K第10部 手術

K第10部 手術

皮膚皮下腫瘍摘出術は病理組織標本作製が必須です。皮膚切開術との違い

「皮膚皮下腫瘍摘出術」と「皮膚切開術」との違いについて判断する方法について書いておきます。 医療事務を始めたばかりの頃、どっちで算定したらいいのか悩むことが多かったです。 医療事務的(レセプト診療報酬上は)には病理組織標本作製の有無で判断ができます。K006皮膚、皮下腫瘍摘出術を算定するにはN0...
2019.09.17
K第10部 手術

手術後の輸血料を算定。自己血貯血からの自己血輸血について。

手術を施行した患者さんへ輸血料を算定しました。 急性期病棟など手術を多く実施するところでは輸血の算定も多くなります。輸血は外来診療で算定はあまり多くないです。外来受診で輸血が必要になるような人は少ないです。 輸血料の算定はなかなか難しいですね。いくつかの項目が別れています。 今回は自己血貯血を...
2019.09.10
K第10部 手術

K920輸血の1回目と2回目について。保存血液輸血の算定方法。

後輩から保存的輸血が1回目なのに800点になる理由がわからないので教えてください。と質問がありました。 ほんの ぼくも最初のころに疑問を感じた部分でした! なので後輩も同じ疑問にぶち当たったのだと嬉しくなりました。 診療点数早見表は読解するのに少々癖があります。慣れていないと何が...
2019.08.31
K第10部 手術

マレット指(マレットフィンガー)手術に対する査定返戻対策をやったよ。

マレット指(マレットフィンガー、バネ指)の手術に対する査定や返戻が急増しています。審査機関に嫌われている?なのでマレット指に対する手術には最初から症状詳記と手術記録とオペ後X-Pを添付することにしました。今日は病名マレット指について書いておきたいと思います。
2019.08.29
J第9部 処置

鎖骨骨折に対する骨折非観血的整復術(徒手整復)と鎖骨又は肋骨骨折固定術について。

鎖骨骨折に対する骨折非観血的整復術の算定方法についてです。 鎖骨を骨折した患者さんに対して処置を行った時に算定できる方法としては骨折非観血的整復術(徒手整復)と鎖骨又は肋骨骨折固定術になります。 どちらが正解で、どちらが間違いということではありませんが病院に受診して固定するのであれば骨を正常な位...
2019.08.22
K第10部 手術

大腸ハルトマン手術を算定したので術式やレセプトについて。

外科の医師が働いている病院で新しい手術をはじめました。その名もハルトマン手術です。 はじめて算定する手術は不明点をオペ室の看護師や医師に質問をして教えてもらいます。 そもそも患者さんのカルテに「ハルトマン手術」と記載があってハルトマン?なんだそれ?知らないな。ピンチ!!となりました。 ぼくの少...
2019.08.08
J第9部 処置

kワイヤー抜去・キルシュナー鋼線などの抜去は創傷処置?処理?骨内異物除去?

レセプト点検の最中に外来診察室で実施された処置内容についてみんなで議論しました。 タイトルにもある通り「kワイヤー抜去・キルシュナー鋼線などの抜去」は何で算定すればいいのか?についてです。 Kワイヤーやキルシュナー鋼線を使用する算定方法は病院独自で算定していることが多いのではないでしょうか。場合によ...
2019.08.07
K第10部 手術

自動吻合器加算の算定方法。レセプトに必要なまとめ。自動縫合器加算と似ているけど違いますね。

自動吻合器加算と自動縫合器加算は手術時に算定する加算のひとつになります。 名前も似ているので間違えてしまいそうになりますね。ぼくの働いている職場でも混乱している後輩がいました。確かに名前も似ています。 自動「吻合」器加算と自動「縫合」器加算。 これは言葉通りの違いなんですが算定では少々混乱しま...
2019.07.27
K第10部 手術

創傷処理における麻酔(キシロカイン等)は必須ですね。レセプト情報。

今日は創傷処理における麻酔の必要性について書いておきます。 そもそも創傷処理とは、切・刺・割創又は挫創に対して切除、結紮又は縫合(ステープラーによる縫合を含む。)を行う場合のことを言います。 結構幅が広い算定方法になります。外科での算定が多い項目です。 今月のレセプト点検はいかがでしたか? ...
2019.07.12
K第10部 手術

ORIF骨折観血的整復術後の超音波骨折治療法(セーフス・アクセラス)が査定。症状詳記が必要。

骨折超音波治療法の査定がありました。異議あり! なので、骨折超音波治療法について勉強しました。 病院によっては骨折超音波治療法なんて言わないでセーフスやアクセラスなんて言う場合もあるかもしれません。 骨折超音波治療法には難治性骨折超音波治療法というより高得点が算定できるものもあります。レセプト...
2019.06.27