古い価値観のままだと気がついたら時代に取り残されてしまいますね。

医療事務の働き方

レセプトを紙で出力して点検している病院で働いている医療事務員のほんのです。

おはようございます。他の病院の事は知りませんが、勉強会などで情報交換するとレセプトを紙出力して点検している病院はぼくが思っている以上に多いと感じています。

そもそも僕はレセプトを紙出力して点検する必要なんてないと考えています。むしろレセプト点検をするという行為自体にもちょっと疑問があります。

今日は古い価値観のままだと気がついたら時代に取り残されてしまいますね。だからいつもアンテナを立てて考えていかないといけません。って話を書いてみたいと思います。

古い価値観のままだとあっという間に取り残されますよ。

ほんの
ほんの

レセプト点検をしていると「レセプトは紙で一つ一つ確認しないと自分の力にならないよ。」みたいなことを言っているのが聞こえました。

これって医療事務に限らずさまざまな職場で聞こえるセリフなんじゃないでしょうか?

「レセプトは紙で一つ一つ確認しないと自分の力にならないよ。」だけじゃ無く辞書で調べなさいとか地図を確認しなさいとか。いや。言っている意味。言いたいことはわかるんですけどね。

昔は必要だったかもしれない能力が時代によって不要になることって多いです。地図を覚える能力だってカーナビの出現により大部分の人には不要になりました。

そして現在ではカーナビ自体もスマホアプリにシェアを奪われている時代です。

なので医療事務の専売特許であるレセプト点検も「レセプトは紙で一つ一つ確認しないと自分の力にならないよ。」なんて言っている場合ではないです。

こんな人が多い職場はいつまでたっても生産性の向上なんてありえません。

あなたが一つ一つ紙で点検している間に僕は10倍の仕事をしています。

社会保険支払基金や国保連合会だってコンピューター点検を導入しているのに、病院の医療事務員が紙のレセプトを出力して一つ一つ点検する意味はどこにあるんでしょうか?

もうレセプト点検をする。と言う能力は必須ではないですね。ICTやAI等を活用するコンピュータチェックが進む!
支払基金業務効率化高度化計画工程表と言ういかにも堅苦しい文章が提出されました。この内容にはいろいろ書いてありますが、僕が気になったポイントとしては支払基金のレセプト点検をコンピューターチェック化を進めるというところです。 これを読んで...

診療報酬に関する勉強なんて2年に1度変更になります。それを手作業で何年にもわたり努力し続けることは難しいです。少なくとも僕にはできません。

あと10年もすれば社会保険支払基金や国保連合会のコンピューターチェックの精度はドンドン向上するでしょう。それに伴い市販のレセプトチェックシステムの精度も向上していきます。

これからの医療事務はレセプトチェックシステムのメンテナンスやチューニング作業ができる人が絶対に重宝されるでしょう。

ぼくは10年後に紙レセプトを一つ一つ丁寧にチェックなんてしたくない。

10年後って言ったら2028年ですからね。

僕は2028年になったら「ほらね!だから言ったじゃん!」って言うよ。ぜったいに。

嫌味とか性格が悪いのかもしれませんが、いつまでも同じことを同じようにやる事ばかりが正解じゃないってこともあるんだと言いたいです。

2028年は今問題となっている2025年問題が過ぎて、現状の施策の結果が出るときです。地域医療構想はちゃんと進んでいたのでしょうか。

今よりも高齢者が増加していて、若い世代の労働力が落ちて行く中で経済も回していかないといけない。高齢者の介護も行わないといけない。もちろん次の世代のために子育てもして田舎いといけない。

そんな時に今日と同じ働き方をしていくことは正しいとは言えません。

本日のまとめ

時代はあっという間に変わって行くので10年後なんて想像するだけでも難しいです。

しかし自分自身が10年後にどうなっていたいのかは常に考えている必要があります。ぼくはここに書いた通り10年後にレセプトを紙でひとつひとつ丁寧に確認なんてしたくないです。

もっといい方法があるはずだし、もっと簡単な方法があるはずです。月末月初にレセプト残業なんてしたくないんです。ひとつひとつ丁寧に確認することが本当に生産性のある行動だとは思えないのです。

そのためにも必死になって考えて行動して発信して行く必要があると思っています。お互いに頑張りましょう。

医療事務の将来性。多くの仕事は不要になるのでどうするか考えよう。
医療事務の将来性。現在の医療事務について将来は不要になると考えています。労力コストに対し利益が伴っていません。インターネットがますます発展して人工知能も進化し人は減っていきます。いままでと同じようにやるなんて無理です。このまま何も考えないで仕事をしているとダメですよ。気がついたら出来る仕事ありませんって話です。