医事課の業務マニュアル?それ本当に意味ありますか。目的を考えよう。

医療事務の働き方

主任の指示で様々なマニュアルを整備する計画がスタートしました。

病院に限らずどんな職場でもマニュアルはあります。みんなが好き勝手に作業をしていては会社や組織が機能不全になりますからね。

でもね、それって本当に機能していますか?もしかしたら多くの職場ではマニュアルを有効活用出来ていないのはないでしょうか?

なので、今回はマニュアル整備について考えてみました。なぜ主任はマニュアル整備を進めようとしたのでしょうか?

そもそもマニュアルの必要性はなんだろう?

マニュアルの必要性や存在意義はなんでしょう?

あまり考えた事が無かったので調べてみました。簡単にググってみると

  • 「業務の標準化・統一化」
  • 「品質管理」
  • 「新人の早期戦力化」

なんてキーワードが多く書いてありました。これらをするために業務マニュアルは必要みたいです。

医療事務の仕事でもその通りですね。

受付で各自がバラバラ好き放題に動いては混乱が生じてきます。なのである程度のマニュアルは必要なんでしょうね。

患者さんだって職員が変わる度に違う事を言われたら混乱します。

その為に、マニュアルを作成して誰が対応しても一定のレベルで回答できるようにしておくのは、チームとして当然です。

では、マニュアルの目的はなんだろう?

マニュアルの「必要性」と「目的」。同じように感じますがぼくは別物として考えます

例えば、外来の診療費の計算マニュアルを作成する目的は「正しいお会計を作成する」事ですよね。

レセプト点検のマニュアルを作成する目的は「査定返戻を減らす」ことになります。

なので、マニュアルは「目的を達成させるため」に必要なんです。

 

誰も読まないマニュアル作成の為に残業するのは無駄です

で、ぼくの働いている病院で起こっている出来事は間違っている方向に進んでいるんですよね。

現在の計画がこのまま進むと、マニュアルのためのマニュアルを作成すると言う間違った方向に進んでいる感じです。

主任もよく理解していないじゃないかな…。課長や部長になんか言われただけのような気がしてます。

やるならちゃんと指揮を執り続けるべきです。

適当な計画だけしてスタッフに丸投げするから中途半端なものが出来上がります。

本日のまとめ。誰もが間違えない仕組みを作ろう。

マニュアルも良いですが、ぼくは仕組みを作る事にしました。

例えば、「長期投薬加算」は月に1度しか算定できませんが、複数の診療科を受診している患者さんだと内科で算定していたのに、外科でも算定してしまう可能性があります。

そんな時、コンピューターで月に一度しか算定できないように、システム変更したり注意事項が出るように変更を進めています。

診療点数早見表やマニュアルで検索するのは経験年数が少ないほど時間も必要です。目的のページを発見できなかったり、まず、古い感じがしますよね。

それが、計算している画面上に注意事項のポップアップが出てきたら、わざわざ調べる手間がなくなります。

それで実力が…!知識が…!なんていう人もいるかもしれませんが、ぼくは仕組みを作成する方が大事だと思っています。

そんな人は、紙の電話帳で電話番号調べればいいし、紙の地図を使って運転すればいい。

「正しい診療費の計算」をするために出来る事たくさんありますね。