医療事務から病院の総務。試用期間が終了して配属が正式に決定したよ

医療事務から病院の総務医療事務の働き方
この記事は約4分で読めます。

医療事務から転職をしたわけですが無事に試用期間が終了しました!!うれしい。

やっぱり試用期間ってドキドキですよね。

基本的に待遇や勤務条件に差があるわけじゃないのですが試用期間は「試しに雇われている」期間なので「やっぱいらない。」なんて可能性もゼロじゃないです。あぶないあぶない。

試用期間は3ヶ月から6ヶ月程度の会社が多いと思います。

これまで試用期間として転職前と同じような事もやりましたが総合職なので医療事務以外の適性も試されていました。医療事務・総務・経理・ITなどなど。

試用期間も終わり正式に配属が決定しましたのでご報告です。

医療事務の能力よりも対人関係の能力が面白いと言われた。

これは最初からわかっていたことなんですが、ぼくの医療事務の知識や能力は大したことなくて、大きな組織になればなるほど詳しい人も増えていきます。

経理関係の実力も日商簿記2級を取得して前職でも少々かじってはいましたが、そこまでの能力があるわけではありません。組織が大きくなり簿記も複雑になりますからね。

グループの連結の会計なんて「なんじゃそりゃ?」ってなります。

ITやパソコンに関する事も前職ではシステムやマスタなど医事課の職員としては知識が豊富でしたが実際の情報システムなど専門家には勝てるわけがありません。当然です。

ここまで書いてわかる通り、どの部署に配属しても中途半端な存在になりそうな感じでしたw

もちろん医療事務についてはそれなりの知識がありましたし、もう無理!!お手上げ!!!なんてなる事もありませんでした。

しかし辞令は総務課でした。

病院の総務はどんな仕事をやるの?

病院の総務についてはなんとなくイメージがあると思いますがそんなイメージ通りの仕事になります。

  • 面接
  • イベント
  • 来客対応
  • 建物の管理
  • 備品の管理
  • 資料作成
  • 給与計算

などなど。

他部所からパソコンやプリンターの調子が悪いとかPHSが壊れたとか資料を作成して欲しいとかドクターを駅まで送ったりしています。社用車の管理も行なっています。

監査の対応なんかも率先して行います。

簡単に書いてしまえば「人・モノ・カネの管理」をする仕事が総務になります。

ぼくが希望した部署に配属になりました。

現在の医療法人では総合職なので事務部を異動する人もいます。

実際、上司も情報システムで数年働いてから総務になった人でした。医事課のスタッフも別部署から異動になってきた人もいます。もちろん同じ部署でずっといる人もいます。

なのでこればっかりは運の部分でもあるんですけどね。

総務を希望した理由は上記に書いた通りどの能力も突き抜けたモノがなかったからです。

医療事務の仕事は診療報酬のことやレセプトには詳しくなれますが、それ病院の経営数字など全体を管理することはありません。部長や課長になれば多少はありますけどね。

施設基準の管理なども総務の仕事になります。

ぼくはもう少し上の立場でいろいろとやってみたいと考えているので、医療事務として診療報酬の専門家を目指すのは現段階ではちょっと違うかな。と感じていました。

そして総務であれば介護報酬などの老健や特養についても勉強できるんですよね。これはちょっと楽しみ。

という具合で総務へ配属になりました。

もう医療事務はやらないの?

こればっかりはわかりません。将来は医事課へ戻る可能性もありますが人事はナマモノなので空きがあったりローテーションの関係もあるでしょう。

希望を出していれば戻れるとは思いますけど、総務の仕事がバッチリハマってとても楽しくてずっと続けたい!となるかもしれません。

総務の仕事は毎日違うことが連続して起こるので刺激的なんです。

医事課はどうしても月初のレセプト業務から査定返戻処理してレセプトっていう大まかな流れが絶対に外せないじゃないですか。受付やカルテ関係の1日の流れも基本的には同じです。

それに総務の仕事はまだまだ出来ることがたくさんあると考えているんですよね。事務用品や備品や病院設備の管理一つで大きな収益改善になったりします。

そして医療事務の現場を知っている総務はなかなか貴重な存在なんです。現場スタッフの気持ちがわかる総務職員がいるのは便利じゃないですか。

あー月初だから忙しいんだな。とか、患者さんはこんなこと言うよね。とか、受付周辺の患者さんの案内作成とか知っているからこそスムーズに出来る部分ってたくさんあります。

今後は医療事務の気持ちがわかる総務マンとしてやっていきます。

将来についてはどうなるかわかりませんが、まずは病院の内部について詳しくなろうと考えています。

医療事務では知ることのできなかった数字や時間の流れなど経験して自分で考えて解釈していきます。

なお、採用と査定返戻は担当業務の予定なので前職から実務(受付やカルテやレセプト点検)が総務の時間になっただけのような感じになります。

上記にも書いた通り人事異動はナマモノなので、医療事務に戻るかもしれませんし、特別養護老人ホームや介護老人保健施設や有料老人ホームなどの関連施設に異動となるかもしれません。

クリニックなんかもあるのでそっちに行くかもしれません。まぁそれも楽しいですよね。

前回の記事でも書いた通り2025年以降の医療介護の問題について幅広い知見で物事を考えることができるようになっていけたらと考えています。

なので、遠い将来についてはわかりませんが当面は病院の総務マンとしてやっていきますのでよろしくお願いします。

医療事務の目標について。無理に上を目指す必要は無いですね。心境の変化。
医療事務として、と言うよりは自分の心境の変化かもしれません。ぼくは30歳前くらいで医療事務に転職をして5年ちょっとの経験を積んで次の病院に転職しました。現在の病院に転職するタイミングで今後の人生における「会社」と「自分」の関係性などを考えていたのですが、このタイミングで整理ができた気がするので文...