大腸内視鏡検査の体験談。食事や睡眠導入剤など大腸カメラについて

ニュースとか医療雑学

大腸内視鏡検査の体験談です。まさか自分が大腸内視鏡検査・大腸カメラを行う日がくるなんて思ってもいませんでした。

大腸内視鏡検査のレセプトはたくさん点検してきましたし、たくさんの患者さんへ大腸内視鏡検査の説明をしてきました。

でもぼく自身は大腸内視鏡検査を体験したことはありませんでした。やっぱり自ら体験したことは説明するにも説得力が違いますね。

ということで今日は大腸内視鏡検査・大腸カメラについての個人的な体験談を書いておきます。

大腸内視鏡検査・大腸カメラを体験しました。

会社の健康診断で大腸内視鏡検査をすることになりました。なんか糞便検査で血が含まれていたようです。まさかの要精密検査。

正直、大腸内視鏡検査は恥ずかしいので他の病院で行おうと考えました。だって自分の働いている病院でケツを晒すのは嫌じゃないですか。

でも最終的には働いている病院で行う事にしました。自分の働いている病院なら医療費補助がありますので実質無料で検査を行うことができます。

他の病院で大腸内視鏡検査を行うには金銭的な負担もあります。

関連記事:病院勤務で医療費無料?医療事務の福利厚生、医療費補助について。

病院勤務で医療費無料?医療事務の福利厚生、医療費補助について。
病院で働くことになって1番のメリットだと感じている事は医療費が無料になったことです。普通の一般企業では風邪気味でも休んで病院に行くことが難しかったりしますよね。混んでいるし。 しかし病院勤務では体調が悪くなれば診察時間の最後なんかに受...

大腸内を綺麗にするため前日から大腸検査食エニマクリンです。

前日から「エニマクリン」という大腸検査食を食べるように指示されました。おかゆとか消化に良い食べ物でもOKでしたが何事も体験しておこうと考えて購入しました。

アマゾンや楽天でも購入できますが病院の売店が買いました。利益貢献!これは医療時ではないので実費です。

とりあえずエニマクリンの感想としてはカロリー不足なのでつらい!って事です。ぼくはエニマクリンでしたが他の大腸検査食も似たようなものでしょうね。

そして美味しいものでもありません。やはり食べることは生きる事なんだと実感しました。

前夜には下剤を飲んで就寝。しかし腹痛で寝れない!!

ほら、僕って普段から快調じゃないですか?便秘で困る事がない人生だったので下剤も初体験。起きているとお腹もすくので早めの就寝です。

しかし前日は大腸検査食のエニマクリンだけを食べていましたので、どうしても空腹モードになります。

それでも我慢して寝ようとするとなにやらお腹が痛い。そうです。就寝前に服用した下剤の効果が現れてきました。そこからはトイレとベットを往復する時間のスタートです。

ただでさえ検査食で体力を消耗しているところに、下剤による腹痛&トイレによる睡眠不足も加わりました。

朝から病院で最終モビプレップ。アクエリアスのような味がしました。

なんとか朝を迎える事ができました。いやー。辛かった。トイレと仲良しになり、もう離れられないかと思いました。

朝食は無しと注意事項の紙に書いてあったので何も食べないで病院に行きました。病院についたらニフレックやモビプレップなどを服用してさらにお腹の中をキレイにします。

これは自宅で行う人もいますね。クリニックなどで大腸内視鏡検査をやる場合はスペース不足の関係上、自宅で行うところが多いそうです。

1リットル以上の下剤(水分)は思っている以上に大変でした。普通に水を1リットル飲むのだって大変ですからね。それなのにモビプレップは変な味のアクエリアスみたいな味がします。

水様便になったらオーケーです。僕は前日から検査食エニマクリンを食べていたので綺麗な?便になるもの早かったです。

一緒にモビプレップを飲んでいたおばさんは苦戦していました。

検査までの時間は休憩室で仮眠をしていました。いよいよ大腸内視鏡検査の開始です。

検査までの時間に余裕があったので休憩室で仮眠をしました。前日からの寝不足&体力不足でぐっすりと寝てしまいました。危うく検査時間を寝過ごすところでした。

検査直前に点滴をして様々な薬剤を投入されます。そしてお尻の穴だけ開いているズボンに履き替えます。恥ずかしい!

その後検査ベットに移動したのですが、睡眠導入剤を利用したので意識が無くなりそうな感じになりました。

検査自体は15分程度で終わりました。検査のことはあまり覚えていません。睡眠導入剤が残っているのでベットで1時間程度横になりました。

そして帰宅。後日には結果説明です。

1時間ほどしたら看護師に起こされました。

当日の注意事項としては運転はダメ。食事は軽いものがいいけど制限はない。と言われました。ご飯が美味しくたべれるのはいいことですね。お風呂に制限もありません。

検査当日に結果説明してくれる病院もあるみたいですが後日になるそうです。

ちょっとドキドキしながら結果説明を受けるために診察に行きました。

まぁこのブログを続けているように大腸癌も大腸ポリープと潰瘍性大腸炎もクローン病もなしでした。

健康診断の便検査の時に少し切れただけだと思う。って感じでした。なので詳細は不明です。とりあえず良かったです。

大腸内視鏡検査の費用は自費の大腸検査食と合わせて10000円くらいです。

最後に大腸内視鏡検査の費用についてです。あくまでぼくが必要だった費用です。病院によっても多少の前後はあります。

睡眠導入剤を使うとか検査食を買うとかなどです。ポリープがあったり組織を取ったりすれば料金も高くなります。

ぼくはポリープも組織も取っていません。普通の大腸内視鏡検査になります。検査食を購入しないで自分でお粥などを作ればもっと安くなりますね。

  • 大腸検査食 3000円くらい
  • 大腸内視鏡 6000円くらい

なので合計では9000円くらい必要な検査になりますね。これが大腸ポリープ切除術などだったらポリープの切除した大きさや個数にもよりますが最大で3万円くらいになります。

関連記事:K721内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術におけるD414内視鏡下生検法(1臓器につき)について

画像診断の技術が発達してCTだけでわかればいいですね。

大腸CT撮影検査(3D-CT)の算定要件。保険適用はどうなるの?
大腸検査に新しい方法が可能になりました。大腸CT撮影です。3DCTなんて言われています。新機種が導入されました。大腸CT撮影検査(3D-CT)可能にな最新機種です。 新しい機会が導入されるってことは新しい算定方法がはじまるってことです...