利用者減少中。病院の社員食堂についてメリットとデメリット。

病院の食堂 ニュースとか医療雑学

仕事をする上で楽しみはお昼の食事時間だけじゃないですか?それ以外は早く帰りたいなーとかみんな考えていますよね。

毎日病院の売店やコンビニのパンやお弁当でも良いですが、できることなら美味しいランチを食べて楽しみたいのが人情ってものです。手作りのお弁当も美味しいですけどね。

ぼくの働いている病院では職員専用の食堂があります。

ある程度の規模の病院なら社員食堂はあると思います。入院施設がある以上は調理場は必要ですから職員用の食堂を整備することはそこまで難しいことではありません。

しかしその職員食堂が利用者が減少しているんですよ。背景には従業員の嗜好の変化やコンビニ食の向上や賃金の低下などいろいろあることが考えられます。

今日はぼくの働いている病院の社員専用食堂の利用者減少している背景について書いてみたいと思います。

病院の職員専用食堂については大きく分けると4種類になります。

従業員向けの食堂については様々なタイプがあります。

  1. メニューが豊富で外部利用者と同じものが選べる
  2. 2種類や3種類など比較的品数が少なめ。AランチBランチ
  3. 学校の給食のように1種類しかない。
  4. そもそも職員用の食堂が無い。

他にもあるかもしれませんがこんな感じではないでしょうか。

ぼくは何度か転職を繰り返しているので全部を体験したことがあります。メニューが豊富なところでは選ぶ楽しみがあります。種類が少なければ迷うことなく選択ができます。

無ければ無いで外食したりコンビニで買ったりお弁当を楽しむことができます。

現在は2番で3種類の中から選ぶ形になっています。

前職の時は3番で小学校の給食のように月間でメニューが決まっていて、食べたいときに食堂に行って食べる感じです。なので「給食時間」と呼ばれていましたw

比較的駅に近いのでコンビニやファーストフードやファミレス等があり食事には不自由しません。なので、気にいらないメニューや嫌いなメニューがあるときは外食したりします。

少なくともぼくは楽しく美味しい食事がいい。病院の社員食堂についてメリットとデメリット

今日は食堂におけるクオリティによってモチベーションに差が出てくるか考えてみたので書いてみたいと思います。大前提としておいしい物を食べたいという欲求はあります。

ぼくの働いている病院の食堂のメリットは

  • 病院の中に食堂がある(雨の日や冬は外に出なくていい)
  • 料金が格安。(1食500円以下給料天引)
  • あたたかいご飯が食べられる。(お弁当では冷めている)
  • 他部署と気軽に交流が出来る。(外だとなかなか難しい)

逆にデメリットは

  • メニューが選べない。(給食)
  • 売切れになってしまう事がある。(強制的に外食orコンビニ)
  • そこまでおいしい訳ではない。
  • 混んでいて座れない事がある。(結構待ちます。)

こんな感じですかね。

自分としては格安で提供している割には味も頑張っていると思います。時々、味が薄かったり濃かったりして困ることもありますが。

そんな食堂ですが混んでいて座れないことが多いにも関わらず利用者数は減少していました。

病院食堂の利用者が減少している背景は職員の嗜好の多様化が原因?

ぼくは細かい数字は知りませんが、病院の食堂は委託業務になっていてそのほとんどがギリギリの状態で運営をしています。

それにも関わらず調理師のスタッフ採用も難しく人数もギリギリのところが多いです。ギリギリの人数で業務をするから働いている人の負担も大きくなるしサービスや食事のクオリティにも影響が出てきます。

そして些細な食事の綻びから利用者の減少になり収益もさらに圧迫されていきます。きっと職員が何人以上の利用で採算がとれる。みたいになっているハズです。

早い話が悪循環なんですよね。どんどん悪い方向に進んでいますから。

食堂利用者の減少はこういった部分が大きいと思うんですよね。会議で上司たちは食文化の多様化時代だとかコンビニ食の質の向上だとかいろいろいっていますけどね。

テキトーな理由ならぼくだって100個くらいは言えます。

本日のまとめ

不景気の中、委託金額を減額要求されている内部事情は置いといて、いつも食事を提供してくれるスタッフの皆さんには感謝しかありません。上層部の暗いネチネチした話は置いといて、これからもよろしくお願いしたいと個人的には思っているのであります。

出来るだけ早いタイミングで大きな変化を起こさないとジリ貧になっていくのは目に見えていますからね。病院と従業員と委託業者の3方良しのアイデアを考えています。

このままだとテキトーな施策を行って無駄な時間とお金を使って成果無し!みたいなことになります。もしくは委託業者に責任を押しつける可能性もあります。

ぼくの声はきっと今回のタイミングでは届かないでしょうけど、しっかりと考えてぼくなりの答えを出しておくことは必要だと考えておくことは大事ですね。