【医療事務の転職回想録】1ヶ月経過後の考えていたことなど個人的な話

この記事は約5分で読めます。

医療事務の転職回想録です。

転職して1ヶ月が経過しました。感想などを今後の忘備録のために書いておきたいと思います。

どんな職場でも最初が肝心!!なんて言いますよね。医療事務の転職でも最初は肝心。転職当初はいろいろな目で見られているので、こんな人間だよ!としっかりアピールが重要です。

無理をして背伸びしても今後が大変になりますし、脱力しすぎてもやる気がない!みたいになる可能性もあります。難しいですね。

このあたりのバランスは職場の空気と自分のキャラクターによるでしょう。

転職して1ヶ月が経過したわけですが、結論から書いておけばスタートダッシュには成功したと考えています。

ほんの
ほんの

みんないい人で良かった!!

他部署の人からまだ入職して1ヶ月だよね?って言われます。

何人かの人に「もっと昔からいるみたい」とか「まだ1ヶ月なんだよね」なんて言われました。ポジティブに考えていますが…。これは褒め言葉だよね??

本当の真実は知りませんけどね!!

1ヶ月で職場の人の顔と名前はだいぶ一致するようになりましたし、仕事におけるやらなければいけない仕事も把握しました。

顔と名前を覚えるのは苦手なので意識して取り組みました。転職後に相手の名前を覚えるのは個人的には一番大事だと思っています。

仕事内容は事務職はどこも似ています。月末にレセプトをまとめ10日までに請求する。あとは病院のカラーや雰囲気みたいなのをつかめれば難しいものでもありません。

1ヶ月間で意識したのは「言いたいことははっきり言う」し「改善した方がいい部分はどんどん改善していく」ようにしています。

前職と大きく変更になったところ。個人のデスクがあるのは地味に嬉しい。PHSはいらない。

次は前職と大きく変更になったところです。

  • 個人デスクと個人PCがある
  • 個人携帯がある
  • 個人メールアドレスがある
  • ネクタイ着用している

個人的に一番嬉しいのは個人の机ができたところです。

前職では個人用はなくて空いているデスクとPCで仕事をしていました。共有で使用するのでPCのカスタマイズもできませんでした。基本設定…。(‥)/

個人のデスクスペースがあれば生産性はとても上がりますね。パソコンの設定も個人好みに変更できるので嬉しい。その分セキュリティなど注意すべき内容は増えましたけどね。

個人のPHSはちょっとメンドクサイです。バンバン電話がかかってきます。

外線もあるので自宅に持ち帰るんですよ。土日祝休みなので土曜日の午前中などは電話がなる可能性があります。算定だったりトラブルなども…。

メールアドレスもメリットはありません。上司から個人宛に仕事指示なんか入ってきます。どうせCCで上司も入れる必要があるので代表メールで十分ですね。

個人的に入るTELやメールは仕事の邪魔になります。

最後はネクタイの着用です。これは大きな変化。夏場のクールビズでは不要ですがそれ以外の時期は男性事務員はネクタイ着用になります。

ネクタイなんてここ数年使用していなかったので新しく数本購入しました。

改善していくべき部分。こうなったらもっといい職場になると考えているところ。

新しい職場でもパソコンスキルは高いと認められたので多くを頼まれています。前任者が退職して修正できないエクセルやプリンタドライバーの更新などなど…。

仕事で使用しているエクセルやワードのオフィスソフトは修正すれば格段に作業効率がアップします。前職でもやっていた部分なので継続してやります。

ぼくにとっては簡単でも難しいと感じる人は大勢います。

逆にぼくには難しいことでも簡単に解決できる人もたくさんいます。

なので協力してお互いを支えあって仕事を進めて行きます。

本日のまとめ。今後の働き方などについて。転職はスムーズにできました。みんないい人で良かった!頑張ります。

あまり偉そうなことは言えませんが転職はとてもスムーズにできました。

医療事務の経験値があったので必要としてくれる病院はありました。面接をした病院からは多くの内定をいただきました。ありがたい。

とりあえずはスタートダッシュは成功したと考えています。

1ヶ月だというのに多くの仲間に恵まれました。感謝!!

前職でのぼくは職場の不満に対して「どうにか良くしたい!」「今よりの少しでも改善を!」なんて考えていました。「早く帰りたい!」なんて気持ちも強かったですけど。

今後はこれをちょっと落として働いていく予定です。

今までは最大の努力を100とするならば120くらいの気持ちで働いていました。A評価を取得するぞ!という強い気持ち。

しかし賃金制度上、A評価を取得するよりも普通に働いてB評価の方がメリットが多いのも事実です。

前職では賃金制度の不満を言い続けましたが結局変えることはできませんでした。

転職先では給料も増えたので肩の力を抜いてリラックスしていこうと考えています。無理する必要もないってこと。60くらい。

個人的にはもちろん努力を行いますし結果も出します。

しかし、組織が大きくなり個人で全体を変えるのは難しくなったのも事実です。部長以上の役員クラスと直接話すチャンスも多くありません。

実際、残業ゼロを目標にしている法人だけあってみんな働く時間は少ないです。1ヶ月が過ぎましたが1度も残業していません。うれしい!!

なので、のんびりと家族と楽しい時間を過ごして行きたいと思います。

【実録】医療事務から医療事務へ転職した僕がやったことを書いておく
医療事務から医療事務に転職する人はそれなりに多いハズなんですけど情報はあまり多くないです。なのでみんな不安になりながら転職活動をしているのが現状ではないでしょうか。そもそも他の病院も同じでしょう?自分の実力で転職して大丈夫?などの不安もあります。ぼくも不安な点はたくさんありました。それでも転...
医療事務から病院の総務。試用期間が終了して配属が正式に決定したよ
転職して無事に試用期間が過ぎました!!うれしい。やっぱり試用期間ってドキドキですよね。待遇や勤務条件に差があるわけではないのですが、試用期間は「試しに雇われている」期間なのでやっぱいらない!なんて可能性もあります。あぶないあぶない。試用期間は3ヶ月から6ヶ月程度の会社が多いと思います。こ...
転職後の日記。半年が経過しました。有給休暇も取得できますので安心ですね。
転職して6ヶ月が経過していました。あっという間でした。30歳を過ぎて転職するなんて大変ですね。医療事務で転職するなんて大丈夫ですか。なんて具合にいろいろ言われましたが、今のところ無事に仕事をしています。そして半年間で仕事にも慣れてきました。誰とでも仲良く...