医業未収金が大変な事になっている。最早、国単位で考える時ですね。

ニュースとか医療雑学

診療報酬改定で忙しい中、医業未収金のセミナーに参加してきました。

そもそも診療報酬改定であれやこれやとやっている理由は「お金がないから」ですよね。地域包括ケアシステムとかカッコイイこと言っていますけど。

根本は高齢者が増え続け医療費の財源が不足している!ピンチ!ってことになります。

そんな中、医業未収金の問題も解決していかないと大変なことになるよ。診療報酬ばかりではなく医業未収金についてもちゃんと考えていきましょう。って話です。

医業未収金が過去最大級に膨れ上がっている。

ぼくの働いている病院の数字なので詳細は書けませんが、医業未収金が前年比から見ても2倍近い数字に増えています。医療行為を受けたのにも関わらずお金を払っていない人がどんどん増えているってことです。ピンチ!!

会計担当が回収業務をサボっている訳ではありません。今まで通りのフローで回収作業は行なっております。しかし年々少しずつ回収率が悪化していっています。「お金をもっていない患者さん」が増えてきているということ。

病院側で未収金を発生させない努力はもちろん行っていますが、努力だけではどうしようもできない事も多くあります。

医業未収金は年間400〜500億円ともいわれている。

参加した勉強会では医業未収金は全国の病院で年間400〜500億円とも言われているそうです。400億円って無視できない金額ですよね。

これが全部回収出来たら僕の給料も相当増えます。

ぼくの働いている病院の未収金をふまえてみても、この数字はそれなりに信ぴょう性のある数字だと考えています。大病院の未収金については想像でしかないですけど。

自分の働いている病院の医業未収金がどのくらいあるのか知っておくといいですよ。

医業未収金が増える理由。患者さんに優しい医療制度。

僕は知らなかったのですが日本の医療法だか医師法では目の前に病気やケガの患者さんがいたら医療行為をしなくてはいけません。つまり、その患者が無保険証だろうと宇宙人だろうと無視する事は禁止されています。病気ケガとお金は別問題なんです。医療倫理ってやつです。

これは飲食店など他業種では考えられない出来事ですね。

お金を持っていない人はコンビニではお腹を満たすことは出来ません。日本が世界に誇る国民皆保険制度ですが、現場では崩壊寸前となっています。

病院勤務なので本来であれば増収だから喜ぶ事態なのに誰も幸せになれない。職員みんな疲弊しているし患者も患う。答えは出ているハズなのに実行に移す行動力と決断力がない。

病院は未収金を発生させやすいです。救急や生保や自賠や労災。例をあげればキリがありませんね。スーパーやコンビニとは違います。

未収金を発生させない仕組みが大事ですね。

「未収金=悪」と決めて医事課全体で病院全体で未収金を発生させないようにしなくてはいけません。

会計窓口でお金が足りないと言われた時どうしますか?「じぁ来週で良いですよ。」と言うか、「近くのATMでおろしてきて下さい。」と言うか。「クレジットでもICカードでも払ってもらうか。」

自分の病院も基準が曖昧でしたのでルールを作成しました。

地域に根差した病院や診療所だとアットホームを売りにしている所もあったりします。でも、患者さんに優しくすることと未収金を簡単に認める事は違います。

入院の未収金も同じことが言えます。簡単に分割を認めたりしてはいけません。生保の人で、自費で会計が発生する時(予防接種等)お金がないって言われたらどうしてますか?

スタッフ全員で同じような対応ができるように教育していく必要があります。

医療費は増え続けるのでそれに従い未収金も増えていきます。

未収金になる比率は現役世代が圧倒的に多いです。

65歳以上のリタイア世代はやっぱりお金を持っているんでしょう。40代や50代の病気が増え始める世代が入院手術をすると支払い不能になります。

なかなかリアルです。

この40代や50代があと20年もしたらどうなるんでしょう。現在お金がないのに20年後にお金を持っているとは思えません。さらにそれより若いぼくたちの世代はどうなるんでしょう。増え続ける非正規採用。上がらない所得。減り続ける年金。足りない人口。

ぼくの頭じゃ、なかなかいい絵を描けませんが少しでも笑っていけるように努力を続けるしかありませんね。

どこかに医業未収金を完全に防ぐいい方法はないかぁ。

https://ijilab.com/2017/12/04/877/