医療事務に求められる能力や大切なこと。必要な知識など。診療報酬に詳しいだけじゃ意味がないですね。

医療事務に求められる能力や大切なこと 医療事務の働き方

医療事務に求められる能力や大切なことはどんなものがあるのでしょうか?最低限必要な知識などはもちろんあります。

ぼくは最近になって医療事務に対する考え方が変わってきたんですよね。

と言うよりもこれからの時代はもっとハードルが上がっていくと考えています。

今までは診療報酬に関する知識が豊富なことが絶対条件だと考えていました。レセプト点検や計算業務がしっかりできることが医療事務として求められる能力。

そして医療行為に関する知識や投薬に関する知識もあった方がいいと考えていました。

これらの知識があれば医療事務としては十分でした。レセプト点検や診療報酬の知識が増えて施設基準など病院運営の知識を増やしていく。と言うのが医療事務のキャリアパスとして一般的でした。

このような一般的なキャリアプランはうまくいかない。大きく変わっていく。と考えているわけです。レセプト能力が不要だ!なんて言うつもりはありません。

レセプト点検に関する能力はもちろんのことそれ以外にも求められる能力があると考えているのです。

今日は、医療事務に求められる能力や大切なこと。必要な知識など。診療報酬に詳しいだけじゃ意味がないですね。って話を書いてみたいと思います。

医療事務はレセプト点検や診療報酬に詳しいだけじゃダメになります。

レセプト点検や算定方法などの診療報酬に詳しいだけでは、これからの医療事務としてはあまり意味がないんですよね。

診療報酬はこれからますます複雑になっていくでしょう。簡素化に向かうことはあり得ません。それを全部覚えてレセプト点検することはそこまで重要ではなくなっていきます。

患者さんに会計するときもレセプト点検するときもコンピューターはもっと発達します。

医療事務の資格を取得するときに一生懸命になって覚えた「時間外や年齢による加算点数」や「処方時の調剤料」や「薬剤の点数計算」なんて実務ではほとんど使用しませんよね。

細かい計算は全てコンピューターがやってくれます。

いまではレセプト点検もほとんどレセプトチェックソフトで完了してしまいます。

知らないのはダメですが、誰よりも勉強して診療点数早見表を読み込んでメチャクチャ詳しくなる必要もあまりないです。

なのでこれからの医療事務はレセプト点検(診療報酬)の知識に加えて別の能力が求められる時代になります。

変化は徐々にやってくるので10年後に気が付いたら使えない医療事務になっていた。なんて笑えない事態にならないように日々勉強していくしかありませんね。

関連記事

査定激減!レセプトチェックシステム導入効果。点検ソフト活用方法。

もうレセプト点検をする。と言う能力は必須ではないですね。ICTやAI等を活用するコンピュータチェックが進む!

医療事務に求められる能力や大切なこと。必要な知識。

きっかけは勤続20年以上のベテラン職員が退職したことです。このベテラン職員は少なくともぼくの働いている病院では一番の知識がありました。

同じ病院で20年以上医療事務でしたので急性期病棟・回復期病棟・療養病棟など入院に関する知識はもちろんのこと在宅関係まで豊富な知識がありいつも助けてくれました。

そんな大ベテランが退職するときにとても不安だったのですが結果的にはそこまで問題になることはありませんでした。いなくなっても職場は回るし査定や返戻も増えませんでした。

このベテラン職員も大病院に行けば活躍する場所が用意されていたのかもしれません。

病院に限らず会社の規模が小さくなればなるほど一人の従業員のカバーする範囲は広くなります。その結果、小さい会社で働いていると広く浅くなり大きな会社で働いていると深く狭くなります。

ぼくが注目したのはこの部分です。

医療事務に求められる能力。診療報酬に詳しいだけじゃ意味がないですね。

医療事務として求められるレセプト点検や診療報酬の知識などはもちろん必要です。それに加えて電話対応や受付などでの接遇能力も求められます。

しかし今後はレセプト能力に加えて病院運営を助ける能力が必要になってきます。その他の事務処理もそれなりのペースで行う必要があります。

もちろん診療報酬に詳しいことは医療事務にとって必要な要素ではありますがそれ以外にもやらなくてはいけないことは山ほどあります。

個人的に注目しているのは人の採用と教育の部分です。

医療事務は人の出入りが激しい職種でもありますのでしっかりと教育しつつも離職を防ぐ方法はたくさんあると考えています。

自分の働いている病院ではどのような能力が求められているのかいま一度考えてみると進むべき方向が見えてきますね。