医療事務なのに偉そうなこと言っている?ぼく「仕事をしているんだ」

医療事務の働き方

このブログが読まれる回数が増えるにつれて様々な相談だったり質問が増えます。ぼくは本気で医療事務や病院事務として生きていこうと考えています。

なので考えたことはハッキリと言うし間違っている事は間違っていると大きな声で言います。それを医療事務で偉そうなこと言っていると言われると、そりゃそうだってなります。

それくらい本気でやっているんですからね。

接遇など受付の対応が悪い!!プンプン!!みたいな話はこちらの関連記事をどうぞ:【医療事務と接遇】病院やクリニックの受付で無愛想な意味がある?

【医療事務と接遇】病院やクリニックの受付で無愛想な意味がある?
医療事務の仕事は接遇と切っても切れない関係にあります。受付に立ったり電話に出たりして患者さん対応を行うのが医療事務の大事な仕事です。医療事務の接遇に関するポイントはたくさんあります。現役医療事務が実際に役立つ病院受付での接遇について書いておきます。

なので今日は医療事務なのに偉そうなことを言っていると感じるかもしれませんがちゃんと考えてやっているんだよ。って弁解話を書いておきますw

医療事務なのに偉そうなんじゃない。ぼくは医療事務を真剣に考えている。だってぼくの仕事なんだから。

もうね。本当に多いの。実際の職場でもツイッターでも昔はメールも開放していました。

あいつは医療事務のくせに生意気だ。医療事務なんだから黙っていろ。医療事務なのに何がわかるんだ。

みたいな超高いところから見下されるような意見の嵐です。

職場では対面しているのでそこまで高圧的にはなりませんが、ツイッターのDMなどは結構きます。インターネット怖い…。今でもよくきます。

最初に言っておきたい事は、ぼくは偉そうにしているんじゃない。ちゃんと仕事をしているんだよ。って事です。

男性の医療事務が少数派なのが問題ですね。医療事務の就業人数は圧倒的に女性の方が多いです。

多くの一般企業では女性もキャリアプランを考えて仕事をしている人も大勢いますし、実際に活躍している人も多くいますが、医療事務ではまだまだ少ないと感じています。

医療事務をやっている女性の多くは、家計の不足分を補うための仕事をしている人が多い気がします。それはそれで悪いわけではありません。ただ真剣に仕事をやっている人の話をしています。

なので、他業種の他職種に比べれば真剣にやっている人の割合は極端に少ないです。

医療事務は病院経営に必須の時代になるよ

病院の中で診療報酬に詳しいのは医事課の職員だけです。医師や看護師や薬剤師は保険算定のルールについてはほぼ知識がありません。

課長クラスの看護師になれば担当する病棟の施設基準などは勉強していますけどね。

でも病院っていうのは医師を頂点とした完全なピラミット構造なので、様々な決定権は医師が持っていることが多いです。数字に弱い人間が組織のトップにいるんです。

そして事務部長など事務の責任者も経理や財務などの数字には詳しいですが、医療数字(診療報酬)の詳細については知っている人は少ないです。医療事務から経営幹部になる人が少ないから。

つまり、診療報酬に明るい人材で、分析力や提案力がある人はこれからの時代は絶対に必要とされます!!チャンス!!

僕は男性医療事務が増えるといいと思っている。

医療事務で頑張る事はそんなに難しい事ではありません。下手な中小企業に行ってブラックな環境に悩まされ苦労するくらいなら医療事務の方がマシなことって多々あります。

ブログやTwitterでも医療事務の情報が多くあるまるようになるといいですねぇ。

関連記事:医療事務も相当ブラックなんで入る病院は考えた方がいいかもね。