レセプトは忙しい?医療事務の月末月初の業務量の多さについて。

医療事務の働き方
この記事は約5分で読めます。

医療事務で働くようになってから「レセプトで忙しい。」「レセプトで大変。」みたいな話を耳にするようになりました。

確かにレセプトの時期は業務量が増えるので忙しいし大変なんですよね。

普段の受付とかカルテとか電話対応などを行いながら10日までにレセプト請求を完了させないといけません。

通常の仕事量だってギリギリの人数で対応しているのにレセプト業務が追加されるので忙しいのは当然ですね。

ぼくもレセプト担当だったので普段の業務にレセプトが追加されるのでとても忙しかったです。医療事務の月末月初の業務量の多さについてはとてもびっくりしました。

ほんの
ほんの

でも誰だって残業なんてしたくないですよね。

5時に帰って夢のアフターファイブ。

いろいろと業務改善を繰り返し残業しないで帰れるようになりました。

今日はそんなレセプトは忙しいけど効率化をはかれば何とかなるよ!って話を書いておきたいと思います。

レセプトが忙しいのは当然なんですよね。

通常の仕事に加えて、10日までにレセプト請求をするのでレセプト期間が忙しいのは当然です。ぼくも最初の頃は夜遅くまで残業してレセプト点検をしていました。

でも「残業なんてしたくない。」「早く帰りたい。」でも「しっかりとレセプトもやりたい。」といつも考えていました。

効率化はできないのか?生産性をあげる方法はないのか?と考えてきました。

レセプト期間は残業で大変!つらい!やめたい!なんていう気持ちもわかります。

ほんの
ほんの

でもね!ひとつひとつ解決していけばきっと大丈夫です。頑張りましょう。

今では残業はほとんどしません。

方法論については過去にも書いたので(下部にリンク貼っておきます)精神論的な部分について厳しく書いてみます。

誰も残業なんてしたくない。ぼくは残業する人と仕事したくない。

残業大好き!残業最高!仕事楽しい!!って人は好きなだけ仕事したらいい。

ほんの
ほんの

でもぼくは残業なんてしたくないのです。

そして一緒に働く仲間も残業をしてほしくない。

どうしたら5時までに仕事が終わるのか。そして生産性を高めるのはどうしたらいいか。

というテーマを持って考えるチームがいいです。

医療事務として一番大切なレセプト点検の期間も5時に帰宅しています。

この考えが浸透してきたので今では昭和価値観のおっさんとか生活残業なんかしている人くらいになりました。

昨日の面接で「前の病院ても長時間残業をしてきましたので転職しても大丈夫です!」と言う人がいましたが、ぼくは残業なんてする人と仕事したくない。

長時間残業や休日出勤は自慢にならないです。むしろ仕事が遅いです。改善能力がありません。って言っているだけなので注意したほうがいいですね。

結果を出していれば、5時に帰宅することは悪いことじゃない

他人に仕事を押し付けたり、終わっていないのに放置して帰宅するのはダメです。まわりに迷惑はかけないようにしましょう。

業務分担を考えればニコニコ定時退社は難しくありません。

今ではちょっと残業しているとビックリされるようになりました。

ぼくの担当しているレセプトチームは3名ですが5時になると全員帰宅します。ほかのレセプトチームはびっくりしていました。

レセプトは忙しい!とか書いてあるサイトもありますが、半分は本当ですが半分はウソです。同じことを同じようにやり続ける必要なんてありません。

まだレセプト点検で残業しているの?

もう。これにつきます。

レセプトは忙しいからこそ工夫が必要です。

月末月初にレセプト点検業務が追加されるのは最初からわかっています。決まっている。レセプト点検期間は作業量が増えるので忙しい。

経験年数が増えてくればレセプト点検の業務量について把握できます。外来患者は毎月10000人。入院は1000名。なんて具合です。

医師の数や診療科について急激な増減はありません。レセプトの枚数が大幅に変わることはないでしょう。

ほんの
ほんの

毎月のレセプト枚数は基本的には同じなのです。2倍に増えることはないでしょう。

つまり、点検する必要時間も同じくらいってことです。

ならば、改善するポイントは多々あるんです。

同じことの繰り返しならば工夫次第で時間の短縮は可能です。

むしろ経験年数が上がることで知識も増えるので点検スピードも上がるので同じようにやっていても必要時間は減っていくはずですね。

1年前と同じような時間が必要な理由は何でしょうか。

成長が止まっている?

本日のまとめ。月末月初の作業量は多いけど何とかする。

経験値を伸ばして時間短縮をしましょう。と書いてきましたが、実際は成長には差があるものです。

なので組織としては効率的にレセプト点検が行えるような仕組みを作ることも必要です。

査定激減!レセプトチェックシステム導入効果。点検ソフト活用方法。
レセプトチェックのシステムやソフトについてはそれなりに詳しいです。少なくとも病院内の事務員であれば一番でしょう。以前、「システム導入〜正常運用」まで担当者として仕事をしてきました。新しいシステムを導入すると決まってからどのような方法が正解なのか考える日々が続きました。とても苦労した仕事でしたが...

目視で確認するよりもレセプト点検ソフトにしっかり働いてもらいましょうって記事です。チェックシステムを何度もカスタマイズして大部分のチェックをシステムで完了します。

それに関連してもうレセプト点検をする。と言う能力は必須ではないですね。ICTやAI等を活用するコンピュータチェックが進む!という記事では社会保険支払基金でさえコンピューターチェックをしていますよと書きました。

ぼくのチームは結構な作業量になります。3人で10000患者さんのレセプトを処理します。1人当たり3000枚。

もちろん通常業務もあります。早く帰りたいので残業は極力なしです。入職1年目に外来レセプト担当になった当初は多くの残業をしてレセプト点検しました。

それがイヤでイヤでイヤだったので、日々作業方法に変更を加えていきました。医療事務経験の短いぼくでもできましたので誰でもできると思います。頑張りましょう。

最後に転職前であれば入る病院には注意しましょうね。

医療事務も相当ブラックなんで入る病院は考えた方がいいかもね。
医療事務はブラックな職種なのでしょうか?研修などで他院の医療事務スタッフと情報交換をするチャンスがあります。病院が変われば医療事務の環境も大きく変わります。インターネットで検索すると医療事務のブラック労働環境については多くの記事があります。平成が終わり令和になったというのに「レセプト点検...

レセプト点検を最速でクリアしたいと考えた記事です。

残業なし継続中!最速のレセプト点検方法を書いておく。
今回は医療事務員最大の見せ所「レセプト点検」について書きます。レセプト点検は残業が多くて大変と言われています。ぼくも医療事務に転職した最初の頃は残業多かったです。月に40時間。レセプト残業をしないぼくが最速のレセプト点検について書いておきます。

効率化と生産性ついてはこちら。

https://ijilab.com/2018/03/24/324/