ストレングスファインダー2.0やりました。僕は最上志向が強みです。

ニュースとか医療雑学

ストレングスファインダーって知っていますか。自分の強みを知って人生や仕事に活かすためのツールのひとつです。

難しいことをやる必要はないんです。自分の欠点を補おうとすることが正しいことのように多くのビジネス書や学校で教育されます。しかし自分には難しいことでも他人から見たら簡単なことってたくさんあります。その逆もありますね。

例えば、ぼくが冷蔵庫の材料だけでランチを作ることになったら、ネットで検索してレシピを見ながら多くの時間を使って作る必要があります。不慣れな包丁も使うしかないです。そして美味しくない料理が完成するんです。でも妻なら残りものだけで美味しいランチを手早く作成することができます。

ぼくには料理を作るのは大変で難しいことだけど妻にとっては簡単なことなんです。

そんな感じで、自分の強みを知っていれば間違った職業で苦労することもないし、人生で悩むこともないよね。ってことが書いてある本になります。

書店のビジネス書や自己啓発コーナーにはだいたいあるので表紙くらいは見たことがあるかもしれませんね。

今日はそんなストレングスファインダーを妻と行ったので書いておきます。

ぼくの強みは最上志向

僕は数年前に一度やったことがありましたてその時とちょっと順位が変動しました。

  1. 最上志向
  2. 戦略性
  3. 着想
  4. 達成欲
  5. 学習欲

このような順位になっています。

このブログでも書いているようなことが書いてありますね。だいたいあっているんじゃないかな。すごい。

同じことを同じようにやる必要はないと思っているし、同じことをしているのであれば必要時間は減っていくべきだし、新しいアイデアを考えるのも好きです。新しい知識が増えるのも楽しい。

このストレングスファインダーのいいところは結果が出て終わりじゃないってことです。この結果を踏まえてどんな行動をしたらいいのか考えていくことになります。

ほんの
ほんの

自分の得意だと思うことを毎日行えることはとても大事なこと。

 

 

ストレングスファインダーについて

アマゾンの紹介文

「強みの活かし方」が資質ごとにわかる。待望の新版、ついに登場!
皆さんは毎日、自分の強みを使うチャンスがあるだろうか。おそらくないだろう。多くの場合、才能は未開発のままだ。ゆりかごから職場まで、私たちは強みを伸ばすよりも欠点を直すために多くの時間を割いている。
人が才能や強みなど「その人の良いところ」を見出すには、まず、それらについて自分自身やまわりの人たちに説明できるように「言語化」する必要がある。

妻もやりました。適応性が強みらしい

妻は初めての体験になります。その結果が以下の通り。ぼくとは3位の着想だけが同じ結果でそれ以外は全く別の傾向になりました。

  1. 適応性
  2. 回復志向
  3. 着想
  4. 共感性
  5. 信念

結果を確認してなるほどなぁ。とお互いに感心しました。

ストレングスファインダーの結果について

ぼくの結果は以下の通り

  1. 最上志向(影響力)
  2. 戦略性 (戦略的志向)
  3. 着想  (戦略的志向)
  4. 達成欲 (実行力)
  5. 学習欲 (戦略的志向)

5つの強みに人間関係構築力に関する能力がありませんw

人間関係を構築することは得意ではないので、仕事をする上ではこの力が優れている人がチームにいると円滑にいくようですね。それにしても戦略的志向が多いですね。

対する妻の結果は以下の通り

  1. 適応性 (人間関係構築力)
  2. 回復志向(実行力)
  3. 着想  (戦略的志向)
  4. 共感性 (人間関係構築力)
  5. 信念  (実行力)

妻には影響力がありません。そしてぼくが持っていな人間関係構築力が2つも入っています。

これは面白い結果でした。これらを踏まえて2人のこれからについて考えたり、今までの考え方についてあれこれ話をする時間がありました。

ぼくが思いつきで行動してしまう(そして諦めも早い)タイプなのは最上志向が影響しているなとか、妻が将来のことを考えるより今のことを大事にするのは回復志向があるなからだな。なんて感じです。

本日のまとめ

このストレングスファインダーは会社のチームや部署でやっても面白いでしょうね。

テスト後の強みを生かす方法はさまざな会社やメディアで発表されています。ここでぼくが書ききるのは不可能なくらい奥が深いものです。

性格診断とは違うので数年後に再テストをすると結果が大きく変更になる可能性もあるのが面白いところです。

テストを行うには本を買うか、HPからコードを買うか、アプリから課金をするか、の3パターンがあります。

ぼくはアマゾンのポイントやらなんかがあったので2冊購入しました。4000円近くするのでしっかりと活用していきたいと考えています。