転職後の日記。半年が経過しました。有給休暇も取得できますので安心ですね。

気がついたら転職して6ヶ月が経過していました。

なんだかんだであっという間でした。そして今年度も終わりになりますね。

30歳を過ぎて転職するなんて大変ですね。とか。医療事務で転職するなんて大丈夫ですか。なんていろいろ言われましたが今のところ無事に仕事をしています。

そしてこの半年間で仕事にもだいぶ慣れてきました。

誰とでも仲良くなれるとは言えませんが、人当たりは悪くない性格なので転職先でもとりあえずはうまくやっております。

こればっかりは自己判断なので職場の人がどう判断しているのかはわかりませんけど…。

少なくともいじめにはあっていません。ロッカーが壊されていたり必要な情報が共有されなかったりと言うことはありません。

病院から病院に転職して半年間が経過して感じたこと

まだ6ヶ月なので細かい部分はわかりませんがぼくは転職して医療法人の規模は大きくなりました。一般企業で考えるなら中小企業から大企業みたいなイメージです。

まず病院という場所は(程度の差こそあれど)同じような問題を抱えています。看護師や介護士は慢性的に不足しているし、意味不明な医師は存在します。そして女性は群れる。

もっと規模の小さなクリニックでは働いたことがないのでわかりません。

なので、慣れているというか「まぁこんなもんだろう」みたいな部分がありました。

この部分に関しては同業種に転職して良かった部分です。

有給が取得できるのも半年が経過してからですね。

通常の労働基準法通りであれば半年経過すれば有給が10日付与されます。病院によっては入職日に10日付与されるところもあるみたいですね。

要は労働基準法より上回ればいいので15日でもOKです。パートやアルバイトなどの非常勤でも有給は付与されるのでしっかりと消化しましょう。

年次有給休暇はどのような場合に、何日与えなければならないのでしょうか? また、どのような点に留意すればよいのでしょうか?|Q&A|確かめよう労働条件:労働条件に関する総合情報サイト|厚生労働省
労働条件に関する疑問にお答えします。

4月からは有給休暇取得推進のため新しいルールもスタートします。

4月開始「有給休暇の新ルール」の大事な基本 | ワークスタイル
みなさんは「年次有給休暇の新ルール」をご存じでしょうか。今年2019年4月1日から、年次有給休暇が10日以上発生した社員について、会社は発生日から1年の間に最低でも5日間の有給休暇を消化させなければならなくな…

ぼくは1年目の消化率は100%になるように設定しましたw

残業にはかなりうるさい医療法人でした。ぼくにとっては最高の環境です。

このブログにもたくさん書いてきましたがぼくは残業反対派です。

転職先の病院では残業しないで帰りましょうと言う方針なのでその言葉通りしっかりと帰っています。

仕事が終わらないのはそもそもの仕事量が多すぎるのか生産性が低いからなのかのどちらかです。人数が多くなったので平均的な仕事スピードが可視化されているのでこのあたりはとてもありがたいです。

前職では仕事が早い人が仕事量が多くなっていく(それで給料は変わらない)システムでしたので頑張るだけ損をするかのようなこともありました。

同じ給料ならやらないほうがいい。と言う考えの人がいるのはあたりまえです。

経験年数と実力に応じて仕事量が振られるので終われば帰っていいのです。半年間で残業したのは3時間だけです。

これも遅番の人が子供の熱発で早退するための穴埋めです。

通勤時間を含め拘束時間は10時間になっています。8時に家を出て6時に帰ってくる。

残業がない病院なので平日の拘束時間は10時間以内になっています。

早番や遅番などのズラしはありますが8時に家を出て6時には家に帰ってきています。

  • 8時間勤務
  • 1時間休憩
  • 1時間通勤(片道30分)

のような感じです。

前職でも残業は少なかったですが、通勤時間ももう少し長かったので拘束時間は11時間くらいでした。

前職では7時30分に出発して6時30分に帰ってくるようなイメージ。実際はレセプト期間では長くなるしそれ以外は残業していませんでした。

  • 8時間30分勤務(残業含む)
  • 1時間休憩
  • 1時間30分通勤(片道45分)

つまり仕事のために拘束される時間は大きく減少しました。20日出勤するとして20時間ですからね。年間240時間になります。

年間240時間あればそれなりに勉強もできるし、読書もできる。ぼくのようにゲームをする時間も確保できます。WiiUのマリオ面白いよ。

本日のまとめ

転職して半年が経過しました。

いろいろありますが総合的に判断すれば転職して正解だと思っています。いじめられていませんからねw

キレて机を蹴るような上司もいません。

なによりも転職して前職までの積み重ねをリセットできたことは大きいです。ぼくは仕事に対する考え方を大きく変えたので心機一転スタートできたのは良かったです。

心機一転した心境など↓

医療事務の目標について。無理に上を目指す必要は無いですね。心境の変化。
医療事務として、と言うよりは自分の心境の変化かもしれません。ぼくは30歳前くらいで医療事務に転職をして5年ちょっとの経験を積んで次の病院に転職しました。現在の病院に転職するタイミングで今後の人生における「会社」と「自分」の関係性などを考えていたのですが、このタイミングで整理ができた気がするので文...

ホワイト企業とは呼べない部分も多々ありますが(笑)ぼくにとっては残業も無いし、有給取得も100%になりそうです。

転職先でも勤務表作成担当になりましたからね。

まぁ、のんびりと疲れない程度に頑張ってこれました。これからも楽しくやっていきますね。お互いに頑張りましょう。

大病院で医療事務。働いてみてわかったメリットとデメリット。
大病院や大規模医療法人で医療事務として働くメリットやデメリットについて書いてみます。ぼくは中規模から大規模の医療法人に転職しました。病院が変わればやり方や考え方も大きく変わります。住んでいる地域を思い浮かべてみても、小規模な医療法人やクリニックもあれば大規模な医療法人や大病院までありますね。...
医療事務から病院の総務。試用期間が終了して配属が正式に決定したよ
医療事務から転職をしたわけですが無事に試用期間が終了しました!!うれしい。やっぱり試用期間ってドキドキですよね。基本的に待遇や勤務条件に差があるわけじゃないのですが試用期間は「試しに雇われている」期間なので「やっぱいらない。」なんて可能性もゼロじゃないです。あぶないあぶない。試用期間は3...