K 第10部 手術

K 第10部 手術

自動吻合器加算のレセプト。自動縫合器加算と似ているけど違いますね

自動吻合器加算を算定しているのですが自動縫合器加算と似ているので混乱している後輩がいました。確かに名前も似ています。自動「吻合」器加算と自動「縫合」器加算。 これは言葉通りの違いなんですが、イザ算定するとなると少々混乱します。 手術によっては両方を算定できるものありますし、それぞれ算定で...
2018.08.24
K 第10部 手術

【レセプト情報】複数の指に対する手術。算定が可能な手術のまとめ。

今日は指の手術について勉強したので書いてみたいと思います。指の手術って意外と算定が複雑なんですよね。 過去にも指に対する骨折観血的手術の査定がありました。指の手術って複数指にかかる手術をした時は複数の算定できるのが基本です。 しかし、指の場所や手術によっては同一手術野となるんですよね。中...
2018.07.24
K 第10部 手術

自動縫合器加算の算定ができる手術一覧。査定になったので要注意。

外科系手術を行う病院であれば自動縫合器加算は多く算定している項目ですね。ぼくの働いている病院でも多くを算定しています。この自動縫合器加算は点数も2500点と大きいです。 この点数が査定になると点数が大きいためインパクトがあります。なのでしっかりと確認をして算定をしなくてはいけません。しかし、悲...
2018.07.23
K 第10部 手術

骨折非観血的整復術の同日2回実施。徒手整復で算定ミス。レセプト情報。

骨折非観血的整復術はどんな理由があろうとも同日2回しても算定することはできません。そんな徒手整復で算定ミスがありました。 詳記を書いてもどうしても同日に同部位に対する骨折非観血的整復術は査定対象になりますので要注意ですね。平気な病院あるのかなぁ。 そもそも普通に考えたら同部位に対して2回...
J 第9部 処置

ステリーテープ(ステリストリップ)材料の算定不可です。創傷処理?創傷処置?

ステリーテープ(ステリストリップ)は算定できるのか?という質問があったので書いてみたいと思います。 診療や手術で使用するテープや包帯関係の材料は保険請求できるものと出来ないものがあります。種類も多いのでどうしたらいいのか悩みますね。 僕もまだまだわからないことたくさんあります。 そ...
2018.04.22
K 第10部 手術

【査定情報】デブリードマン加算の算定要件。レセプト病名はどうする?

今月の査定をチェックしていたらデブリードマン加算が査定になっていました。またお得意の「医学的判断?」って思っていたら単純なこちらの算定ミスでした。 デブリードマン加算は創傷処理における基本的な部分になりますので要確認しておきました。なので今日はデブリードマン加算の査定についてです。
2018.04.14
J 第9部 処置

【査定情報】副木の月2回算定は症状詳記でもダメだった話。

今月の査定の中に副木の査定がありました。 副木やギプスは査定対象になる確率が高いような気がします。診療点数早見表にも明確な上限回数が決めれているわけではありませんので、審査機関が大好きな「医学的判断」が通用します。 今日はそんな副木の査定について書いてみたいと思います。 副木を月2回算...
2018.04.04
K 第10部 手術

K070ガングリオン摘出術でN000病理組織標本作製(T-M)は査定です。

K070ガングリオン摘出術でN000病理組織標本作製(T-M)を算定すると査定対象です。これはもう医学的に判断すればどうしようもない事実になります。くやしいけど。 今日はそんなガングリオン摘出術で病理組織標本作製(T-M)を算定すると査定になる理由について書いておこうと思います。
2018.03.29
K 第10部 手術

手術の術式(Kコード)が多いですよね。医師によって異なる意見でした。

一般病棟で膝骨折のため入院手術の患者さんがいました。入院して手術するような人の中には複数の骨折があることも多々あります。骨折と腱断裂がある場合も多いですね。 手術の術式(Kコード)はとても多くすべての術式について詳細に説明できる人はいないでしょうね。そんな手術の術式(Kコード)について医師によ...
2018.03.24
K 第10部 手術

関節鏡下関節滑膜切除術の適応病名。くやしい!返戻情報。

あー。くやしい!先月までOKだったのに今月からNGになるってことが診療報酬の世界では多々ありますね。僕の大嫌いな医学的判断って言うやつです。今月の返戻の中に関節鏡下関節滑膜切除術を実施したレセプトがありました。適応病名を確認してください。 今日はそんな関節鏡下関節滑膜切除術の返戻について書いて...
2018.03.23
2016年 診療報酬改定

創傷処理におけるステープラーによる縫合(真皮縫合)について。診療報酬改定2016

診療報酬改定の謎解きが続いています。本日は第10部手術K000創傷処理について新設された文言「ステープラーによる縫合」についてです。ステープラーってなんだ?ってところからのスタートになりました ステープラーってなんだ? 知りませんでした。ホチキスの事だったんですね。 でも正しくはステープラ...
2018.03.21