病院で入院保証金や預り金の必要理由。相場金額はどのくらい?払えない場合は?

ニュースとか医療雑学
この記事は約4分で読めます。

医療事務は入院する患者さんに入院保証金や預り金について説明したり質問されたりする機会が多いです。ぼくの働いている病院で入院保証金や預り金の件で対応しています。

でも、病院で入院するのに入院保証金や預り金が必要な理由はあるんでしょうか。入院保証金や預り金が払えない場合はどうしたらいいんでしょうか?もしかして入院することもできない?

今日は病院における入院保証金や預り金についてまとめてみました。

入院保証金や預り金の相場。どのくらい支払う必要があるの?

インターネットで入院保証金や預り金の相場を調べてみました。ざっくりした金額になりますが30,000円~100,000円くらいが相場となっていました。

良心的?な病院だと20,000円くらいに設定している病院もありますし、高額な病院だと150,000円以上になっている病院もあります。

つまり入院保証金や預り金は病院が独自に設定していい金額となっています。

ほんの
ほんの

0円でもいいし、1,000,000円でもいい。

芸能人や有名人がお忍びで入院する場合は高額になることもありますね。

病室、年齢、保険の有無で細かく区分けしている病院もある

病院によっては保険証の種類や年齢で区切っていることもありますし、入院する病室で支払額が大きく変わることもあります

【病室で入院保証金を変更している場合】

  • 個室に入院   15万円
  • 2人部屋に入院 10万円
  • 4人部屋に入院  5万円

みたいな感じで入院する病室に応じて設定している病院もあります。

【年齢で入院保証金を変更している場合】

  • 75歳以上(後期高齢者3割負担) 5万円
  • 75歳以上(後期高齢者1割負担) 3万円
  • 74歳以下           10万円

こんな感じで年齢に応じて分けている場合もあります。

【保険証の種類で入院保証金を変更している場合】

  • 国保 10万円
  • 社保 10万円
  • 後期  5万円
  • 労災  2万円

保険証に応じて変更している病院もありました。

なので一概に入院保証金がいくらになります。とは言えません。

ほんの
ほんの

医療証を持っている場合は不要になる病院も多いですね。

病院側から考えた入院保証金や預り金が必要な理由

これはもう未収金に備えているだけです。未収金に対する保険ですね。病院として一番恐れているのは入院時に提供した医療費を回収できないことです。

退院日になって「実はお金が無いんです。」なんて言われた日には医療事務としてはメチャクチャ困る訳ですからね。

患者さんの中には支払困難で入院費が払えません。みたいな最悪のケースなんですが、結構多いのが問題になっていますね。医業未収金の多さは以前書きました。

病院も慈善事業ではありませんのでしっかりと利益を確保する必要があります。

保険証があれば7割(9割)は回収が可能です。なので患者負担相応額をあらかじめ頂いておこう!と考えたわけです。

厚労省も認めています。

厚生労働省:医療機関の未収金問題に関する検討会の資料について

■入院等に当たっての保証金の取扱いについて(資料5-1)http://www.mhlw.go.jp/shingi/2007/10/dl/s1005-8j.pdf

入院保証金や預り金が払えない場合はどうする?

入院保証金や預り金が払えない患者さんも中にはいます。

そんな時の考え方や対応は病院によっても様々ですが、入院保証金や預り金が支払えない患者さんは入院費も支払えない可能性が高い患者さんです。

そんな患者さんを入院させて未収金が発生するのを指をくわえているだけでいいのでしょうか。公立病院ならまだしも一般病院には無償で奉仕する理由はありません。

ここが難しいところですね。

ぼくが働いている病院では入院保証金や預り金が払えない患者さんには入院費の概算を計算して最終的に必要な金額を事前にお伝えしています。

今回の入院は10万円程度が必要になります。みたいな感じです。

本日のまとめ。

入院保証金や預り金を支払えない患者さんは、入院しても入院費を支払うこともできず未収金が発生する可能性が非常に高いです。

そのような場合には入院中の年金支給日や給料日の有無なども確認し、それでも無理と判断すれば入院をお断りすることもあります。

なんにせよ病院として、医事課として共通のルールを作成して置くことが望ましいですね。

2020年4月から連帯保証人のルールが変更になるよ。入院保証人の用紙も変更が必要ですね。
2020年4月から連帯保証人のルールが変わります。簡単に変更点を書くと限度額(上限額)の定めのない個人の根保証契約は無効となります。保証人と違い連帯保証人にはとても大きな効力がありましたが、個人に関しては手厚いルールが設けられることになりました。今日はそんな2020年4月から連帯保証人の...
【入院時に保証人が必要】金銭的な理由以外について考えてみる。
多くの病院では入院時に患者さんから保証人を求めていますね。「多くの」なんて書きましたが入院保証人が不要な病院があるのでしょうか?ほんの少なくともぼくは知りません。保証人とザックリ書きましたが連帯保証人や身元引受人などいろいろな名称があります。今日はこの入院時に保証人が...
医業未収金が大変な事になっている。最早、国単位で考える時ですね。
ほんの今日は医業未収金について書いてみたいと思います。医業未収金とは、病院で回収できるハズのお金が入ってこない!困った。という状態です。病院は診療を行いその対価としてお金をいただきます。患者さんは病気やケガのため治療を受けてお金を支払います。まぁ、普通の流れでしょう。ギ...