画像系ではコンピュータ断層診断料(CTやMRIで算定できる)もありますが、こちらは初診時に限り算定できます。

そもそも2018年の診療報酬改定までは正式に明文化されておらず国保ではOKなのに社保ではNGなんて具合でした。

他医療機関から紹介状と一緒に持参した内視鏡写真の診断料70点が査定になりました。という話です。かかりつけの患者さんなので再診料を算定したら査定になりました。

内視鏡写真診断70点は再診時には算定できませんね。

もう一度結論を書いておきます。

内視鏡写真診断70点は再診時には算定できません!!

内視鏡写真診断70点は初診時にのみ算定可能です!!

これにつきます。

以上。

今日の話はここで終わってもいいくらいですがもう少し詳しく書いてみます。

診療点数早見表にはどのように書いてかるか確認してみよう。

医療事務員のバイブル診療点数早見表も確認しておきましょう。

書いてあるのは検査項目の中にある内視鏡通則の部分になります。

3 当該保険医療機関以外の医療機関で撮影した内視鏡写真について診断を行った場合は、1回につき70点とする。

ここだけ読んでいると初再診については書かれていません。

ほんの
ほんの

なんだ算定してもいいんじゃないか!

なんて考えてしまいそうですが、通則の後に注釈が追記されました。(2018年の診療報酬改定で初診時のみと記載がされた)これを見逃してしまうと査定になりますね。

しっかり最後まで確認しましょう。

今までは社会保険支払基金オリジナルの査定だったものがやっと明文化されました。

(3)「通則3」の当該保険医療機関以外の医療機関で撮影した内視鏡写真について診断を行なった場合の点数は、A000に掲げる初診料を算定した日に限り、算定できる。

このように初診を算定した時だけ算定が可能になります。

CTMRIのコンピュータ断層診断料と同じになったので覚えやすいかもしれません。

診療点数早見表に書いていない査定や返戻が多すぎることについて

診療点数早見表には書いていないのに社会保険支払基金や国保連合によるオリジナル査定ルールがあります。これって大きな問題だと思っているんですけどあまり取り上げられないです。

社会保険支払基金や国保連合会には独自の査定ルールが多々ありますね。北海道ではOKなのに沖縄ではNGみたいなことがあります。

また診療点数早見表には書いていないのに社会保険支払基金や国保連合会では認めていないなんてこともあります。

あとは、ぼくが個人的に嫌っている医師による医学的判断による査定も意味不明ですよね。ダメならダメと記載するべきでしょう。

よくわからない判断に対しチェックして疲弊する医療事務がどれだけ多いことか…。

納得ができない査定については社会保険支払基金や国保連合に問い合わせをしますが、

そうなんですよ。どこにも書いていません。神奈川県では初診時のみの算定としています。

審査医師による医学的な判断になります。

ほんの
ほんの

??????????

みたいなこと普通に行われているのが診療報酬の世界ですからね。これって他の業界なら考えられない出来事です。

本日のまとめ

今日は他医療機関撮影の写真診断について書いてみました。

  • 初診時のみ算定可能:内視鏡写真診断 コンピューター断層診断
  • 再診時でも算定可能:レントゲン写真診断

このようになっているのでしっかりと覚えておきましょう。

MRIに必要なレセプト病名と査定返戻について。初診時は特に注意!
MRIが査定になりました。かなしい。MRIに限らずCTやレントゲンなど画像撮影は査定へ返戻が多くなる傾向がありますよね?これは医学的判断というグレーな理由が多用できるからだと考えています。病院としてはMRIの査定や返戻は点数も高いのでできることなら避けたいですね。査定率などにも大きく影響して...
ヘリコバクター ピロリ菌検査で内視鏡なし!?保険適応はどうなる?
レセプト点検を行っていたところ、内視鏡等の検査を行わずヘリコバクター・ピロリ感染症の検査を実施している患者さんがいました。 しかもその日は、初診(新患)を算定した患者さんです。そんな時には算定していいのでしょうか? ヘリコバクター ピロリ感染症の保険請求にはルールが定められています。必要...