注射のiv、im、DIV、IVHなど意味。略称まとめ!カルテの読み方。

G第6部 注射
この記事は約2分で読めます。

ぼくの働いている病院は紙カルテの使用しています。なので医師の書いてある内容を読解する必要が多くあります。

カルテって読解するの難しいですよね。医師はいろいろな略称で書いていますので知らない人が見たら暗号だらけに見えるかもしれません。

今日はそんな略称の中でも注射の読み方についてまとめて見たいと思います。

スポンサーリンク

ちゃんと読める?注射に関する略称の一覧です。

ぼくも最初はよくわからなくて大変だったことを覚えています。使用頻度が高い注射に関する用語をまとめてみたいと思います。

注射薬で使用される略語

  • A……アンプル(管)
  • V……バイアル(瓶・袋)
  • Aq……注射用水

注射手技で使用される略語

  • iS……皮下注射
  • ic……皮内注射
  • id……皮内注射
  • iV……静脈内注射
  • iM……筋肉内注射
  • DIV……点滴注射
  • IVH……中心静脈注射

こんな感じですかね。

ぼくが働いている病院では外来計算時にはコスト伝票のみが医事課に回ってきます。

なので、汚い字でいろいろ書いてる伝票を読解するのも慣れるまでは大変です。

注射薬に関する細かな注意事項

A……アンプル(管)での注意事項。

よくあるのが関節腔内注射実施時の注射薬です。

キシロカインは5mlと10mlがあるのですが伝票には下記の記載があります。

関節腔内注射 右膝
キシロカイン 2.5ml

実際に使用したキシロカインは2.5mlですが1管分の5mlで算定してOKです。

理由としては、A……アンプル(管)は蓋のない容器ですので一度開封すると保管が困難であるため全量使用しなくても破棄します。

残ったからと言って他の患者さんに使用はしません。

V……バイアル(瓶・袋)での注意事項。

こっちは逆に保存が可能な容器ですので使用した分の薬剤を算定します。使用される薬剤は生食やケナコルトがあります。

手技料算定に関する注意事項。まとめ。

【1回ごとに算定可能な手技】

  • iS……皮下注射
  • ic……皮内注射
  • id……皮内注射
  • iV……静脈内注射
  • iM……筋肉内注射
  • 関節腔内注射
  • 腱鞘内注射

【1日ごとに算定可能な手技】

  • DIV……点滴注射
  • IVH……中心静脈注射

入院中は、ほどんどの手技料は算定不可です。

G000 皮内、皮下及び筋肉内注射(1回につき)

1 入院中の患者以外の患者に対して行った場合に算定する。

本日のまとめ

思いつくままにざっくりと書いてみました。

難しいですよねぇ。これからも日々勉強していきたいと思います。

在宅自己注射指導管理料を同月内に他院で算定していたら。
今月の査定情報を確認していたら「C101在宅自己注射指導管理料」がありました。在宅自己注射指導管理料は外来ではとても高点数なので査定があると大きいです。くやしいですねぇ。在宅自己注射指導管理料は自院で管理している場合もあれば他院で管理している場合もあります。今回の査定は他院で同じ月内に実施し...
精密持続点滴注射加算を算定したよ。緩徐に注入するってなんだ?対象薬剤について
今日はよくわからないまま算定していた精密持続点滴注射加算について勉強しました。精密持続点滴注射加算とは1時間に30ml以下の速度で体内に薬剤を注入することをことを言います。簡単に言ってしまえば非常にゆっくりと点滴を行う。と言うことです。ゆっくり点滴を行うことによる技術加算ということになります...
アルツディスポ関節注の適応病名。関節腔内注射を肘に実施していたよ
今月のレセプト点検情報です。関節腔内注射は整形外科で多く行われる注射ですよね。そんな中でもアルツディスポ関節注の使用頻度は高いです。そんな中、アルツディスポ関節注を肘に実施しているレセプトを発見しました。ほんのアルツは肘に実施していいんだっけ?よく考えてみるとアルツデ...